冠のマナーと作法 賀寿

賀寿

賀寿は、その人の長寿を喜び、さらに元気でいてほしいという願いをこめて祝うのがむかしからのならわしです。
もともとは中国の風習で、昔は元服、婚礼と並んで三大祝儀となっていました。
賀寿祝いの歴史は、奈良時代までさかのぼることができます。 天平12年に、僧の良弁が金鐘寺で僧・審祥を招いて、華厳経をあげて、聖武天皇40歳の御齢をお祝いしたのが始まりといわれています。
人生50年といわれた当時は、60歳以上は長寿と考えられ、40歳では立派な初老でした。「初老の賀」は「五八之賀」とも呼ばれました。
当時は「初老の賀」のあと、10年ごとに「五十の賀」「六十の賀」が祝われました。
この算賀の儀礼が受け継がれて、中世になって60歳の「還暦」、77歳の「喜寿」、88歳の「米寿」が、江戸時代から一般庶民の間でも祝われるようになりました。
賀寿の祝いは、誕生日やそれ以後の吉日や休日、敬老の日に行なわれることが多くなっています。

十干と十二支

「還暦」とは文字どおり、“もとの暦に戻る”ことで、昔は暦は十干と十二支の組み合わせで数えられました。

十干

(きのえ)

(きのと)

(ひのえ)

(ひのと)

(つちのえ)

(つちのえ)

(かのえ)

(かのと)

(みずのえ)

(みずのと)
十二支

(ね)

(うし)

(とら)

(う)

(たつ)

(み)

(うま)

(ひつじ)

(さる)

(とり)

(いぬ)

(い)

還暦の「還」は「かえる」「もどる」という意味で、「暦」は干支を意味する。
干支は本来、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支を組み合わせたものをいい、60通りの組み合わせがある。
60年で干支が一回りし、生まれ年の干支に戻ることから、「還暦」というようになった。
現代では少なくなったが、還暦には、赤い「ちゃんちゃんこ」や赤い頭巾など、近親者が赤い物を贈る風習が古くからある。
還暦に赤い物が贈られる由来は、赤ちゃんに還る(生まれた年の干支に還る)という意味と、赤は魔除けの色とされていたためである。

賀寿の歳と呼称と由来

賀寿は一定の年齢に達したお祝いであり、古くから数え年で行なわれてきました。しかし昭和二十四年から満年齢に定められた次第に定着し、最近では満年齢で祝うことも多くなりました。古いしきたりの数え年を重んじるか満年齢でいくかは、本人の考え方次第です。

還暦(かんれき) 61歳

干支が一巡して新しい暦が始まる年なので「本卦返り」とも呼ばれます。また「華甲子(かこうし)」「華甲(かこう)」ともいいます。「華」という字を分解すると「十」が六つ、「一」が一つあり、合計六十一となって還暦の年齢を表わす。「甲子」は干支の第一位の甲子(きのえね)のことで「華甲子」の名がつきました。「華甲」はその省略形です。

緑寿(ろくじゅ) 66歳

他の長寿祝いとは違い、日本百貨店協会が2002年に提案したもので、現役世代と高齢世代の境目となる節目の年であり、新たなる社会生活へのスタートラインとして位置づけられています。イメージカラーは「緑」です。

古希(こき) 70歳

中国の詩人杜甫の詩『曲江詩』の中に「人生七十古来希という句があり、この句から古希という呼び名が生まれました。現在では七十歳は決して「稀」とはいえませんが、長寿祝いとして名称がそのまま残っています。

喜寿(きじゅ) 77歳

「喜」の草書体が七十七と読めることから、この呼称が生まれました。「喜字齢(きじのよわい)」、「喜の字祝い」とも呼ばれます。

傘寿(さんじゅ) 80歳

「傘」の俗字が八十と読めることから、この呼称が生まれました。

半寿(はんじゅ) 81歳

「半」という字を分解すると「八」「十」「一」と読めることから、この名がつきました。

米寿(べいじゅ) 88歳

「米」という字を分解すると「八」「十」「八」となり、八十八に読めることからこの呼称が生まれました。「米年」「米の祝い」とも呼びます。また「米」を「八十の人」と読み、八十歳を祝う賀とする説もあります。鳩の頭のついた鳩杖を贈る風習もあります。鳩は食べ物をついばんでもむせないことにあやかった風習です。

卒寿(そつじゅ) 90歳

「卒」の俗字「卆」が九十と読めることから、この呼称がつきました。「鳩寿(きゅうじゅ)」ともいわれます。「鳩」の字の中に「九」が含まれ、音も「キュウ」であることに由来します。

白寿(はくじゅ) 99歳

「百」という字から「一」を引くと「白」になるので、九十九歳を「白寿」と呼びます。

百賀の祝い 100歳以上

百歳の祝いは「百賀の祝い」といいますが、百歳以上は一年一年が貴重なので、「百一歳の祝い」「百二歳の祝い」として毎年祝われます。

茶寿(ちゃじゅ) 108歳

「茶」の字の草冠が二つの「十」に分解できることから「二十」、下が「八十八」に分解でき、20と88を足すと108になります。

皇寿(こうじゅ) 111歳

「皇」の字を「白」と「王」に分けられる。白は白寿で「九十九」。王は分解すると「十」と「二」にで「十二」となり、「白」と「王」を合計すると「111」になります。

大還暦(だいかんれき) 120歳

2回目の還暦を迎えたことになるため。かつての長寿世界一、泉重千代を讃えるために作られた言葉です。

珍寿(ちんじゅ) 120歳以上

これほどの長寿は珍しい事からです。

還暦のお祝いの品物

還暦には、古くからのしきたりとして、赤い「頭巾」「ちゃんちゃんこ」「座布団」などを家族や近親者が贈ったものですが、今では実用性を重んじて、赤色の入ったベストやセーター、マフラーを贈ることが多くなりました。
毛糸、膝掛け、衣類、金杯、金散りばめた扇子なども一般的なお祝いの品物です。
また、旅行券・温泉旅行のクーポンや食事券も喜ばれます。
本人の希望を聞いて趣味に合わせて、釣り竿、盆栽、剪定はさみなどを贈るのが現実的です。なお、お年寄りは経験豊かで目も肥えていますから、予定した金額で買える最高品質のものを選んで贈るようにします。
お祝いの食事会を開くのは、本人の健康状態も考慮して誕生日かその前に催します。また、その年の年頭に贈り物をしてもよいでしょう。

賀寿のお祝い

賀寿のお祝い
表書き
 「寿」「寿福」「御祝」
 「祝古希」などと、賀寿の呼称に「祝」をつけてもよい
水 引
 のし付紅白蝶結び
贈る時期
 誕生日、敬老の日、祝賀会当日
金 額
 通常、五千〜一万円
 銀婚、一万〜二万円
 金婚、二万〜三万円
 家族で、五万円

冠のマナーと作法

[ 結婚記念日 ]結婚記念日昇進・栄転祝い[ 昇進・栄転祝い ]