婚のマナーと作法 縁談

縁談

「縁談」とは、嫁取り、嫁入り、または婿養子の縁を結ぶための相談のことです。
現在、男女の交際が自由になり、恋愛結婚の多い時代では、いかにも古く感じられかも知れません。しかし、性格的に控えめで、社会的に異性と接触する機会が少ない人がいるのも確かです。結婚したいのにもかかわらず好機をつかめないとき、しかるべき人に適当な異性を紹介してもらうことになります。だから、昔から「縁談」が行なわれてきたのです。
社会的に顔の広い人物が仲介者となって、結婚適齢期の男女を引き合わせ、お互いに相手が気に入れば結婚を前提に交際するというのが、一般的な「縁談」の方式があります。
それに、顔の広い仲介者は、さらにその知人へとアンテナを大きく広げており、候補者を選ぶ範囲が広くなっています。多くの候補者の中から最もふさわしいと思われる人物を選んでくれるから、良い相手に恵まれる確立も高いと思われます。
このような着実性が恋愛結婚にない「縁談」の利点です。失敗は少なく、良い相手にめぐり合えるチャンスも多いようです。
恋愛と違って結婚は自分達だけではなく両家の親族など周りの人との問題が大きく関わってきます。
周りの人から祝福されるのはもちろん幸せな結婚をするためにも、条件に合った相手を探したい人達の間には最近また縁談やお見合いが見直されてきています。
依頼者に紹介を引受けてもらえましたら、まず本人が直接依頼者を直接訪問して、改めて紹介を依頼します。

世話人の選び方

縁談を依頼する相手は慎重に選ぶ必要があります。この種の仲介者は縁談をまとめたいばかりに、相手の良いところばかりをほめ、欠点には触れない、いわゆる“仲人口”になりやすい。
縁談を依頼するなら、人生経験が豊かで社会的信用があり、視野が広くて誠実で信頼できる人物を選びたいものです。もちろん。依頼する側の家族はもちろん本人をよく知っていて好意を持ってくれていることが望ましいでしょう。
具体的には、身近な親類、恩師、先輩、上司、両親の友人などから選ぶことになるでしょう。
うまい話しばかり並べたり、自分の好みを押し付けるなど、自分のことに本当に親身になってくれているか疑問に感じる方は避けたほうが良いでしょう。
後々、お見合いの話を断りづらくなることもあるかもしれません。

縁談を依頼する

世話人の方に紹介を引き受けてもらえましたら、親が本人と共に直接訪問して改めて挨拶するのが本来の作法です。
男性の場合、親の知人であっても自分の口からお願いする方がよいでしょう。
親は母親、父親のどちらでもいいですが、前もって相手の都合の良い日時、場所などを指定してもらい、菓子折か果物など持参します。
親と同行できない場合は、いきなり本人がひとりで行くのは失礼だという考えもあるので、まず親が依頼に訪問し、後日、本人が挨拶にうかがうようにしても良いでしょう。
いずれにしても一度は必ず本人が訪ね、本人の印象、性格、考えなどを知ってもらうようにしましょう。実際に会えば、かなり印象が具体的になり、仲介者も相手を選びやすくなります。
依頼の訪問の際には、本人の自己紹介の資料を持参して仲介者に預けること。自己紹介の資料は、履歴書、身上書、スナップ写真が3〜4枚、見合い写真は一組だけではなく、あらかじめ2〜3組預けておきます。複数の候補に渡しておくからです。
結婚の条件などを伝えなければ世話人の方も探しにくいものです。自分の希望や仕事の事情、将来の親の扶養、結婚後は女性も仕事を続けるかどうかなどについてきちんと伝えるべきでしょう。
縁談を依頼したら、2〜3ヶ月に一度近況報告を兼ねて様子を尋ねることも大事です。頼みっぱなしで放っておくのは失礼です。といってあまり頻繁に問い合わせるのも催促がましく失礼になります。ほどほどに連絡をとるようにしたいです。

自己紹介状の書き方

縁談を依頼する際に、本人がどういう人間かを示す資料、すなわち履歴書、身上書と見合いの写真を渡すわけだが、履歴書、身上書は「釣書(つりがき)」と呼んでいました。
本来は系図書で、人名と人名を縦線で吊るしたところからこの名があります。
自己紹介状は罫線入りの便箋に縦書きするのが基本です。封筒の表書きは、白い封筒に入れ、「○○履歴書在中」とします。

履歴書

履歴書

身上書

身上書

婚のマナーと作法

[ 結婚についての基礎知識 ]結婚についての基礎知識お見合い[ お見合い ]