婚のマナーと作法 結婚式前の心得とマナー

結婚式前の心得とマナー

結婚式にはさまざまな形式がありますが、どの形式にあれ厳粛な儀式という点では同じです。新郎新婦、親族はもちろん、列席者全員が厳粛な気持ちで望みます。挙式・結婚式の当日は準備や身支度に時間がかかるものです。式場で行なう場合は、両家に別々の控室が用意されています。控室で式場の係員から結婚式についての説明があります。
式次第についてもその都度、係員が具体的に指示してくれますから、まごつくことはありません。一応、新郎、新婦、両親をはじめ親族、媒酌人夫婦などは、あらかじめ心得とマナーを知っておくべきでしょう。

新郎の場合

式場には1時間半ほど前に到着するようにしましょう。式場に着いたら、身支度を整え、周囲の祝福ににこやかに丁重に挨拶を返し、一段落したら式場の係員、司会者と進行について再確認します。式場で誓詞(せいし)(誓いの言葉)を読むのは新郎の役割というケースが多いようです。誓詞の様式を式場で用意しているところもありますが、もちろん、自分で書いてもいいです。前もって読む練習をしておきましょう。なお、新婦側の控室への出入りは慎むのがエチケットです。
新郎は新婦と違って動きやすいのですが、必要以上に動き回ることもありません。また、親しい間柄でもなれなれしい口調で長々と話すのは控えましょう。媒酌人には、式前に親族を紹介します。また、新婦の控え室にも出向き、相手の親族に前もってあいさつをしておきましょう。

新婦の場合

両親、兄弟に折り目正しく挨拶をすませてから式場に向かいます。式場には3時間前に入ることです。その前に栄養価の高い食事をとっておきます。トイレの関係も考えて、水分は控えます。式場に到着したら、美容師、着付係にかかる前にトイレに行っておきます。
今日一日の主役で、注目の的となっているから、はしゃぎすぎることなく、つつましやかな態度を忘れないようにします。
花嫁姿を美しく見せるためには、スマートな身のこなしが大切です。静かにゆっくりとした動作を心がけ、つねに背筋を伸ばしていましょう。
動作はゆっくり優雅に結婚式の主役である新婦は、つねに列席者の注目を浴びます。着慣れていない衣装のせいで、なかなか普段どおりの動作はできませんが、せっかくの晴れの舞台、美しい身のこなしを心がけましょう。
まず背筋を伸ばし、正しい姿勢を保つこと。肩の力を抜いて、肩甲骨を後ろに引くような感じで胸を張りましょう。おじぎは15〜30度くらいの角度で浅く、このとき、首だけを傾けないようにします。

家族の場合

正式には、媒酌人夫婦は新婦の家へ迎えに行き、一緒に式場に向かい、花嫁の支度を見守るのがしきたりですが、花嫁の支度が長くかかるので、花嫁側が辞退するのが普通になっており、今では式場に直接行くことが多いようです。
式場には一時間前までには着くようにします。媒酌人は新郎方の控室へ、媒酌人夫人は新婦方の控室へ入るのがしきたりです。媒酌人は新郎および新郎の両親、親族に、夫人は新婦、新婦の両親、親族に祝福の挨拶を述べます。一段落したら媒酌人は、式場の係員、司会者と最終の打ち合わせをします。夫人は新婦に付き添って、衣装の着くずれなどに注意して細やか心を配り疲れないようにします。

ご祝儀

仲人夫妻や両家の主賓、乾杯の音頭を取ってもらう人には、送迎の車を出すか実費程度の「お車代」を渡します。車代は一時的に立て替えてもらうことになりますから、必ず当日の内に渡しましょう。
ご祝儀については、まずハイヤーの運転手に、本人か親、配車係、または世話役が渡します。美容師や着付係には、支度に入って挨拶する際に本人か母親から渡します。
宴会係には責任者が控え室に挨拶に来た時に、本人か親が「皆さんで」といって渡します。

各係への心付けの目安
係 名
金額の目安
 美容師・着付係(チーフ)  5,000円〜1万円
 美容師・着付係(アシスタント)  5,000円〜5,000円
 宴会係  5,000円〜5,000円
 介添人  5,000円〜5,000円
 運転手  3,000円〜5,000円

婚のマナーと作法

[ 新生活の準備 ]新生活の準備神前結婚式[ 神前結婚式 ]