冠のマナーと作法 快気祝い

快気祝い

病気や怪我が全快しましたら、お世話になった方やお見舞いに来て頂いた方に、全快の報告をかねて「快気祝い」としてお返しするのが一般的です。
快気祝いはすべての病気にあてはまるわけではありません。手術をしたり長く入院あるいは病床にあったり、重い病気やケガが回復したときに、全快の報告、御見舞へのお礼を兼ねた祝宴を行なうか、内祝いの配り物をするのが快気祝いでした。しかし、現代では、御見舞いをいただいた方へのお返しという意味合いで、快気祝いを贈る方が多くなっています。
病気を退院した場合には、見舞いに来てくれた人には早めに全快を知らせる礼状を出します。

病院関係者への謝礼

病院の医師、看護師に対するお礼は、基本的には不要です。特別お世話になったので、どうしても形にしたいいう時は、贈る場合もあります。
表書きは紅白花結びの水引のし紙に、「御礼」「感謝」「謝礼」「粗品」とします。
病院によっては、お礼の品を受け取らないところもあります。それでも何かお礼がしたいというのであれば、個人に対してではなく、医局やナースステーションに、「皆さんで」といって全員に行き渡るお菓子等を届ける方法もあります。中にはこのような形も禁止してあるところもあるので、よく調べて慎重に行うようにしましょう。

「快気祝」「快気内祝い」「お見舞お礼」の違い

快気祝

主に、全快された方がお返しするのが「快気祝」です。

快気内祝い

「快気内祝い」は、退院をした時、床上げした時に、とりあえずの、お見舞いのお返し、お礼という意味が含まれます。

御見舞御礼

入院や自宅療養が長引きそうなので、ひとまず区切りを付けたい場合は、退院前でもお見舞いにきてくれた人に「御見舞御礼」を贈ります。

いずれも、直接伺えない場合は、病気や入院中の気遣いに対して感謝の気持ちを手紙やカードに書いて同封するか、別送することを忘れないようにしましょう。

病気見舞いのお返しの品々

退院して、さあ快気祝いだとなった場合に、何を贈ったらよいかと言う事になりがちです。
縁起の良い品物と言うことで、二度使いのしないものとか、使いきりの消費物を贈るのが、再度病気にならないと言って快気祝いには重宝されています。
品物は、「病気が残らない」願いを込めて「食べればあとに残らない」食べ物を贈る習慣があります。めでたい紅白の餅、赤飯、饅頭などが配られましたらが、紅白の角砂糖、クッキーなども多くなりました。
最近は、食べ物に限らず、タオル、風呂敷、シャンプーリンスのセットなども贈られようになりました。
病気見舞いのお返しは、原則として半返しといわれています。もらった品の三分の一か半額程度を目安にすればいいでしょう。

水引きは紅白結び切りで

品物には、のしをつけ、紅白結び切りの水引をかけます。
結び切りにするのは、もうこれきり、再び病気を繰り返すことのないようにとの願いが込められているからです。
表書きは「快気祝い」内祝い」

冠のマナーと作法

[ 開店・開業祝い ]開店・開業祝い誕生祝い[ 誕生祝い ]