婚のマナーと作法 招待客の決め方

招待客の決め方

挙式の参列者は、家族と主な親戚、先輩、親しい知人、友人に限定されるから決めやすいが、披露宴の招待客となると、両親主導か新郎新婦主導かによって選び方も変わってきます。
披露宴に招待するのは本人が世話になった方や親しい方が中心で、おじおばなどの親戚、学校時代の恩師、親しい知人、友人、小中学校の同級生、職場の上司、先輩、同僚などでしょう。親の仕事上の関係者については、親の仕事を受け継ぐような場合には、若夫婦として今後親交を持つことになるのですから招待すべき方々といえます。
両親主導だと、体面や義理が重んじられ、ことに父親の交際範囲が広いと、親関係の招待客が多くなりがちです。しかし、新郎新婦当事者の門出ですから、両親とよく話し合い、新郎新婦の交友関係を中心に選ぶことを両親に了解することが大事です。その場合でも、多少は両親の事情を考慮したほうがいいでしょう。
リストアップした結果が、予約した披露宴会場の人数をオーバーしてしまったときは削らなくてはなりません。この場合は、本人の交友関係を中心に調整することです。また二次会をするなら、友人や後輩などはそちらに回ってもらってもいいでしょう。
なお、男女で人数を揃える必要はありません。親戚の人数やこれまでの生活環境で差が出るのは当たり前のこと。むしろ人数を合わせるために無理な人選をするほうが、披露宴の雰囲気が今一つ盛り上がらないことになりかねません。関係者の範囲が偏らないように配慮すれば、あとは予算とにらみ合わせて人選すればいいのです。
またどうしても出席してもらいたい方や遠方から招く方には、正式な招待状を出す前にお知らせし、お願いしておきます。

遠方客の旅費、宿泊費は

遠く離れて住んでいる人に是非出席してもらいたい場合には、旅費、宿泊費を全額負担するのがエチケットです。といって現金のやり取りをするのは見苦しいので、前もって飛行機にするのか列車にするのか予定を問い合わせてチケットを手配して送るようにすればいいでしょう。またホテル、旅館など宿泊の手配もして、宿泊費はこちらが支払うようにします。招待状にその旨を一筆書き添え、出席の返事が来たら、交通機関、宿泊日を問い合わせします。

また、二次会以降出席者は自腹、但し二次会代はタダとすれば、先方の負担はやや増えますが切れが言い感じにおさまります。とはいえ、各出席者の皆様それぞれの事情もあるでしょうから、まずは平等感を重視した上記のようなルールを率直に提示した上で、先方の意見を丁重に伺い、御好意に甘えるあるいはより手厚いケアを行うようにすれば良いのではないかと思います。

招待状の書き方

結婚式招待状には忘れてはいけない、書き方のポイントがあります。それは、「分かりやすくシンプルに」です。招待状に必ず書かなければいけないことは、「日取り」、「式場の場所」、「新郎新婦の名前」、「挙式のスタイル」といった点です。
かつて結婚とは「家と家の結びつき」と考えられていましたが、最近では「個人と個人の結びつき」と考える人も増え、仲人さんがいない結婚式も増えてきています。そのためか、招待状の差出人には、親の名前ではなく新郎新婦の連名にする方も多くなりました。
スピーチや受付をお願いした友人や知人の方には、招待状でなにか一言添えたいものですよね。そのときには、追伸のカードを入れておくといいでしょう。忘れがちになってしまいですが、これは招待状を送るときの大切なポイントです。追伸のカードとは別に小さなカードを招待状に同封する方も増えてきています。そのカードに名前や住所、メッセージなどを事前に書いてもらい、受付で集めるのです。以前は受付で出席者が名前などを記載して混雑していたのですが、このようなスタイルにするとスムーズにすみます。
出欠の返事の最終期日も入れますが、遅くとも十日前には返事がもらえるように、一ヶ月前に出すようにします。また平服でもよい場合は、その旨書いておきます。
なお、挙式にも出席してもらいたい場合や祝辞を頼みたい場合は、一筆添えておくことです。

文面には、媒酌人夫婦の名前、日時、会場を入れますが式場の略図を添え、最寄りの駅から道順、車の道順、駐車場の有無、式場の住所、電話番号も入れておきます。

出欠の返事は早めに

招待状をいただいたら早めに返事を出すようにしましょう。
返事を早く出すことは、おふたりへの「おめでとう」のお祝いの気持ちの表れになります。
はがきの余白にお祝いの言葉を添えると、より一層、おふたりへの祝福の気持ちが伝わります。 ぜひ、一言添えて、返信しましょう。
返信はがきを送る時期招待状に書かれている期限内に出すのはもちろんですが、なるべく早く返信するようにしましょう。
席次やお料理の数などを手配しなければならない新郎新婦は、そのはがきを待っています。招待状が届く前に、電話などで出欠の返事をすることもありますが、その場合でも返事のはがきは忘れずに。
事情があってすぐに出欠が決められない場合は、その旨を先方に伝えて相談しましょう。

招待状の返信はがきの書き方

宛名の「〜行」や「〜宛」を二重線で消して、「〜様」と書き込みます。
出席する場合は、「御出席」の「御」と「御欠席」を二重線で消し、「出席」を○で囲みます。住所、電話、名前についている「御」「御芳」も二重線で消します。お祝いの言葉をひと言書き添えるだけで、慶びの気持ちが伝わります。
欠席する場合は、「御欠席」の「御」と「御出席」を二重線で消し、「欠席」を○で囲みます。住所、電話、名前についている「御」「御芳」も二重線で消します。招待へのお礼と欠席の理由を書き添えましょう。

招待客の席次の決め方

結婚式をする上で、大切になってくるのが、主賓、親族などの席次の決め方ですよね。現在結婚式が挙げられる場合、基本的な配置としてはおおまかに分けて2通りだと思われます

一つのスタイルは長いテーブルを並べての披露宴、2つ目のスタイルは円卓(丸テーブル)を利用する場合は、基本的な席次の決め方として、どちらの披露宴の場合でも、新郎新婦が座る席(高砂)に一番近い席が上座になり、主賓、上司、先輩、友人、親族、両親の配置になります。
両親は高砂から一番遠い場所(下座)に配置することがポイントです。
一般的な席次マナーとして、中央奥の新郎新婦のメインテーブルには、招待客から見て右に新婦・左に新郎、新郎の左には媒酌人、新婦の右には媒酌人の夫人の順番で座っています。
招待客の人数にもよりますが、この高砂から一番近くになる場所に、主賓が座る配置になります。それぞれの主賓、上司、友人、親族を新郎側、新婦側に分けるような配置の決め方をすることが大切です。

円卓(丸テーブル)で結婚式をする場合は、主賓が新郎新婦を見る場合など、体を曲げなければいけない配置になると思いますが、それは失礼にはあたりません。
あくまでも、披露宴では席次の順位、特に主賓に関しては上座を配置する決め方をすることが大切です。

また、高齢の方などの場合トイレなどに近い出入り口の付近の席にするなど、事前に遅れてくることが分かっている方の場合もあまり目立たないように入れってこれるような場所の決め方をするといいです。
もちろん、身近な友人や親族のみだけで結婚式を挙げる場合には、円卓などで上座・下座などもあまり気にせずみなさんが楽しんでいただける席次にしても問題はありません。
新郎新婦を見えやすい位置にしたり、友人などの希望を聞いたりと。また、インターネットで検索するといろいろな席次テンプレートがダウンロードできますので、席次の決め方に悩んでらっしゃる方は一度ご覧になるのもいいかもしれません。

婚のマナーと作法

[ 挙式前の準備 ]挙式前の準備新生活の準備[ 新生活の準備 ]