婚のマナーと作法 会費制結婚式

会費制結婚式

会費制結婚式は、友人や知人などが、発起人になって呼びかけ、出席者から会費を集める形式をとります。以前は、結婚披露宴で招待できない方を会費制の二次会で招待する場合が多かったのですが、最近では結婚披露宴そのものを会費制にされるケースも多くなりました。
会費制の結婚式とは、ゲストから一律の会費をいただく形式の披露宴で、なお、青森など東北の一部でも結婚式は会費制で行われている地域があるようです。
最近は、形式ばかり華美でかかる披露宴に疑問を抱く人も増えていて、堅実で心のこもった会費制結婚式が見直されています。
この形式のよい点は、結婚当事者ゆかりの人々が多く集まってくれることですが、半面、若い人が中心になるので、年輩者にはなじみにくいかもしれません。
招待状を隈なくお読みください。平服。ご祝儀不要。返礼無し。などの文面があるはずです。

会費制結婚式は、別に御祝いは必要?

会費制の場合は、会費を徴収するので基本的には御祝いは不要です。参加することが御祝いになりますので、会費以外にお祝いを用意する必要はありません。これは、主催者がお互いによけいな心遣いをしないようにと考えて会費制にしているので決められた額の会費を出せばよいのです。
しかし、新郎新婦との間柄によっては、お祝いのプレゼントを渡したり、ご祝儀を渡したりする事もあります。会費制にした趣旨も考えて、できればお金よりプレゼントの方が良いでしょう。この場合は、当日ではなく事前に渡しましょう。

会費制結婚式の上司の場合は?

結婚するのが部下の場合は、同じ会費では気が引けると思う場合は、会費に少しばかり上乗せしてもかまいません。ただしこの場合は、会費は会費で払い、別に白い封筒で受け付けにさりげなく目立たないように渡すようにしましょう。

会費制結婚式は、祝儀袋には入れない

会費は、一般的には1万2千円〜1万5千円です、当日に現金をそのまま受付で渡し、祝儀袋や封筒に入れる必要はありません。
そのまま財布から出しても問題ありません。受付係の人たちが祝儀袋から出して金額を確認するのは面倒です。その場合は、お釣がいらないように用意します。また、そのままではちょっとと思われる場合は、すぐに出せる白い封筒などに入れてもかまいません。
千円札も混じるので新札でない人もかなりいます。

婚のマナーと作法

[ 自宅結婚式 ]自宅結婚式結婚式記念撮影[ 結婚式記念撮影 ]