婚のマナーと作法 ウエディングプランナー

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーとは、カップルから要望を聞き、結婚式の演出や料理、衣装などをトータルにコーディネートしてくれる人です。プロデュース会社に所属しているケースと、個人で開業しているケースの二通りあり、「ウエディングアドバイザー」「ウエディングコーディネーター」とも呼ばれています。
ホテルやレストランと契約しているウエディングプランナーもいますが、基本的には自分で探さなければなりません。ただ、ウエディングプランナーと要望が合う合わないがあるので、「ウエディングプランナーに頼んでよかった」という知り合いがいたら、紹介してもらいましょう。
式場任せにしてしまうと、楽な面、後悔することもあります。二人の意向をくみ取り、オリジナルな演出をプランニングしてくれます。
ウエディングプランナーのお仕事は、1組のカップルが挙式・披露宴の当日を迎えるまでの、アドバイザー的な役割です。ときには相談相手になりお客さまと深くかかわりあいます。ふれあいの心を大切にするお仕事です。ウエディングプランナーの具体的なお仕事は、結婚が決まったカップルに挙式や、披露宴についての説明をすることから始まります。

ウエディングプランナーとの打ち合わせ

お客様との打ち合わせ

ヒヤリング 会場案内 セールス 見積もり 式場仮押さえ
初めてご見学に来られたカップルはとても緊張しています。
第一印象を大切にし、会場のアピールをします。
そして二人の描いている披露宴は何かを聞き出し、具体的な提案をします。

お申込み

お申込み手続き お申込金預かり スケジュール説明
若いカップルが数百万の契約を結ぶ瞬間です。
安心感を与えながら今後についての具体的な説明をします。

結納やご両家お顔合わせについての打合せ

日程決定 結納品の説明 お料理の打合せ 当日のスケジュール説明
ご両家の大切な儀式に関してのアドバイスです。
カップルよりもその後両親から相談を受けることが多いので、ご両家の調整をしながら打合せします。

衣装合わせ予約

衣裳プランの説明 衣裳の説明 列席衣裳あわせ
お客さまの情報をしっかりとドレスアドバイザーに連動します。
ご希望の衣裳・サイズ。衣裳選びの予約のコーデーネイトをします。

招待状の作成

デザイン決定 文面決定 枚数打合せ 筆耕申し込み 発送のアドバイス
文面のアドバイスや差出人がどなたにされるか。 発送月や返信日など、今後の打合せに影響がないようにきちんと説明し印刷します。
又宛名の書き方、発送の仕方の説明をします。

メイクのカウンセリング

日程設定 衣裳小物について 当日スケジュール説明
お衣裳やアクセサリーが決まった後にヘアースタイルやメイクの打合せ、又リハーサルメイクのスケジュールを決めていきます。
そしてメイク担当と連動していきます。

中間打合せ

席次表について お料理 演出 フラワー 引出物 引菓子 写真 その他
ゲストの人数が決まり配席 をしていきます。パーティーで必要なアイテムを、具体的に打合せいたします。

手配・発注

内容が決定した物についての必要な物 ・人 ・器材などの書類作成をして注文します。

最終打ち合わせ

人数確認 数量確認 披露宴内容打合せ 司会者打合せ お見積もり
中間打ち合わせで決定した内容を1つ1つ確認し、パーティー進行の打合せをします。
具体的なタイムスケジュールを組み立てます。

総チェック

業者発注確認 社内手配物確認 備品確認 総チェック
最終打合せが終わったら、再度手配発注した物の変更や確認をします。
この時点で間違いや手配もれに気づくことが多々あります。
全て抜かりなく用意をし、挙式当日へと向かいます。

挙式当日

新郎新婦へのご挨拶 当日確認 各セクションへの申し送り 管理 監修
祝福の心を伝えお持込の品を確認します。
当日変更内容がある場合は、担当者に申し送りをします。

ウエディングプランナーの料金

どのような依頼をするかによっても変わってきますが、フリーのウエディングプランナーでもプロデュース会社への依頼でも、基本的な料金は、式総額の10〜15%程度が目安です。事前に見積もりをとって、どのような項目があるか、どれくらいの費用がかかるかなどを確認しましょう。

婚のマナーと作法

[ 結婚式記念撮影 ]結婚式記念撮影洋風披露宴[ 洋風披露宴 ]