冠のマナーと作法 誕生祝い

誕生祝い

帯祝い

帯祝いとは、赤ちゃんを授かった妊婦の妊娠5ヶ月目にあたる戌(いぬ)の日に、安産を祈願して腹帯を巻く儀式のことです。
無事な安産を祈るために安定期に入った5ヶ月目の戌(いぬ)の日に一般的に「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻いて、胎児が順調に発育し、流産を祈ります。
この時期に、お産の軽い犬にあやかり出産の無事を祈って戌の日に妊婦に腹帯を贈るならわしを帯祝いと言います。
夫婦だけかまたは両親と一緒に神社で安産祈願をし、その後自宅やレストランでお祝いの食事をする形式で行われるのが「帯祝い」です。
現在では特に戌(いぬ)の日にこだわらずにお祝いするようになりました。

腹帯を贈る

普通は妊婦の実家が用意します。儀式用の紅白二筋の絹帯とふだん用の白木綿一筋の帯を添えて奉書紙で包み蝶結びの水引きをかけて贈ります。
しかし現在では、マタニティガードルのように伸縮性があり、腰痛予防や冷えにも効果的なものを贈るのがほとんどです。

腹帯を贈るときの表書き

親から娘へ贈る場合は、「祝いの帯」、それ以外は、「御帯」 とします。

お祝いに招かれた側は、マタニティーウエアや育児書、タオル、石けんなど
実用品をお祝い品として持参しましょう。
また、帯祝いに現金を贈る場合は、金額の相場として3,000〜5,000円が目安になります。
表書きは、「祝いの帯」 「御帯祝」 「御帯」 と書き、水引は赤白蝶結びです。

帯祝いのお返し

お祝い品などを贈られた場合のお返しは不要ですが、お返しをする場合には、 内祝いとして 「帯内祝」 「着帯内祝」 と表書きし、赤飯などを配ります。

岩田帯の巻き方

1.まず最初に、帯に書いてある「寿」の字のあたりをお腹の中心でおさえます。

2.帯を一回りさせたら、お腹の真ん中で折り返して巻いていきます。

3.最後に背中で帯の端を折り込んで、帯にはさみこみます。

神社での安産祈願

神社へのご祈祷料は、「御玉串料」「御榊料」と表書きして紅白蝶結びの祝儀袋にいれますが、ふつうは神社の受付で所定の料金を支払う形式になっているところが多いようです。

赤ちゃんの出生からの経過時間によっての呼び方

新生児 出生から4週間くらい
乳児 出生から1年くらい
乳幼児 3年くらいまで

十二支

子(ネ) 丑(ウシ) 寅(トラ) 卯(ウ) 辰(タツ) 巳(ミ)
午(ウマ) 未(ヒツジ) 申(サル) 酉(トリ) 戌(イヌ) 亥(イ)

上記のように十二支を年に配分して生まれ年などを呼びますが、日付に関しても同じように、12日に一度「戌(いぬ)の日」があります。

2010年戌の日

太字は大安

1月 2日(火) 24日(日)
2月 5日(金) 17日(水)
3月 1日(月) 13日(土) 25日(木)
4月 6日(火) 18日(日)  30日(金)
5月 12日(水) 24日(月)
6月 5日(土) 17日(木) 29日(火)
7月 11日(日) 23日(金)
8月 4日(水) 16日(月) 28日(土)
9月 9日(木) 21日(火)
10月 3日(日) 15日(金) 27日(水)
11月 8日(月) 20日(土)
12月 2日(木) 14日(火) 26日(日)

冠のマナーと作法

[ 快気祝い ]快気祝い出産祝い[ 出産祝い ]