冠のマナーと作法 七五三

七五三

「七五三」は、わが子の成長を氏神や由緒ある神社に祈って加護を受ける行事です。
鎌倉時代、三歳になると「髪置き」として、髪を伸ばしはじめ、男の子は五歳で初めて袴(はかま)をつける「袴着」、女の子は七歳で帯を始めて締める「帯解き」の儀式があり、それが今の七五三の由来です。
昔は幼児の死亡率が高く、健康に育つことが難しい時代でした。七歳までに死ぬ子が多く、七歳までは神の子」といわれていました。
子どもが生まれても、すぐに死ぬ可能性が高かったので、三歳頃になって初めて人別帳(江戸時代の戸籍調査の帳簿)や氏子帳に登録されたくらいです。
このような厳しい現実から、七五三という奇数の序列になり、厄払いとお祝いをかねて儀式を行なうようになりました。
11月15日は、鬼宿日とされ何事をするにも吉であるとされたことからその日に神のご加護を願って参拝するようになりました。
しかし、現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっています。
男児は、三歳・五歳
女児は、三歳・七歳
に祝うことが一般的ですが、男女とも区別無く三・五・七歳のいずれにも祝うことも増えてきているようです。

七五三参拝の衣装

三歳児は、お宮参りの際の祝い着をそのまま着ます。
五歳児(男)は、「のし目模様」の羽二重の紋付の長袖着と、やはり紋付の羽織、それに仙台平の袴と白足袋、草履が正装です。
七歳児(女)は、絵羽友禅を四つ身裁ちの本裁ちにした振袖に袋帯をしめ、しごき帯をたらし、胸元に筥迫(箱型の紙入れ)を入れ、白足袋に草履というのが正装です。
しかし、何も和装にこだわることもありません。子供の成長を祝うものですから、ふだんより改まった装いであればかまいません。無理をしなくても、どうしても和服にしたければ貸衣装を利用する方法もあります。
後々入園式や入学式で着れるようなブレザー、ワンピース、ツーピースなどの外出着のほうが実用的です。

両親の服装

正式には、母親は黒留袖か訪問着に袋帯をしめます。付下げでもよい。子どもに和服を着せたら、親は礼装か略式礼装にします。父親は略式礼装のダークスーツにします。
しかし、形式にこだわらず、母親はチョットあらたまったツーピース、ワンピースなど上品な洋装もいいでしょう。

七五三の参拝方法

「七五三」の祝いは、両親、祖父母、おじ、おばといった、ごく内輪で行う内祝いです。
神社でおはらいを受け祝詞をあげてもらう場合は、受付(社務所)にて所定料金を包んで申し込みます。(5千〜1万円)
その場合、紅白蝶結びの祝儀袋に「御初穂料」 または「御玉串料」と表書きし子供の名前で贈ります。お祓いと祝詞奏上をしてくれます。
もちろん神前で鈴を鳴らしてからわが子の成長を感謝し、末永く健康であるように祈願するだけでもかまいません。
現在では、家族だけで参拝し、お賽銭をあげてすませることが多くなりました。

内祝いは千歳飴

七五三の定番は、千歳飴を食べてお祝いをしますが、千歳飴は、親が我が子の長寿の願いが込められたものです。
千歳飴は紅白の長い飴で、「長く伸びる」縁起を担いで、鶴亀や松竹梅などの図案が描かれている千歳飴袋に入れられています。
千歳飴は、江戸時代の元禄・宝永の頃に浅草の飴売りによって売り出したものが始まりとされています。
元々は、今のような縁起物という意味ではなく、七五三のお土産にという販売効果を狙って鶴亀・松竹梅の袋に入たり、「千歳」というめでたい言葉を使ったようです。
また、遠くの方にお返しをする場合は、頂いた金額の半分くらいの品を贈ります。

七五三の祝い方

地域の習慣によって違いますが、七五三は身内中心の内祝いですので、参拝が終わったら家族で祝い膳を囲みます。または祖父母を招いてレストランで食事をすることも最近は多いようです。
身内の祝い事ですから、お返しは一般的に必要ありません。どうしても気になるのなら、近所でしたら、参拝のあと、お祝いをいただいた家を訪ねて「千歳飴」もしくは赤飯を配り、遠方の人には、当日のスナップ写真を添えて礼状を出せばいいでしょう。
なお、記念写真を撮る場合は、晴れ着が着崩れしないうちに、神社参拝前に撮ることをお勧めします。写真館で撮影する場合は、事前に予約しておきます。

冠のマナーと作法

[ 誕生日のお祝い ]誕生日のお祝い入園・入学祝い[ 入園・入学祝い ]