冠のマナーと作法 初節句

初節句

初節句は、赤ちゃんが生まれて、最初にむかえる節句のことです。
女の子は桃の節句(3月3日・ひな祭り)または初雛(はつびな)。
男の子は端午の節句(5月5日・こどもの日)または初幟(はつのぼり)のことをいいます。
初節句には、家族や親族、友人や知人など親しい方たちを招き、赤ちゃんがすくすくと成長を願い、厄除けの意味を込めてお祝いする行事です。
鎧兜や五月人形そしてひな人形は、赤ちゃんにとって厄を除ける魔除けの意味もあると考えられていますので是非とも飾ってお祝いしたいものです。
祖父母が思いを込めて贈る品は、大きい物が多いので、飾る場所、収納場所など考慮し、親の意向を聞く事も大事です。
なお、赤ちゃんが生後1〜3ヶ月くらいなら翌年の初節句に延ばすことが多いようです。

五節句(五節供)

人日(じんじつ)

正月七日 ・・・七草の節句

中国の古い習俗に由来する。この日、七草粥を食べ邪気をはらう風習がある。七草を刻む際、鳥追い歌(これを七草囃しという)を歌う習俗もある。

上巳(じょうし)

三月三日・・・桃の節句 雛祭り 重三 草餅の節句

元は三月の最初の「巳の日」。古くは河で禊ぎをし汚れを祓い、また身代わりに人形に汚れを移して河や海に流した。江戸時代以降は、雛祭りとして庶民にも定着し、女子の節句とされた。

端午(たんご)

五月五日・・・菖蒲の節句

元は五月の最初の「午の日」。古くはこの日薬草摘みを行い、摘んだ蓬や菖蒲を門口に飾った。菖蒲(ショウブ)の語が「尚武」に通じるとして武士の台頭に従い、庶民にも浸透し立身出世を願い幟や兜飾りを行うようになった。男子の節句。

七夕(しちせき)

七月七日・・・笹の節句 たなばた

中国から伝わった牽牛星と織女星の星祭り伝説が元。日本では古来からあった「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説との類似性から七夕の日として定着。女子が裁縫や手芸、書道の上達を願う行事も各地に残る。

重陽(ちょうよう)

九月九日・・・菊の節句 重九

易で陽数の極である「九」が重なることから目出度い日とされた。この日は菊の花を飾り、丘などに登って邪気をはらい長寿を祈る風習が中国にあり、これが日本に伝わったもの。宮中では「観菊の宴」を開き長寿祝う節句の中でもっとも公的な性格が強いもの。民間にはさほど定着していない。

生まれてすぐ初節句を迎えるような場合は、翌年の「節句」にお祝いを延ばします。
長男、長女ばかりではなく、二番目、三番目の赤ちゃんにも、同様に「初節句」を祝ってあげます。

初節句の祝い方

女の子には「桃の節句」に雛人形を飾り、雛壇に雛あられ、菱餅、白酒を飾ります。
男の子には「端午の節句」に武者人形、鎧兜を飾り、鯉のぼりをあげ、柏餅、粽を用意します。また、菖蒲の根や葉を入れて沸かす風呂のことである。入浴することで、邪気を払うとされる。菖蒲は「勝負」や「尚武」につながるともいうが、元来は薬草である。

桃の節句

平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅な「遊びごと」として行われていた。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられます。
初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく雛あそびの由来でした。
しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になりました。
江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、飾られるようになりました。
この遊びである「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変り、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつにもなりました。
その後、十二単の装束を着せた「元禄雛」、大型の「享保雛」などが作られたが、これらは豪勢な金箔張りの屏風の前に内裏の人形を並べた立派なものでした。
明治になって雛飾りは二人だけの内裏人形から、嫁入り道具や台所の再現、内裏人形につき従う従者人形たちや小道具、御殿や檀飾りなど急速にセットが増え、大きくなったようです。
ひな人形の飾り付けは、2月中旬ぐらいに飾り付けを行い、節句の翌日にはしまうとされています。1日遅れると、1年嫁入りが遅れるなどと呼ばれ、これは片づけの習慣を説いたものだと思われます。
雛人形は、宮中の貴族の装束を模しています。
男雛、女雛は天皇皇后、両陛下をあらわし、 随人の人形は随臣右大臣と左大臣や、警護の士である仕丁(従者)を表しています。
官女は侍女(三人官女)を表して、 五人囃子はお囃子を奏でる五人の楽人を表し、それぞれ「太鼓」「持太鼓」「小鼓」「笛」を持っています。

端午の節句

端午の節供は、旧暦では午の月は五月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の五日が「端午の節句」の日になったといわれます。
「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことでした。
端午当日は野に出て薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩に巻き病を避け、邪気を払う作用があると考えられた蓬で作った人形を飾り、また菖蒲を門に書け邪気を追い払うと同時に竜船の競争などが行われていました。
これは現代日本においても菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入る風習が残っています。
男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられました。すなわち、端午は元々女性の節句でした。
鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。
鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方である。鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。
こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願しています。
典型的な鯉のぼりは、五色の吹き流しと三匹(あるいはそれ以上の)こいのぼりからなる。吹き流しの五色は五行説に由来します。
端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習もあります。柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていきました。
なお、男の赤ん坊をもつ家庭にとっては初節句となるため、親族総出で祝われることも多いことから、五月五日が祝日であり、さらに前後に祝日を伴うゴールデンウィークにあたり、親族が集まってお祝いをします。

冠のマナーと作法

[ お食い初め ]お食い初め初誕生日祝い[ 初誕生日祝い ]