婚のマナーと作法 結婚祝いマナーと品選び

結婚祝いマナーと品選び

増えてきた現金のお祝い

最近は、結婚祝いを現金にする人が多くなってきました。本来は品物を贈るところをもらった品物が重複したり、新生活には何かと費用がかさむので、もらうほうも現金を重宝がるという傾向があります。
一般的には、結婚祝いは披露宴への祝儀も兼ねていますが、地方によっては結婚祝いとは別に、披露宴の酒肴料を出すところもあります。

金額、予算の目安

結婚祝いうぃ現金にする場合いくらにするか、品物を贈る場合の予算をいくらにするかは、自分と相手の関係、披露宴に招待されているかいないかによって違ってきます。
披露宴に招待されない場合は、やはり相手との関係を考えて、贈るか贈らないか決めます。金額、予算は、招待された場合より低めにしてかまいません。結婚通知状で結婚を知った場合には、お祝いの手紙かカードを出せばいいでしょう。

挙式一週間前には贈る

日取りはあらかじめわかっていますので、原則としては結婚式前に届くように贈ります。招待状を受け取ったら、できるだけ早い機会に遠方でない限り自分で持参するのが礼儀です。もちろん相手の都合を聞いて上で訪問します。挙式前ぎりぎりでは相手も忙しいので、一週間前まで届けましょう。相手によっては縁起をかつぐ人もいますので、暦の上で吉日を選ぶのがいいかもしれません。
原則として、現金にせよ品物にせよ持参して届けるのが礼儀ですが、最近は遠方んぽ場合ばかりではなく、デパートなどから直接発送すろケースが多いようです。そんな場合には、別便でお祝いの言葉を述べるようにします。カードや手紙を同封してもかまいません。
現金の場合、披露宴の当日、受付に出すケースも増えています。本来の作法に反しますが、これも次第に多くなってきています。ただし、披露宴当日、お祝いの品物を持参するのは、取り込んでいる相手に失礼ですから、目録だけにします。

結婚祝いの正式な作法

正式な作法は、もちろん相手宅に持参することです。本来は品物で、一週間前までの吉日の午前中に届けるのが礼儀です。最近は二時か三時までなら午後でもよいという傾向があります。いずれにしても、先方の都合に合わせることが前提です。
金品には金銀あるいは紅白の結び切りの水引をかけて、白木の折敷か台にのせ、末広(扇子)や縁起物(昆布やするめなど)を添えて、これに袱紗をかけて持参します。
袱紗をかけたまま差し出す例もありますが、袱紗はどんな高級なものでも風呂敷と同じく中身を保護したり。茶碗を拭いたり、粗相の始末をしたりする目的のものだから先方に差し出すときには袱紗を外してお渡しするのが作法です。受け取った相手が袱紗を取って返す手間を省着ましょう。袱紗をかけて差し出すのは、そのまま差し上げる場合です。白木の折敷や台もそのまま差し上げます。盆を用いる場合は、盆を返してもらう習慣も生れました。
品物が大きいものであれば、目録だけにします。

◆表書きは「寿」「御祝」

結婚祝いは、現金にせよ、品物にせよ、水引は、おめでたい金銀か紅白で、二度とないようにという意味で結び切りにして、のしをつけます。
上書は、水引より上に「寿」あるいは「御祝」と表書きして、下に贈り手の姓名を記し、筆で書くのが正式です。薄い墨は不祝儀に用いられていますので、結婚祝いでは必ず濃い墨で書きます。

お祝いの品々

ある程度親しい間柄なら率直に予算を知らせて相手の希望を聞くのが、双方に好都合です。数人で一つの品物を贈るケースもありますので、その場合は希望に合わせるのがいいでしょう。
贈る品物は、親と同居する新郎新婦なら、実用的な道具は揃っているでしょうから、二人に記念になる品物を選びます。独立する場合には実用品がいいでしょう。家にいくつあっても無駄にならず、日常生活に使う物でも自分では買いにくい高級品にすると喜ばれます。その際、相手のセンス、好みに合わせて選ぶ配慮が必要でしょう。
具体的には、高級カップ二個、珈琲メーカー、洋食器、テーブルセンター、モーニングセット、自動パン焼き器、花瓶、写真立て、夫婦茶碗、夫婦湯飲み、高級漆器などがあります。

タブーの今昔

昔は、めでたい二人への贈り物としては、陶磁器などは、途中で割れたり欠けたりしますので、二人の仲が「こわれる」として忌み嫌われました。また、刃物も二人の仲を「切り裂く」としてタブーでした。しかし現在では、陶磁器は必需品であり、ナイフ、フォーク、スプーンも欠かせません。ことに陶磁器は壊れやすいからこそ新しい品物が必要になります。タブーにこだわる必要はまったくありません。数量は、三、五、七は吉数で、四、九は不吉とされていますが、二人暮らしに三個は必要としません。無理に吉数に合わせることはありません。相手に不快を与える品物でなければタブーは気にしなくてもいいのではないでしょうか。

婚のマナーと作法

[ 出席者の服装の心得とマナー ]出席者の服装の心得とマナー新生活のスタート[ 新生活のスタート ]