婚のマナーと作法 出席者の服装の心得とマナー

出席者の服装の心得とマナー

新郎新婦の衣装については、すでに詳述しましたので、ここでは、両親、兄弟姉妹、親族そして媒酌人夫婦、招待客の服装について述べます。

両親の場合

新郎新婦に合わせます。新郎新婦が正装ならば両親も正装にします。和装にするか洋装にするかも、やはり新郎新婦に準じます。
父親の正装は、和風ならば黒羽二織の紋付の長着に羽織、仙台平の袴、白鼻緒の草履です。新郎より地味にするように心がけ、袴も無地か細かい縞にします。
洋装の正装は、昼ならモーニングコート、夜なら燕尾服です。燕尾服の略装であるタキシードでもかまいません。チョッキやタイを新郎より控えめにします。
母親の場合、和装の正装は、紋付の黒留袖に丸帯です。格調ある袋帯を代用してもかまいません。小物やアクセサリーは地味にします。
洋装の正装は、昼ならアフタムーンドレスで、黒色は避けますが、色、デザインとも控えめにします。夜ならイブニングドレスですが、やはり新婦を引き立てるように地味にします。
新郎新婦が略礼装の場合は、父親はブラックスーツかダークスーツです。母親は、和装なら訪問着か紋付の色無地、洋装ならアフタヌーンドレスかカクテルドレスです。昼なら黒色を避けます。

兄弟姉妹、親族の場合

あくまでも脇役であることを自覚します。
兄は父親と同格にします。弟は若ければダークスーツか学生服です。
姉妹は、既婚ならば母親と同格で、未婚ならば中振袖か訪問着です。洋装は未婚、既婚にかかわらず母親に準じますが、新婦より派手にならないようにします。
親族は両親と同格です。

媒酌人夫婦の場合

新郎新婦が正装ならば正装、略式礼装なら略式礼装にしますが、両親と同格です。やはり新郎新婦を引き立てる意味で、アクセサリー、小物のあしらいは華美を控えます。ことに媒酌人夫人が新婦とさほど年零差がないとき、ことさら気をつけて目立たぬように地味にします。

招待客の場合

指定がある場合、ない場合

招待客の服装をどうするかは、披露宴の形式や規模によってある程度は判断できます。会場が有名ホテルや格式を重んじる式場会館の場合は、正装のことが多いようです。案内状の差出人が両親だと、やはり正装が多いようです。差出人が当事者二人だと形式がパーティー風だったりする場合は略礼装のことが多いようです。
「ホワイトタイ」あるいは「デコレーション」と指定があれば燕尾服着用が普通です。「ブラックタイ」と指定があればタキシード着用という非常にフォーマルな披露宴です。
指定がない場合は主賓以外は略式礼装です。

「平服で」の指定の場合

「平服で・・・」という指定の場合も、本当に平服というわけにはいきません。ラフな服装やカジュアルは避けて、略式礼装かそれに準ずる服装にします。
「平服で・・・」とうい指定があるのに正装では、かえって失礼にあたります。
なお、大島紬、結城紬などは、いくら高価でも日常着とされるので遠慮してください。

主賓の服装

主賓は席次も上席であり、祝辞や乾杯の役割もありますので、新郎新婦側が正装ならば、やはり正装にするのが礼儀でしょう。ただし新郎新婦や両親を引き立てる配慮が必要です。男性は昼ならば、モーニングコート、夜なら燕尾服にして、チョッキやタイは地味にします。女性は和服なら控えめな色留袖です。黒留袖は母親や媒酌人夫人が着用しますので遠慮します。洋装ならばアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスです。
新郎新婦が略式礼服ならば、男性はブラックスーツ、女性は訪問着、一つ紋の色無地、付け下げ、上品なスーツやアンサンブルにします。

一般客の場合

一般んぽ来賓が略式礼装でよいとされているのは、新郎新婦を引き立てる意味があります。
男性の場合、モーニングやタキシードといった正装はほとんど着ません。
女性の場合は、和装なら既婚者の場合は黒留袖はあまり着ません。着るとしたら色留袖です。一般的には訪問着、一つ紋の色無地です。未婚の場合は、本振袖、大振袖は避けて、せいぜい中振袖にとどめておきます。新婦が色直しで着ることがあるからです。訪問着、一つ紋の色無地、付け下げでもかまいません。
洋服の場合、昼ならアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスです。カクテルドレス、フォーマルスーツ、アンサンブルでもかまいません。
ことに女性は花嫁の引き立て役であることを配慮して、花嫁より派手にならないようにします。また、純白は花嫁の色ですので遠慮します。

新婚旅行の見送り

披露宴が終わりますと、新郎新婦はそのまま新婚旅行に出かけます。これが一般的なスタイルですが、招待客は会場の玄関口で見送ります。駅や空港まで出向くのは、ごく親しい友人だけで、あとは遠慮する場合が多いようです。よくホームでバイザイや胴上げのシーンを見かけますが止めていただきたいののです。両親、媒酌人はもちろん目上の人の見送りも控えます。本人たちがくつろいだ気分で出かけられるように周囲が配慮したものです。

媒酌人への謝礼

媒酌人への謝礼は、披露宴終了後その式場で渡すようなことはせず、三日以内に新郎新婦が新婚旅行に行っている間に、両家の両親が揃って媒酌人を訪ねて謝礼を贈ります。
謝礼の金額は、実質的な仲人には結納金の二、三割を頼まれ仲人には少なめに結納金の一割程度が相場で、仲人から贈られた祝儀の金額を考慮して加算することもあります。一般的には現金で、商品券、品物の場合もあります。表書きは「御礼」で、両家の連名で贈ります。金額は両家の折半が常識です。

婚のマナーと作法

[ 招待客の心得とマナー ]招待客の心得とマナー結婚祝いマナーと品選び[ 結婚祝いマナーと品選び ]