冠のマナーと作法 成人式

成人式

成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服の儀式「加冠の儀」、女子には長い髪を初めて結い上げる「髪上げの儀」などがあります。生まれてから死ぬまでの人生における通過儀礼になっています。
現代の法律では、満20歳に達すると成人と認められ、親権からの独立、政治への参与が許されます。結婚の自由、選挙権を与えられ、法律的な権利を受けると同時に、義務を負うことになります。喫煙、飲酒も許されます。
昭和23年に祝日として1月15日が「成人の日」と制定され、この日までに満20歳を迎えた男女のために、地方自治体や企業が中心となり記念式典、祝賀会、様々な祝賀行事が行なわれるようになりました。平成12年より1月の第2月曜日が「成人の日」として祝日となっています。
成人式の参加対象となる成人は、前年の「成人の日」の翌日からその年の「成人の日」までに誕生日を迎える人を祝う日となっていましたが最近では、前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着するようになっています。
成人の日である1月の第2月曜日が「成人の日」として、この日までに満20歳になった男女を成人として認めて式典が行われています。

成人祝いを贈る

一人前の大人になったお祝いとして、男性にはスーツやネクタイなど女性には振袖やフォーマルウェアなどを贈ることが多いようです。
女性には、晴れ着を着る場合は、それに必要な履き物、小物類も喜ばれます。
ハンドバック、ネックレス、イヤリング、ブレスレットなどのアクセサリー類、スカーフ、香水などが一般的です。
男性には、ネクタイ、バック類、ワイシャツ、腕時計、靴、ワインなどから選びといいでしょう。
ただ、本人の希望もあるでしょうから、現金や商品券、ギフト券でもかまいません。

成人祝いの表書き

お祝いの品には、熨斗を付け、紅白蝶結びの水引をかけて、「祝成人」「成人御祝」「成人式御祝」などと表書きします。

成人式の祝い方

本来は一家の身内の祝い事なので、わが子の成人を両親や家族が祝うのが本来の姿です。
家庭で赤飯、尾頭つきの祝い膳を囲み、記念になる品を送り、成人の証しとしてビール、清酒などで祝杯をあげます。
お礼はもちろん、本人から直接出向いて、お礼の挨拶を述べます。
もし、自宅へ招いてのおもてなしであれば、祝いの膳の用意は親の手を借りたとしても、挨拶は本人が述べましょう。招かない場合は、内祝いを贈ります。

成人式に出席する服装

成人式の服装には振袖と羽織袴がいいですね。
男性は、一般にはダーク・スーツ程度で十分です。この機会に男性は、スーツを新調してはどうでしょう。紺やダークグレーのスーツは、ビジネス社会でも重宝されます。
成人式で暴れちゃったりするやんちゃな人たちが派手な色の羽織袴で成人式に出席しているので羽織袴は少し人気が落ちているということです。
名実ともに大人の仲間入りをする成人式こそ、後々の人生で着る機会の多い服装を選ぶようにしましょう。
女性は、やっぱり振袖が一番人気ですね。成人式の振袖はレンタルのシステムがしっかりしているので、レンタルを利用する人が大半です。
もちろん男性用の羽織袴もレンタルがありますので是非利用してみてください。

冠のマナーと作法

[ 卒業・就職祝い ]卒業・就職祝い結婚記念日[ 結婚記念日 ]