遺品整理作業の流れ

遺品整理代行業務の流れ

遺品整理代行業務の流れ

1

まず、室内の遺品の確認を行い、形見分け品と供養品、リサイクル品などを確認し、仕分け梱包いたします。同時に貴重品などの見落としが無いかを確認し、捜索とチェックを行ないます。

形見分け品と供養品
2.

残った買取品(遺品)を全て分別しながら梱包していきます。

梱包
3

梱包が終わった遺品を屋外へ搬出していきます。

屋外へ搬出
4

買取品をトラックへ積み当社まで引取ります。

※買取れない遺品については、地域の廃棄物取引業者の手配を代行し、玄関先まで引取りに来てもらいます。地元業者への手配は当社がすべて行ないます。

トラックへ積み
トラックへ積み
5

搬出が終わり空になったお部屋を当社スタッフが清掃させて頂きます。

(基本清掃内容)
・すべての床の掃き掃除
・水回りの洗浄
・ご指定箇所の拭き掃除
・掃除機掛け
・玄関やベランダの掃き掃除
※搬出後、約20分前後で行なえる範囲で、引渡し時に立会いが出来る程度です。

スタッフが清掃
立会い
6

発見された貴重品や写真、手紙等は、ご依頼者にお渡しし、確認して頂きます。
・形見分けの配送先はご希望日(相談の上)に指定場所にお届け致します。
・供養品は、当社各支店の祭壇に供え、僧侶を招き、無料で合同供養を行ないます。 ※当社では、お焚き上げは行なっておりません。
(ダイオキシンが発生するために禁止されております。)

発見された貴重品
7

引取った遺品は、当社各センターにて仕分分別し、リサイクル原材料、リユース品として販売させて頂きます。
その他、会社貢献の一環とし、衣類や布団、書類等をボランティア活動として、海外へ寄贈させて頂きます。

リサイクル原材料、リユース品
8

家電リサイクル品は(テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)当社がA・Bグループ分けをし、リサイクル券を発行し、貼付後、各センターへ運搬します。控えの伝票は3年間当社にて現物保管を致します。

現物保管
9

売れ残った遺品は、当社が廃棄料金を支払い、市町村のクリーンセンター への搬入、もしくは、指定収集運搬業者に引取ってもらい適正に処理をしてもらいます。

指定収集運搬業者

お任せいただける各種 気の利くサービスのご案内

貴重品検索 解約立会い 車両の廃車手続き 一時保管
葬儀の紹介 財産管理人のご紹介 クロスの張替え 消毒作業
形見分けのお届け 生前相談 不動産の売却相談 畳新調
消臭作業 遺品の供養 僧侶紹介 その他

無料見積・ご相談