冠のマナーと作法 結婚記念日

結婚記念日

結婚記念日を祝う習慣は欧米から伝わったもので、日本では明治時代に天皇陛下の「大婚25年祝典」の銀婚式が開かれ、徐々に民衆に広がり今のように定着した行事となりました。
結婚記念日は、毎年事に夫婦として一緒に過ごす事が出来たことに感謝し、お互いに贈り物を交換したり、一緒にレストランで食事や旅行をし、高価なワインで乾杯したり、旅行に行ったりして思い出として残すのも良いでしょう。二人の将来について、ゆっくりと語り合うのも良いでしょう。
どの年の結婚記念日でも大切なのは、それまでの結婚生活の歩みを振り返り、感謝しながらこれからのことを話し合うことではないでしょうか。
特に金婚式・銀婚式は大きな節目として盛大に祝われる事が多い。日本では、主に妻・母親そして祖母でもある女性に夫や子・孫が高価な祝いの品を贈り盛大にお祝いをします。

年数
名称
意味
1年
 紙婚式  
2年
 綿婚式(藁婚式)  質素倹約を意味し、贅沢を戒める
3年
 革婚式(菓子婚式)  そろそろ倦怠期、革のように粘り強く
4年
 書籍婚式(花婚式)  花が咲き、実がなるように
5年
 木婚式  夫婦がやっと1本の木のように一体になる
6年
 鉄婚式  鉄のように強い人生を
7年
 銅婚式  家族、財産の安定を銅に例えて
8年
 青銅婚式  弾力性のある2人の生活を
9年
 器婚式  陶器を大事に扱ってヒビが入らなかった
10年
 鈴婚式  錫のように美しさと柔らかさを兼ね備えて
11年
 鋼鉄婚式  鋼のように強い愛の力で結ばれて
12年
 絹婚式  絹のようなきめ細やかな2人の愛情
13年
 レース婚式  さらに深く綾なす愛の証
14年
 象牙婚式  象牙のように年齢を重ねて輝く価値
15年
 水晶婚式  透明で曇りのない水晶のような信頼
20年
 磁器婚式  年代と共に値打ちが増す磁器のような夫婦
25年
 銀婚式  結婚生活の一区切り、いぶし銀の美しさ
30年
 真珠婚式  富と健康をあらわす海の宝石に例えて
35年
 珊瑚婚式(ひすい婚式)  永い年月を経て成長する珊瑚に例えて
40年
 ルビー婚式(毛織婚式)  深赤色のような2人の深い信頼と誠意
45年
 サファイア婚式  誠実と徳望で結ばれた結婚生活
50年
 金婚式  金色の輝きを得たという豊かさで大きな記念日
55年
 エメラルド婚式  深く静かで尊い夫婦の生活
60年
 ダイヤモンド婚式(英)  長寿と一族の繁栄を意味する最高の結婚記念日
75年
 ダイヤモンド婚式(米)
同 上

銀婚式、金婚式のお祝い

結婚記念日の歴史の浅い日本ですが、銀婚式と金婚式を祝う風習は、かなり定着したようです。
25年目の銀婚式や50年目の金婚式は、子供や近親者が主催してレストランなどでパーティー形式で盛大に祝われることが増えています。
自宅、近所の会館で祝宴を開かれることもあります。あまり形式にとらわれず、金婚式では老人の口に合うものを用意して、出席してくださった方をなるべく大勢お招きして、宴の内容も結婚式に準じて、ウエディング・ケーキにナイフを入れたり、二人でキャンドルを持って客席を回ったりといった演出をするのも楽しいものです。

銀婚式・金婚式の贈り物

銀婚式・金婚式は、四半世紀からさらに半世紀と力を合わせて生きぬいてきた健在ぶりを示すのは、大いに意義のある素晴らしいことだと思います。
お祝いの品は、銀婚式には銀製品か花束で、銀のスプーン二本、銀杯、帯どめ、楊枝入れ、銀糸をあしらった織物、銀蒔絵、銀象眼の漆器、銀で彩った陶磁器などがよく用いられます。
金婚式には金製品か花束を贈ることが多いようです。金製品としては、金杯、金扇、金糸をあしらった織物、金蒔絵、金象眼の漆器、金で彩った陶磁器などがあります。
しかし何も金銀にこだわることはありません。子どもが金を出し合って温泉旅行のクーポンを贈る、夫婦の趣味に合わせて観劇、音楽祭のチケット二枚を贈るのもいいでしょう。
座椅子、座布団、クッション、夫婦茶碗、お椀一対、おそろいの浴衣などもいいでしょう。茶道具、コーヒーセットもあります。
最近では、前もって子どもたちに希望を話し、自分たちの貯えに加えて餞別をもらい、海外旅行を計画する夫婦もあります。

表書きは「お祝」酒肴料」

お祝いの品々を贈るには、紅白蝶結びの水引をかけ、のしをつけて、「御祝」と表書きをします。現金の場合は「酒肴料」「御菓子料」です。

冠のマナーと作法

[ 成人式 ]成人式賀寿[ 賀寿 ]