冠のマナーと作法 お七夜

お七夜

お七夜(おしちや)は、赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜に名前を決め、赤ちゃんの健やかな成長を願う、平安時代から続くお祝い事です。
命名書を飾り、お赤飯や尾頭付きの鯛などのお祝い膳をいただきます。
現在は病院から退院する日がちょうどこのころのため、退院祝いを兼ねて行うことが多いようです。退院して初めてのホームパーティ的な雰囲気になり、母親に負担がかからないようにごく内輪だけで行われることが多いようです。

産婦の床上げ

「お七夜」は産婦の床上げ日とされ、「枕引き」「枕下げ」巣立ち」「ひとうぶや」などとも呼ばれました。
「三つ目」「三夜(みつや)」、五日目を「五夜目(いつやめ)」、九日目を「九夜(ここのや)」と呼んで、「お七夜」とともに祝いましたが、このうち「お七夜」だけが祝われるようになりました。

お七夜の食事

赤ちゃんのお披露目、命名の儀式を一通り終えた後に会食となります。かつては仲人、祖父母など一族が揃って、祝い膳の伝統的な定番料理赤飯に尾頭つきの料理で祝いました。今では「お七夜」の時期が産婦の退院前後にあたり、実際には産婦の床上げがすんでいないことが多いので、ごく親しい人を招いての内祝いという形をとるのが普通です。
料理も赤飯、尾頭つきにこだわらず、お寿司など、和食系の食べ物のほうが合っているかと思います。ケータリング(仕出し)専門店では、お七夜の祝い膳を提供しているお店もあります。産婦の体力回復に必要な消化のよい産婦好みのメニューにするのも現実的です。心のこもった温かい思いやりの内祝いにしたいものです。

お祝いの品々

手土産は、花、日本酒、ケーキ、お菓子など祝宴で役立つものがよく、「祝お七夜」「祝命名」として現金を包んでもよいとされます。金額の目安として5千〜1万円。
赤ちゃんは、まだ食事が出来る時期ではありません。
食事に関する赤ちゃんのお祝いとしては、生後100日前後に行われる「お食い初め」があります。

冠のマナーと作法

[ 出産祝い ]出産祝い命名[ 命名 ]