冠のマナーと作法 初誕生日祝い

初誕生日祝い

初誕生日のお祝いもともと日本では誕生日をお祝いする習慣はありませんでしたが、満1歳の初誕生日は健やかな成長を祝う行事として行われていました。
生まれてから一年目の初誕生は、昔から餅をついて一生食べ物に不自由しないように、そして立ち歩きができるようになったことを祝う気持ちや、健康で力持ちの子どもに育つよう願いをこめて一升のもち米で「誕生もち」をつきます。
この餅は「立ち餅」「力餅」などと呼ばれ、赤ちゃんに背負わせて歩かせたり、足で踏ませたりします。
満1歳の初誕生日前に歩き始めると成人後は家から離れるといわれ、力餅を背負わせてわざと転ばせたりもします。
そのもちをふろしきに包んで、赤ちゃんに背負わせて歩かせたり、踏ませたりして健康で力強く育ってほしいと祈ることから「立ち餅」や「力もち」とも言われています。
昔は1歳の誕生日は初誕生として親戚を招きお祝いするのがならわしでしたが、最近ではごく近しい身内だけで、ケーキに一本のローソクを立てての簡単なバースデーパーティをするが一般的になっています。
子供の始めての誕生日に、ビデオで映像を残したり、その日の新聞を保管したり、足型や手形をとっておくとよいでしょう。

初誕生祝いの品々

初誕生祝いの贈り物には、特にきまりはありません。赤ちゃんを中心に考えて、ぬいぐるみやおもちゃ、衣類、靴、歩行器などなど身のまわりの物が一般的で喜ばれます。
ケーキ、菓子類もよいが現金や商品券も場合によっては喜ばれます。
欧米では、両親や祖父母が「初誕生」から毎年誕生日に、同じタイプの銀のスプーンや食器を贈り続けて、やがて一式そろえるという風習があります。

表書きは「御祝」

お祝いを贈るときには、のしをつけ、紅白蝶結びの水引をかけて、「御祝」と表書きをします。

お祝いのお返し

「初誕生祝い」に招待した人に対しては、お返しは原則としていりません。
お祝い当日の写真を送るのは、お祝いへの感謝の思いがこもって喜ばれるでしょう。
招待しない人からもらいましたら、半額程度のお返しを一週間以内にします。
また 、その土地の習慣によっては、誕生のお祝いを頂いた近所の人には誕生餅を小さく切ったものや、お赤飯を配るところがあります。

冠のマナーと作法

[ 初節句 ]初節句誕生日のお祝い[ 誕生日のお祝い ]