祭のマナーと作法 正月飾りの準備

正月飾りの準備

歳徳神を迎える行事

一年のはじめにあたって、昔から家々の祖先にあたる歳徳神(としとくじん)の来臨を仰ぐ風習がありました。歳神とも正月様ともいいます。この歳徳神が農耕儀礼と結びついて穀物霊とみなされ、年の始めに五穀豊穣を祈り、一年の幸運と健康を願う正月の行事となりました。歳徳神を迎える目印として門松を立て、しめ縄やしめ飾りで古い年の不浄を断ち、恵方棚や神棚に歳徳神を迎えます。鏡餅は歳徳神への供え物です。

準備は十二月二十八日まで

正月飾りの準備は、前年十二月二十八日にまでにすませておきます。二十九日は「九」が「苦」に通じるので避けられます。門松をこの日に立てると「九松」が「九を持つ」に通じ、、「苦立て」ともいわれます。餅つきも「苦餅」「苦をつく」として嫌がられます。餅の配達も二十八日までにすませてもらいます。また、三十一日は「1夜飾り」になり、葬式が一般に「一夜飾り」になることから、やはり避けられます。ぎりぎりに神を迎える用意をするのは不謹慎という考え方もあります。二十八日まですませられませんでしたら、三十日でもいいですが、やはり縁起物ですので、二十八日まですませておくことが一番です。

門松の飾り方

門松というと、家の門口に立てるのが当たり前のように思われていますが、「門」というのは「庭」の意味で、東北地方や中部地方では屋敷内に大きな松を立てる風習があります。松は神の依代(よりしろ)と信じられ、歳徳神が乗り移る木と崇められ「お松様」ともいいます。門松は歳徳神を迎えるための「松飾り」ともいわれます。
略式では、松の小枝に白い紙を巻いて水引をかけたもの、雄松、雌松を門柱に取り付けます。雌松は雄松より松葉が細くなます。外から見て左側に雄松を右側に雌松を飾ります。玄関にかけるだけの松飾りもあります。

しめ縄で恵方棚を飾る

しめ縄は、周囲の邪悪やけがれを断って神聖な場所を守るために張りめぐらすもので、新藁の縄に幣帛の一種です。「四手」または「垂手」をつけて垂らされます。四手は奉書紙か半紙を作法に従って切ります。切り方は下記の図のとおりで、通常、三刀四下がりの四手が用いられます。
伝統的なしめ縄のほか、左右の太さが極端に違う「大根じめ」、やや細めの「ごぼうじめ」などがあり、恵方棚か神棚を飾ります。「大根じめ」や「ごぼうじめ」は向かって右側に太いほうがくるようにします。

四手の作り方

四手の作り方

恵方とは吉方とも書き、吉なる方位のことで、歳徳神は常に恵方からやってきます。恵方は毎年、干支によって変わりますが、新しい年の恵方に向けて吊り棚をつくります。これが恵方棚(吉方棚)で、歳徳神棚ともいいます。最近は吉方棚をつくる家が少なくなりました。、前もって掃き清めた神棚に、しめ縄を張ってもかまいません。

しめ縄に輪飾り

しめ縄飾りは、古い年の不浄を断わって歳徳神を清浄な場所に迎えるための飾りもので、しめ縄にうらじろ(長寿を表わす)、だいだい(家が代々繁栄する)、ゆずり葉(家督を譲って家系を絶やさない)、昆布(みなが喜ぶ幸福)などの縁起物を飾り付け、飾りのしや、四手をあしらう。また、伊勢えび、干し柿、南天、ほんだわらなども飾ります。
しめ飾りは玄関の軒下、神棚、台所などの要所に飾られます。
輪飾りはしめ飾りを簡略化、小型化したので、藁の先を結び、やはりうらじろ、ゆずり葉、四手などで作られたもので市販されています。玄関、各部屋、水道の蛇口等の台所、蔵、仕事場、机、鏡台、本棚、自動車、自転車などに飾って、一年の無事を祈ります。

鏡餅の飾り方、供え方

鏡はもともと金属の円盤で、神聖なものとされ、魔除けの力もある信じられ、また鏡は魂や生命の象徴とされてきました。鏡餅は、鏡の形状と意味から名づけられ、歳徳神への供え物として用いられています。
三方の上に奉書紙を敷き、左右にうらじろかゆずり葉を配して、その上の大小二個の丸餅をのせ、葉のついただいだいやみかん、伊勢えび、昆布、干し柿などの縁起物を、紅白蝶結びの水引をかけて飾りつけます。
鏡餅は初臼でついた餅でつくり、本家や親元贈る地方もあります。市販品も出回っています。
鏡餅は恵方棚(歳徳神棚)に供えますが、これを作らないで神棚に供える場合は、前もって掃除をして、新しいしめ縄を向かって右側に太いほうが来るように飾り、鏡餅を供えます。歳徳神の好きな御神酒、白米、塩、するめ、かち栗などを備え、灯明をあげます。
床の間飾りをすることもあります。これは、床の間に七福神、日の出、蓬莱、松竹梅、鶴亀、あるいは福、寿といった、いわゆるめでたい書画の掛軸を掛けます。
床の間の中央に鏡餅を供え、上手(向かって右側)に屠蘇器か香炉などの置物を、下手(向かって左側)に生け花を飾ります。生け花は松竹梅、千両、水仙などが使われ、葉牡丹や福寿草の鉢植えを生け花の代わりに飾ることもあります。
床の間や神棚のない住宅では、白木の箱や塗り盆などの上に半紙を敷いて鏡餅を飾り、飾り棚やサイドボード、たんすなどの上に置きます。
仏壇はどうすればよいのでしょうか。仏事は盆に行ない、特に正月には行いません。しかし、新しい気分で新年を迎えるために、特に念入りに仏壇を掃除をして浄めておきたいものです。

国旗掲揚の作法

元旦は年の始めを祝う国民の祝日で、国旗を揚げて祝う家もあります。もっとも、最近は国旗を立てる家は非常に少なくなりました。
国旗は、外から見て玄関や門の左側に立て、竿の先がやや左に傾くようにするのがきまりです。門の両側に二本立てるときには、二本の竿が外側に向くように立てます。時間は日の出から日没まで、日のあるうちに限ります。

祭のマナーと作法

[ 五節供と二十四節気 ]五節供と二十四節気正月料理[ 正月料理 ]