婚のマナーと作法 お見合い

お見合い

現代の若い女性の多くが、見合い結婚を古い因習と考えているかもしれませんが、男女双方の意志が尊重される現代の見合い制度が行なわれるようになったのは、それほど古い話ではありません。江戸時代には、結婚する当人の意志はまったくかえりみられずに、家長同士の意志で結婚が決められ、当人は結婚当夜に初めて顔を合わせるというのが、武家の婚姻の伝統であり、この形は庶民の富裕階級に広まりました。
そこに見合いが取り入れられるようになったのですが、それも明治時代までは縁談がまとまったあとの見合いで、しかも、男が女の家に招かれて、茶菓子を運んで挨拶する娘を見たあと、男が娘との結婚を承諾すれば、承諾の印として扇子を置いてくるといった女性無視の一方的なものでした。
最近は、結婚相談所によって行われるパーティ形式やお見合いの場所もカジュアルな場所で行われるようになってきています。
でもやっぱり日本人が想像するお見合いは、和装で着飾って形式を重んじたお見合いも経験して良いでしょう。
お見合いは結婚相手を探すのが目的ですから、結婚相手としての条件を前提にお見合い相手を探します。そういった意味では本当に結婚を望んでいる方にとって非常に合理的なシステムであると思います。
また、合理的なシステムであると先ほど述べたわけですが、お見合いとはいってもあくまで男女の出会いの場のひとつです、お互いが合意のうえで結婚に至ります。ですから、恋愛結婚と本質的には変わらないものではないでしょうか。

お見合いの場所、時間の決め方

お見合いの日取りは当たり前ですが、お見合いの主役である本人達の都合に合わせます。
一般的には、大安、友引の吉日がよく選ばれます。
両方に時間のゆとりのある日が良いのですが、仕事の都合を考慮して、土曜、日曜、祝日の昼間で女性の都合を優先して調整します。これは、レディーファースト的な考え方でもありますが、何より女性は男性と違い、体調的にお見合いを避けたい時期もあります。
ただ、多様化する最近の職業事情から、この一般論もなかなか通用しなくなってきています。
また、双方は親しいわけでもありませんから、どの程度どのように日時について気にする方なのか、この段階では分からないのが現状ですから、できる事なら吉日を選びましょう。
お見合いスタイルがそれほど厳粛ではないカジュアルなものであったとしても、 仏滅などは避けます。
初回のお見合いは大体、2〜3時間で切り上げるのが常識ですので、もし多忙な方は、半日休暇などを有効に利用するのも手です。
ただし、短時間だからと言って、仕事の合間や仕事帰りにお見合いというのは、なかなか難しいです。
例えば、急な仕事などが入り、遅刻やキャンセルという可能性も無きにしもあらず。お見合いはお互いの両親や世話人なども出席しています。
気軽なデート気分で、日程を組むのは色々な人に迷惑をかけてしまいますから、気をつけましょう。

お見合いの席の座り方

今はホテルのロビーや喫茶店でお見合いの席が設けられたりしますが、その場合、仲介者は女性の立場を考えて、照明、光線、背景など、女性が美しく見える場所を選んであげる配慮が望ましいでしょう。

仲人と両親が同席の場合

見合いの席には、一応席次があります。和室では床の間に近いほうが上座で、洋室では入口から遠い方が上座です。また左右では、左側(部屋の上座に向かって右側)が上座になります。
見合いの席次では、男性側が上座(向かって右側)に座り、女性側が向かって左側に座ります。

仲人と付添人が同席の場合

部屋の上座に仲介者、そしてその向かい側に仲介者夫人が座り、その左右に男性側、女性側が座ります。
この場合も、部屋の上座、(仲介者の席)に向かって右側に男性側、左側に女性側が座ります。この場合も、部屋の上座、(仲介者の席)に向かって右側に男性側、左側に女性側が座ります。
それぞれの側でも、男性が上位というしきたりですが、本人同士が正面に向かい合って座るとどうしても緊張しやすいので、最近は仲介者、仲介者夫人、あるいは付添人と席を入れ換えて、本人同士が対角線に斜めに座るように工夫されることが多いようです。

仲人と当事者の場合
仲人と当事者の場合

部屋の上座に向かって右側に男性と仲介者が、左側には女性と仲介者夫人が座ります。

お見合い 場所の設定

ホテルのラウンジ、高級料亭、レストランの個室、喫茶店などが一般的に利用されます。
女性側が指定するケースが多いようです。
時間は、食事どきをはずし、午前10時から昼まで、午後なら1〜3時ぐらいが一番多いようです。いきなり食事と言うよりは初回はティータイムの方が、 緊張せずにお見合いを進行できるからです。初回のお見合いは大体2〜3時間で切り上げるのが普通ですので、 予約も3時間ぐらいで会場手配は世話人が行うのが通常です。

お見合いの服装

お見合いは、初対面ですから服装はラフなスタイルは無作法です。
当日の場所などにより、双方のバランスが調和するように心がけるようにしましょう。
また、清潔できちんとした印象をまず心がけましょう。
世話人の方は双方に同意を得ておくことが必要です。世話人の方や付き添い人の服装も当事者の服装のバランスを考えた方がよいです。

男性の服装

プレスのきいたビジネススーツかダークスーツに清潔な白ワイシャツが基本
絵柄のシャツや派手なネクタイは避けます。
爪やひげなどに気をつけます。靴もきちんと磨いておきます。

女性の服装

洋装ならフォーマルなスーツかワンピース、ブラウス、スカート
和装なら、訪問着か小紋、付下げ程度にしましょう。
派手なヘアスタイル、厚化粧、ネイル、香水は控えた方がよいでしょう。
アクセサリーも控えめして、あくまでも清潔さ、爽やかさを心がけましょう。

婚のマナーと作法

[ 縁談 ]縁談婚約[ 婚約 ]