冠のマナーと作法 お食い初め

お食い初め

「お食い初め」とは、生後100日目に赤ちゃんに初めて食べ物を与える儀式のことです。地域によっては110日目、120日目などに行うところもあります。
生後100日目に行われるため「百日の祝い(ももかのいわい)」や歯の生え始める頃なので「歯がため」「箸ぞろえ」「箸始め」とも言われます。最近は、離乳食の開始時期で、早い子は歯の生え始める時期であり、子どもの成長を祝うとともに、子どもが一生食べ物に困らないよう願う儀式でもあります。
双方の両親を自宅に招き、赤ちゃんが大人と同じようなものを食べて産神様に祈願とお祝いをします。といっても、一番長寿の祖父、祖母が膝に赤ちゃんを抱き食べる真似をさせるだけです。お膳には塗りの器を用意して、「一生食べるのに困らない」と言い伝えの残る、銀のスプーンをプレゼントすることもあります。
最近では、日取りは出席者の集まりやすい土・日曜日に設定したり、お膳の器はリースにしたり、日常的に使える離乳食の食器セットで代用したり、祝いの膳も大人の食事を赤ちゃん用にとりわけるなど、簡略化することが多いようです。

お食い初めに使う食器

正式には、父方の家紋付き漆塗りのお膳や食器(漆器)を母方の実家から贈るのが正式・伝統的です。「男児は朱塗り」で、「女児は黒(外側)と朱(内側)」です。
銀のスプーンを用意する風習もあるそうです。また、食器やお箸は、新しいものを用意するのがふさわしいかと思います。
最近では、一般的な離乳食の器を使うことが多くなっています。
離乳食の器はいずれ必要となりますから、この機会にぜひそろえて、新しいものをお食い初めに使ったほうがよいでしょう。

お食い初めの祝い膳の内容

一般的な祝い膳の内容は、鯛などの尾頭つき焼き魚、煮物、香の物、汁、白飯または赤飯の一汁三菜を盛り付けます。
それぞれの料理については、その季節の旬な食材や縁起の良いとされる食材を使用します。
具体的な献立については、各地方や家によってしきたりがあるかもしれません。
例えば、鯛の代わりに他の魚や伊勢海老にしたり、ご飯を白飯や栗や豆のご飯にするお家もあるようです。
お食い初めの食べ方の順番は

,竿 ⊇訴 ご飯 ぞ討魚 イ竿 汁物

 銑Δ僚臠屬濃芦鷽べさせる真似をします。
また、時期的にちょうど離乳食を始める頃なので、それを記念して実際に口にできる果汁やスープを食べさせることでお祝いとしてもよいでしょう。
この行事を終えた後、大人たちは食事を始めます。

歯固めの小石

生後100日経つと、乳歯が生え始める赤ちゃんもいる訳ですが、丈夫で健康的な歯に成長する事を願う意味で、古来から行われていたようです。
そして箸を歯固めの小石(神社の境内で人が歩かないところから拾ってくる)に触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。
これは、石のように丈夫な歯が生えるよう願ってする意味があります。
儀式のやり方は、お膳のお皿やお椀、もしくは杯などに小石を3つ載せます。そして、小石に箸を付けてから、赤ちゃんの歯茎にそっと触れます。
そして、お食い初め式を終えた後日には、神社の境内などへお借りした石を奉納に行きます。

冠のマナーと作法

[ お宮参り ]お宮参り初節句[ 初節句 ]