婚のマナーと作法 結納

結納

結納は日本の伝統的な婚約式の形式です。今も受け継がれている儀式が「結納」です。
結納は長い伝統に培われた約束事ですから、現代でも地方によっては昔から伝わる習慣が大切に守られている所もあります。
そうした中ででも結納の内容は時代とともに少しずつ変化し、首都圏を中心に簡略化の方向に向かっているようです。
昔のように家と家との結びつきを重視するのではなく、結婚する二人の意思を尊重し、結婚に向かうステップの一つとして結納がとられているものと思われます。
また、結納ではなく「顔合わせ」という形で、「お食事会」を持つケースが増えています。
結納品は用意せず、両家が揃って食事をする中、結婚記念品だけ交換するといった儀式に捉われないスタイルも現在の主流になっています。
恋愛結婚の場合は二人だけで結婚を決めてしまい、両家の人たちは結婚式までろくに顔を合わせる機会もないこともあります。

結納の形式

現在は、略式結納が一般的になっています。
仲人が使者になり、両家を往復して結納を取り交わすという形式が一般的でした。
しかし、結婚する二人の家が遠い場合や手順が複雑で仲人の負担が大きいということから、最近では仲人宅か女性宅、ホテルや料亭で両家合同で行う結納式が主流です。
この結納の仕方なら仲人の負担も軽くなりますし、結納が終わった後両家で食事をしたり、挙式の打ち合わせも兼ねることができるというメリットがあります。
料亭やホテルの一室を借りる場合は、前もって結納をする旨を伝えておけば、接客係がきちんと配慮してくれるはずです。
結納を行う場合は、形式にとらわれず、両家で話し合ってスタイルや内容を決めると良いでしょう。

本格的結納

仲人を立て、仲人が両家を行き来して結納品を交わします。

略式結納

仲人を立てず両家がどちらかの自宅(女性側が多い)や式場、料理屋などに集まって、結納品をお互いに交わします。

結納パック

結納品や会食の手配をしてくれるのはもちろん、結納の席での進行や口上なども教えてくれます。

顔合わせ・食事会(結納をしない)

どちらかの家、レストランや料亭などで両家揃って食事をします。結納品は用意せず、結婚記念品を交わします。

結納も食事会も行わない

事情により、このケースもあります。

結納品の意味

9品目の結納品を紹介しましょう。(5品目の場合は一から五まで、7品目の場合は一から七まで)

一.
目録
もくろく
結納の品名と数量を記したもの。
二.
長熨斗
ながのし
あわびののし=あわびは長生不死の貴重な海産物。
三.
金包
きんぽう
結納金=男性側から女性側へ御帯料または御小袖料として、女性側から男性側へ御袴料として現金が贈られる。数量は、それぞれ一対。
四.
末広
すえひろ
白無地の扇子。寿恵広とも書く=純白無垢と家運の末広がりを象徴。数量は、それぞれ一対。
五.
友志良賀
ともしらが
共に白髪になるまで仲むつまじくという願い。数量は一台。
六.
子生婦
こんぶ
昆布=子孫繁栄を象徴。数量は一台。
七.
寿留目
するめ
するめ、寿留米、寿留女とも書く=堅実さの象徴、不時に備えての食料の意味も。数量は一台。
八.
勝男武士
かつおぶし
かつお節。勝男節、松魚節とも書く=男として強さの象徴、不時に備えての食料の意味も。数量は一台。
九.
家内喜多留
やなぎだる
柳樽=清酒を入れる朱塗りの祝い樽で、家内円満の願い。今では酒の代わりに現金が贈られる。数量は一荷。

結納式での席次

日本間の席次(上座と下座)  
日本間の席次(上座と下座)

和室の場合、本来床の間に一番近い席が最高の上座になります。そして床の間を背にして左側、つまり、わかりやすく言えば、床の間に向かって右側が上座で、ついで、やはり床の間に向かって左側の座、さらに右側の次の座という順位になります。したがって一応、床の間に向かって右側が上座になります。

結納式の席次(正式)  
結納式の席次(正式)

結納式は、正式の結納式では、床の間に向かって右側に、本人、父、母の順に座って仲人を迎え、仲人、仲人夫人は床の間に向かって左側に座り、対面する位置をとるのが通例です。

結納式の席次(略式)  
結納式の席次(略式)

略式の場合は、床の間に向かって右側に男性側の本人、親の順に座り、左側に女性側の本人、親の順に対面して座ります。仲人、仲人夫人は、床の間に対面して、男性側、女性側を右、左に見る位置に並んで座ります。
略式の場合は、親は父母いずれか一人でもよいが、最近は、両親が出席するケースが多いようです。

仲人・本人・両親の口上(例)

仲人を立てる場合は、仲人が場を取り仕切ります。仲人を立てない場合は、両家の親が一般的で、男性側の父親が進行、父親同士が結い納品を交わす形が一般的です。

正式の結納の場合

仲人がまず男性側の家を訪ねて部屋に通されると、双方が席に着いてから、茶菓子が出されます。お茶は不祝儀に使われことが多く、嫌われることがありますので桜湯か昆布茶がいいでしょう。一服したあと、まず仲人が口上を述べます。

 仲人 本日は、お日柄もよく、おめでとうございます。
 本人 お役目、誠にご苦労様でございます。どうぞよろしくお願いします。
 両親 結納の品々は、仰せにしたがって整えてございます。どうぞご確認ください。
 仲人 拝見いたしました。結構でございます。ただ今より、先方に納めて参ります。
 仲人 ただ今、○○男様より△△子様へのご結納の品々をお預かりして参りました。幾久しくご受納ください。
 本人 ありがとうございます。幾久しく受納いたします。受け書でございます。どうぞお納めくださいませ。
 仲人 確かにお納めいたします。
 両親 お役目、まことにご苦労様でございました。粗茶でございますが、どうぞおくつろぎください。
 本人 恐縮ではございますが、この結納品を○○男様に幾久しくお納めいただきたく、よろしくお願い申し上げます。
 仲人 かしこまりました。ただいまより参上いたします。
 両親 お役目、ご苦労様でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 仲人 △△子様もご両親もたいそうお喜びになられ、ご結納品を幾久しくお納めくださいました。これが受け書でございます。
 本人 お役目、ご苦労様でございました。
 仲人 こちらは△△子様からお預かりさいたご結納品でございます。幾久しくお納めくださいとのことでございます。
 本人 ありがとうございます。幾久しく受納いたします。△△子様には、その旨どうぞよろしくお伝えください。これが受け書でございます。どうぞお納めください。
 仲人 確かにお納めいたします。これでお役目を滞りなく果たすことができました。お二人のために、まことにおめでたく存じます。
 両親 ありがとうございます。お陰様で結納式も滞りなくすみまして、あとは婚礼の日を待つばかりでございます。これからもなにとぞよろしくお願い申し上げます。粗酒ですが、一献さし上げたいと存じますので、どうぞおくつろぎください。
 仲人 ○○男様もご両親もたいそうお喜びになられ、ご結納品は幾久しくお納めくださいました。これが受け書でございます。
 本人 お役目、ご苦労様でございました。
 仲人 これでご結納品の交換が滞りなくすみました。お二人のために、まことにおめでたく存じます。
 両親 本日はまことにありがとうございました。お陰様で、あとは婚礼に日を待つばかりでございます。これからも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。粗酒ですが一献さし上げたいと存じます。どうぞおくつろぎください。
略式の結納の場合
 仲人 本日はお日柄もよく、おめでとうございます。このたびはお二人のご婚約がめでたくととのいましたこと、お喜び申し上げます。ただ今より、ご結納の交換を執り行なわせていただきます。
 仲人 ○○様からのご結納品でございます。幾久しくお納めください。
 男性 どうぞお納めください。
 女性 ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。
 女性 受け書でございます。どうぞお納めくださいませ。
 仲人夫人 確かにお納めいたします。ご結納の受け書でございます。
 母親 ありがとうございます。
 仲人 お役目を滞りなく果たすことができました。本日はお二人のご婚約がととのいまして、まことにおめでとうございます。
 男性側 お役目ご苦労様でした。お陰様で結納が無事にすみまして、あとは婚礼の日を待つばかりでございます。これからも、なにとぞよろしくお願いします。
 仲人 私どももふつつかで、ご両家にご満足いただけるかどうかわかりませんが、できるかぎりお役目を果たす所存でございます。
 仲人 (妻)粗茶(粗酒)を用意しておりますので、どうぞ皆様、おくつろぎくださいませ。

婚のマナーと作法

[ 婚約 ]婚約挙式前の準備[ 挙式前の準備 ]