婚のマナーと作法 キリスト教結婚式

キリスト教結婚式

教会で行なわれる結婚式は、荘厳なオルガン演奏、威厳ある牧師の言葉、白いヴェールにバージンロード等々、ロマンティックなイメージに憧れる人も多くて人気があります。キリスト教徒でもないのに教会で結婚式を挙げるカップルの多いのには、考えさせられます。
日本で行われるいわゆる「キリスト教式結婚式」は、キリスト教徒の結婚式を模したのが結婚式です。すなわち本物の教会堂や聖堂でなく、結婚式のためだけにつくられた教会堂風の施設において、特定の教会に所属しない者によって行われるケースが大多数です。
また、様式としてもカトリックとプロテスタントを混同している場合も多いようです。
現在の日本では、キリスト教徒は人口の1%程度ですが、信仰とは無関係に、キリスト教徒を模した挙式を望む人が非常に多く、マスコミなどがキリスト教形式の宣伝を繰り返し、一般的となっていることや、ウェディングドレス等がおしゃれで華やかという理由があるようです。このようなニーズを受けて、ホテルや結婚式場ではいわゆる 「キリスト教式結婚式」のプランが準備され行われています。 一般的な進行としては、牧師が司式し、主に先に新郎が入場して祭壇の前で待つ。ウェディングブーケを持ち、ウェディングドレスを身にまとった新婦がエスコートする者(通常は実父)と共に入場。中央通路を進み、エスコートする者が新郎に新婦を引き渡します。
賛美歌(聖歌)、聖書の朗読、誓いの言葉、それに対する祝福、指輪の交換などが行われます。
また、新郎新婦が建物から退場する際に、友人・親族等によって、ブーケ・トス、ライスシャワー、フラワーシャワー等が行われています。
参列者の最大のマナーは、花嫁が通る道として純白の布が敷かれるバージンロードは決して踏まないことです。バージンロードは会堂の中央通路に敷かれているので、両サイドを通るようにします。教会の指示に従うのが絶対のマナーで、私語は慎んでください。歌われる讃美歌はあらかじめ印刷されたものが配られるのが普通ですが、信者でなければ歌う必要はありません。

キリスト教結婚式の席次

キリスト教結婚式の席次

教会結婚式の進め方

下記は、プロテスタントの大まかな式の流れを記載しています。

一.参列者入場
祭壇に向かって右側に新郎関係者、左側に新婦関係者が着席します。
入場する際には、中央のバージンロードを踏まないように気をつけておきましょう。
また、バージンロード沿いの席に空席ができないよう、バージンロード沿いの席から座っていきます。

一.新郎入場
祭壇の前で新郎がウエディングマーチの演奏とともに、祭壇右側から仲人・友人(ベストマン)らと入場します。

一.新婦入場(参列者起立)
新婦が父親とともに、バージンロードを歩きながら入場します。
この時、一同起立して父親が新郎に新婦を引き渡すのを見守ります。

一.讃美歌斉唱
全員起立したまま、オルガンに合わせて讃美歌を合唱します。
歌い終わったら着席します。

一.聖書朗読、祈祷(参列者着席)
牧師が聖書の一節を朗読して、新郎新婦のために神に祈りを捧げます。

一.誓約
新郎新婦が結婚を誓う儀式。牧師が新郎、新婦の順に問いかけます。
「(新郎の名前)、あなたは(新婦の名前)と結婚し、神の定めに従って婚姻を結ぼうとしています。あなたは、その健やかなときも、病めるときも、つねにこれを愛し、これを敬い、これを慰め、これを重んじ、これを守り、その命の限り、固く節操を守ることを誓いますか?」等、新郎新婦に結婚の誓いを求め、新郎新婦が参列者の前で結婚を誓います。

一.指輪の交換
新郎から新婦の指へ、新婦から新郎の指へ
牧師の祝福を受けた指輪をお互いの左手薬指にはめます。

一.祈祷・結婚宣言
新郎新婦の右手を重ねた上に、牧師が手を置き祝福があるように神の恵みがあるよう祈ります。結婚を宣言します。

一.ベールオープン

一.讃美歌斉唱・誓約書署名
全員起立して讃美歌を合唱する 新郎新婦の順に誓約書に署名します。

一.祝祷
牧師が祝福の祈りを捧げます。

一.新郎新婦退場
新郎新婦は腕を組んでバージンロードを歩きながら退場します。

カトリックとプロテスタントの違い

キリスト教結婚式は、プロテスタント(新教)とカトリック(旧教)の二つのやり方に大別されます。但し、正教会の様式が参考にされているケースはありません。
宗教儀式であるため、その他の宗派により式次第など様々な違いがあります。

   カトリック  プロテスタント
 祈りの場所  聖堂  礼拝堂
 司祭の呼び名  神父様  牧師 先生
 バージンロードの色  赤又は緑  白
 結婚講座  必須  教会による
 再婚者の結婚  死別以外不可  理由により可能

信者と一般の式の違い

プロテスタントの場合、信者の結婚式では牧師の説教の時間が多いようです。説教だけで30分ほどの時間を取り、式全体では1時間ほどになります。
また信者の場合、口づけはほとんどしません。

婚のマナーと作法

[ 神前結婚式 ]神前結婚式仏前結婚式[ 仏前結婚式 ]