婚のマナーと作法 婚約

婚約

婚約は、二人が将来の結婚を誓い合うものですが、これを親や世話人に報告し、そして世間に発表して公のものとすることで正式な婚約になります。
この時点から二人は婚約者同士として、結婚への第一歩を踏み出すことになります。
ふたりだけの口約束でも婚約にはなりますが、実際には、二人の決意を公表し、広く社会に認めてもらうことで成立します。最近は恋愛結婚が増えて、形式にこだわらないで婚約を省略していきなり結婚することも多くなりました。
一般的には、結婚の約束を社会的に明らかにするという形で婚約を公に成立さてる形です。その際、両家をよく知る社会的に信用のある人に立会人になってもらい、立会人を通じて婚約が発表されるというケースが多く縁談、見合いの世話をしてくれた仲介者がいる場合は、その仲介者がそのまま婚約の立会人となり、結婚の仲人、そして媒酌人となるのが一般的です。縁談、見合いで結婚がまとまった場合、婚約は結納という形をとります。
また、万が一トラブルが発生した場合、口約束だけでは社会的、法的な責任は問いにくいものです。信頼関係があるから心配は無用という場合もありますが、お互いのためにも責任のある婚約の形が望まれます。
回りの人たちに認められ、祝福されることで、二人の自覚は高まり、精神的にも物質的にもスムーズに結婚の準備が進められます。

婚約発表の方法

婚約には法的な手続きは必要ありません。婚約発表の形や方法もこれといった決まりはありません。伝統的な形として結納がありますが、ライフスタイルや価値観が多様化する今日では、結婚式のスタイル同様にさまざまな婚約発表の形があります。

婚約指輪

婚約として、一般的に男性が女性に婚約指輪を贈りますが、その逆のケースもあります。婚約記念品という形でプレゼントを交換することもありますが、やはり男性が女性に婚約指輪を贈り、それに対して女性側から婚約指輪か婚約記念品が贈られる、というのがポピュラーなケースです。
婚約指輪は、正式にはダイヤモンドという説もありますが、宝石の種類には特にきまりはありません。一般に誕生石の指輪を贈るケースが多いようです。誕生石とは限らず、相手が希望する石でもかまいません。指輪の台はプラチナか金で、リングの内側に婚約の年月日、二人の名前のイニシャルを彫り込みます。
女性からの婚約記念品は、ネクタイ、ピン、カウスボタン、腕時計、万年筆、ベルト、シガレットケース、ライターなどで、やはり婚約年月日と二人のイニシャルを掘り込みます。

ダイヤモンドを選ぶ際の基準

ダイヤモンドの輝きの秘密は「4C」と呼ばれ、ダイヤモンドに使われる独特の基準にあります。
カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(カットの善し悪し)というCで始まる4つの基準によって品質が決定します。
この4つのCを高いポイントで満たしているダイヤモンドが最高のものです。でも、これを手に入れたいと思うなら、それ相当の金額を用意しなければなりません。二人で考えている予算もあると思いますので、選ぶときには自分なりの基準を設けて選ぶのが良いでしょう。とにかく大きくて豪華に見えるものを、という人はカラットが大きいものを、小さくても品質の良いものを、という人はカラーやクラリティを選ぶ基準にすると良いでしょう。

婚約指輪の相場

婚約指輪の相場は、平均で35万円程度ですが、もちろんこれに囚われることはありません。カラットの相場は3.0ct〜0.4ct未満。
婚約指輪のお返しの相場は婚約指輪の値段の相場に比べグッと下がって平均17万円ほどとか。約半額ぐらいのようです。男性には婚約指輪を贈るというよりは時計や洋服、ネクタイピンや財布など普段使う品を記念品として贈る方が多いようです。エンゲージリングのブランドで人気が高いのがティファニーとカルティエ。有名ブランドの割に価格の相場もそんなに高くないことが原因かもしれません。
婚約指輪は挙式の7〜8ヶ月前、結婚指輪は3〜4ヶ月前頃から検討しはじめる方が多いそうです。婚約指輪は一般的に婚約記念品といわれます。つまり婚約をしたときに、男性から女性に贈られる品で、プロポーズの際に女性に贈られたり、または、両家の顔合わせ時や結納の時に贈られたりします。
一般的には婚約指輪になりますが、女性への贈り物として普段から用いられる時計やネックレスなど別の宝飾品に代用されることもあるようです。

婚約披露パーティー

婚約披露パーティーといっても、プロの司会が入る結婚披露宴とは違い、二人で相談して内容を自由に決めるのが魅力です。
二人の婚約を発表し、お酒や簡単な食事を楽しみながら、皆から祝福してもらうという、カジュアルな婚約式です。
おしゃれなカクテルパーティーやティーパーティーでもいいですし、簡単な料理を手作りして、ホームパーティーやガーデンパーティーにしても良いと思います。
あくまでも内輪のパーティーですから、主催者には婚約した二人がなり、両家の両親、兄弟、ごく親しい友人や同僚などを招待します。
婚約は、二人が将来の結婚を誓い合うものですが、これを親や世話人に報告し、そして世間に発表して公のものとすることで正式な婚約になります。
この時点から二人は婚約者同士として、結婚への第一歩を踏み出すことになります。

婚のマナーと作法

[ お見合い ]お見合い結納[ 結納 ]