冠のマナーと作法 出産祝い

出産祝い

出産は、人生の様々な冠婚葬祭の中でも、最も感動的な行事です。
赤ちゃんが生まれたら、すぐに両方の両親や兄弟などの近親者に報告します。
あまり広範囲に知らせるのはお見舞いや出産祝いの気遣いをさせてしまうので考慮した方がよいでしょう。
近親者以外は、出産してから少しの間は、産婦さんも体調が思わしくなかったり、授乳などで忙しいので、すぐにお見舞いに行くのは控えたほうが良いでしょう。
お祝いは退院の直前か、退院後しばらくしてからにします。時期としては出産後7日から1ヶ月くらいまでの間に出産祝いを贈るのがよいとされています。
また、出産祝いを贈答品で行う場合、他の人と品が重なるケースが良くあります。
本人に希望を聞いて、プレゼントするのも良い方法です。
いづれにしても、先方の状況を良く考え、真心を込めてお祝いをしましょう。

身内からの贈り物

昔のしきたりでは、妻の実家から祝い着を一揃いが贈られていましたが、最近では、身内はから主に実用的なベビーベッド、寝具用品が贈られるようになりました。
赤ちゃんへの衣類を贈る場合は、半年から1年後に赤ちゃんが着れる大きめのサイズを季節に合わせて贈ります。
最近は、ベビーベッドやタンスなどをレンタルしたり、兄弟・知人から借りたり、譲り受けるケースなどが、増えてきました。
子供の成長を記録する、ビデオカメラやデジタルカメラなども良いかもしれませんが、身内の方なら、本人に希望を聞くという事が無難かもしれません。

喜ばれる贈り物

欲しいもの&もらってうれしかった物のNO,1は、ダントツでベビー服。
ついで、現金、商品券、ベビーカー、おもちゃ、紙おむつベビー靴、アルバム、離乳食用の食器、バスローブ、ベビーベッドなどです。
ファーストシューズは、靴を贈ると、「子どもがスクスク育つ」と言われます。
歩き始める頃に履く靴などが良いでしょう。
銀のスプーンは、欧米では、「銀のスプーンをくわえて生まれてくると幸せになる。」と古くから言われています。スプーン以外の銀の製品もよく贈られるようです。
また、ギフト券や商品券は好きなもの、必要なものが買えるので好評のようです。
ぜひ、心がけたいのは、心から赤ちゃんの誕生をお祝いする気持ちを伝えるために、手紙やメッセージカードは添えたいものです。

病院へのお礼

退院の際は、お世話になった医師や看護師さんに「お蔭様で無事出産することができました」というふうに感謝の思いを述べましょう。
母子ともに元気で無事出産、退院できることがお医者さんや看護婦さんなど、病院のかたがたの仕事ですので、入院していた産婦人科の病院にお礼をして退院する習慣がない場合は、退院時のお礼の品はしなくても、感謝の気持ちを伝え、しっかりお礼のあいさつをするだけで大丈夫です。
ただ、難産などで特別にお世話になった場合などは、感謝の気持ちを金品に託して贈ることが多いようです。
担当の先生には現金を避け、商品券、ハンカチ、ウィスキーやビール券など、看護婦さんたちには、婦長さんを通してケーキなどの皆で分けることができる菓子折りや、ストッキング、ハンカチなど普段使えるものが喜ばれるようです。ただし、中には一切の贈り物を固辞する病院もあります。固辞された場合には、無理強いはかえって失礼になるので言葉で感謝の気持ちを伝えるだけにとどめましょう。
自宅出産の場合には、助産婦さんをお七夜の御祝に招くこともあります。
また、助産婦にお願いした場合には、規定の料金以外に「御礼」または「御祝儀」と表書きした謝礼をお七夜にお礼の言葉とともに贈るようにしましょう。

里帰り出産のお礼

実家の両親にとっては、実の娘とかわいい孫ですから金品やお礼の品物など受け取るつもりはない言われることも多いでしょう。
お金を受け取ったとしても、結局は孫への貢物に化けるわけですが(笑)
赤ちゃんの誕生なんて、ちょうどいい機会じゃないでしょうか。
月×(5〜10万円)というのが相場で相当の現金か品物などを夫が渡すことが多いようです。品物では、冷蔵庫やホームベーカリー・マッサージ機などがあります。

内祝いを贈る

出産祝いをいただいた方へは、生後1ヵ月ころをメドにお返しをします。
赤ちゃん連れでのご挨拶回りは無理ですから、デパートなどからまとめて贈る場合、事前に送り先のリストを用意しておきます。
出産祝いをいただいた方には、内祝いを贈る必要があります。
仲の良い友人や、お世話になった方には、お贈りする品物に、お礼状や写真を添えるとより丁寧です。

内祝いを贈る時期 生後1ヶ月前後。
内祝い金額の目安 出産祝いの1/3〜半額の生活実用品
内祝い、のし紙表書き 内祝とし、子供の名前を書く。

両親への贈り物には、お祝いをいただいたお礼のカードや、写真などを添えると、大変喜ばれます。
会社関係などで、連名で出産祝いをいただいた場合は、皆で分けることの出来る菓子折りなどでも構いません。

出生届

出生届は、赤ちゃんが生まれた日から14日以内(国外で出生があったときは、3ヶ月以内)に届けることになっています。出生届用紙は役所の窓口や病院に備え付けてあり
届出の場所は、出生地か本籍地、または届出人の現住所、いずれかの市区町村の役場です。
届出る人は父親、母親、同居人、お産に立ち会った医師などの順に届出の義務が定められています。
届出に必要な書類は、署名押印済みの出生届と出生証明書、母子健康手帳と印鑑が必要になります。ほかの手続きも一緒にするのであれば、健康保険証も持参しましょう。
母子健康手帳は、妊娠が医師に確認されたら、すぐに居住地の役所に届けて交付してもらいます。

冠のマナーと作法

[ 誕生祝い ]誕生祝いお七夜[ お七夜 ]