婚のマナーと作法 神前結婚式

神前結婚式の式次第

一.参進(さんしん)
係員の指示に従って雅楽の奏でる中、新郎新婦が本殿へ入場します。
続いて媒酌人、両親、兄妹、親戚の順に整列します。
神殿に入場し、神殿に向かって右に新郎側、左に新婦側が座ります。

一.修祓(しゅうばつ)
これから神前にて御婚儀の神事を行うにあたり、一同起立して一礼し頭を下げて新郎新婦並びに御両家の参列者を神官がお祓いします。

一.献饌(けんせん)
神様にお供え物を召し上がっていただきます。

一.祝詞奏上(のりとそうじょう)
目出度く夫婦となりますことを神様に感謝し、これからは助け合い、仲睦まじく暮らせるよう御祈願します。神官が祝詞を朗読。神前にふたりの結婚を報告します。

一.三献の儀(さんこんのぎ)
新郎新婦がより強固に結ばれることを目的とした固めの盃です。
新郎新婦は起立し、巫女の介添えで三三九度の盃を受けます。
杯に口を軽く2度つけて、3度目に飲み干します。
※必ずしも飲む必要はありません。

一.誓詞奉読(せいしほうどく)
夫婦が永遠の契りを神様に誓う儀式です。
新郎新婦が玉串案の前に並んで立ち、新郎が誓いの言葉を読み上げます。
※内容は決まっており、式場側が用意しているものを読み上げるだけです。
しかし、日常は使用しない言葉も多いので、口に出して練習しておいた方が良いでしょう。

一.新郎新婦玉串奉奠(しんろうしんぷたまぐしほうてん)
玉串を奉り、神様の御神徳を授かります。
新郎新婦が並んで神前にすすんで玉串を捧げ、2礼2拍手1礼をします。
玉串の捧げ方
(1)玉串の枝を上から、葉のほうを下から支えて神殿に進ます。
(2)右手をかえして葉の先が神殿に向くようにします。
(3)左手を枝の方へ引き寄せ、右手をかぶせるようにして左手と入れ替えます。
(4)左右の手の平が下に向くように枝を前方に向けて捧げます。
※2礼2拍手1礼は、まず背筋をしっかり伸ばして神前に立ち、両手を身体の脇に付けておじぎをします。手を2度うつ時は、一度目のあとで、あわせた手の片手を引いてからうつようにします。新郎新婦のあとは媒酌人夫妻が行います。

一.指輪交換(ゆびわこうかん)
お互いの指輪を交換し、永遠の契りを約束します。
最初は新郎から新婦へ、次ぎに新婦から新郎へ行います。
※同じデザインなので、結構間違うカップルも多いのでご注意をしてくだい。

一.媒酌人玉串奉奠(ばいしゃくにんたまぐしほうてん)
御両家の代表の玉串拝礼にあわせて、ご参列の皆様全員が、新郎新婦のご多幸をお参りします。
御両家の代表の玉串拝礼にあわせて、ご参列の皆様全員が、新郎新婦のご多幸をお参りします。

一.親族結盃(しんぞく かためのさかずき)
御両家の皆様が御婚儀を祝福し、御両家が強く結ばれるための乾杯です。

一.神官挨拶・退場
斎主が挨拶し、全員起立して拝礼。斎主退場した後、新郎新婦媒酌人、親族の順に退場します。

誓詞

誓詞

婚のマナーと作法

[ 結婚式前の心得とマナー ]結婚式前の心得とマナーキリスト教結婚式[ キリスト教結婚式 ]