婚のマナーと作法 結婚祝いのお返し

結婚祝いのお返し

披露宴に招いた人には

披露宴に出席した人へのお返しは不要というのが、現在の一般的な習慣となっています。当日のもてなしと引出物をお返しと見なすようになったためです。前にも述べましたが、引出物は、本来招待客に贈る土産であってお返しではありませんが、いつしか引出物をお返しと考えるようになったからです。理屈に合わない習慣ですが、もともとお返しが不要というのは結構といえるかもしれません。
お返しはいらないが、やはり一ヶ月以内には礼状を出すのが礼にかなっています。結婚通知状にお礼の一筆を添えてもかまいません。
招待したのに都合で欠席した人には、よく披露宴の引出物を送るケースもありますが、結婚祝いの金額の「半返し」、つまり半額に相当する品物をお返しとして贈ることも多いようです。

披露宴に招かなった人には

招待しなかったのに結婚祝いをいただいた人には、昔は「倍返し」といってもらった祝いを倍増してお返ししたものですが、今は「半返し」が一般的です。しかし、相手との関係によって、いちがいに「半返し」とはいきません。いちいち「半返し」の品物を探すのは煩雑ですので、全体を金額別に三ランクぐらいに分けて、三種類の品物を揃えて贈る方法もあります。
お返しの品物は、昔はかつお節や白い布地でしたが、今では多様化して家庭用品、調度品、実用品が贈られるようになりました。紅白の砂糖、タオル、石鹸、茶器などの陶磁器などが一般的ですが、自分達の個性が出て、しかも役に立つものを考えることです。
お返しは、一ヶ月以内に贈ります。直接持参するのが本来のマナーですが、最近はデパートなどからの配送が多くなってようです。ただし、礼状を添えるか、別便で礼状を出すことは忘れないようにします。
お返しの品物には、紅白結び切りの水引をかけ、表書きには「内祝」または「寿」として、新しい夫婦の姓名で出します。なお、カッコ内に旧姓を入れても構いません。
友人や会社の同僚に対しては、新居に招いて、ささやかなホームパーティーを開き、感謝の気持ちを表わすのも楽しいでしょう。

結婚写真を贈る範囲

結婚写真は、二人だけの写真と親族一同との写真とがあります。二人だけの写真も角度を変えたり、衣装を替えたりして数種類になることもあります。
ひととおり全部一枚づつ自分の手元に置くのは当然として、二人の写真は、両親、家庭を持っている兄弟姉妹、近い親戚には一枚づつ贈る程度でいいでしょう。
親族一同との写真は、写っている人全員に見てもらうように贈りますが、一人一枚ではなく、一家族一枚です。
仲人には、二人の写真と親族一同の写真両方を贈ります。
なお、披露宴の招待客には、当人が写っているスナップを贈ると喜ばれます。カメラの撮影係に、出席者全員を少なくとも一カットは必ず写すようにあらかじめ依頼しておきましょう。

結婚通知状

時期と文例

結婚通知状は、結婚の報告、それに多くの場合は新居の通知を兼ねる挨拶状なので、挙式一ヶ月以内には出すようにします。印刷する場合、挙式前に準備しておいて、旅行から帰ってすぐに取りかかれるようにしておきます。
親戚、恩師、先輩はもちろん、多くの知人、友人に出しますが、活字だけでな味気ないので一筆肉筆で言葉を添えてください。
ことに披露宴に招いた人、結婚祝い、祝電、祝福の手紙をいただいた人には、礼状を書くか、結婚通知状にお礼の言葉を必ず添えて出すことです。
文面には特に決まった書式はありませんが、媒酌人の名前、挙式年月日、今後の指導と支援を仰ぐ一文は必ず入れます。新居の通知を兼ねる場合はその旨も加えます。差出人は、夫婦連名で、姓が変わった方がカッコ内に旧姓を添えます。
封書の方が望ましいが、最近は結婚写真入りのハガキも流行しています。

例文

拝啓
秋冷のさわやかな季節となり、皆々様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、私ども両名は、このたび○○○○様ご夫婦のご媒酌により、去る○月○日に結婚いたしました。
これからは、力を合わせて円満な家庭を築き上げる所存でございますが、なにぶん至らぬ二人でございますので、なにとぞ一層のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
なお、下記住所にささやかな新居を構えましたので、お近くにお越しの折にはお立ち寄りください。
ご報告と併せてご案内申し上げます。
敬具


平成○○年○○年○○日
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷一丁目○○番地
電話 03-3409-××××
山 本 ○ 雄
(旧姓 鈴木)△ 美


婚のマナーと作法

[ 新生活のスタート ]新生活のスタート結婚についての基礎知識[ 結婚についての基礎知識 ]