祭のマナーと作法 節分

節分

疫病退散の追儺式が始まり

節分とは、二十四節気のうち季節の分かれ目、つまり立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日のkとを指しましたが、農耕民族の日本人は四つの節分のうち、ことに春の節分を農事始めの日として重んじて、節分といえば春の節分だけを指すようになりました。立春(正月節)の前日、二月三〜四日に、亜hルを迎えて邪気をはらい、幸福を招くために、豆をまきをする習慣が古くありました。
追儺式(ついなしき)、「鬼やらい」という豆まきの行事は、歴史の古い中国でも最古の風習で、季節の変わり目に起る災害や疫病などの厄を鬼に見立てて追い払う儀式です。豆を鬼に投げつけるのは、散米の神事儀礼の変型といわれ、日本に伝来したのも非常に古く、平城京(奈良)遷都の直前、文武天皇の治世の七〇六年に、疫病が流行して農民の多くが死んだので、この年の晦日に朝廷の行事として、鬼やらいを行ないました。追儺式、つまりおにやらいが行事として定着したのは、平安時代の治世の鞍馬山に鬼が出たのを三石三斗の豆を打ちつけて追い払ったという伝説に由来します。現在でも、法隆寺、薬師寺で、鬼追式が行なわれています。

夜に福豆を大声でまく

鬼やらいの行事はやがて庶民の間に広がり、節分の豆まきは季節の節目の行事として定着しました。
全国の神社や寺院では、氏子や信者の中から年男が選ばれて豆まきが行なわれました。最近では人気力士やスポーツ選手、芸能人などの年男が豆をまいたりしています。
年男は、いまでこそ年の干支にあたる男性を意味をしますが、本来は正月の行事のいっさいを取り仕切る男のことで、一家の主人か長男が年男を努めました。家庭では、一家の主人が豆まき役を務めます。
家庭では、節分の日、夕方までに大豆を炒って升に入れて、神棚に供えます。これを福豆といいます。夜に福豆を下ろして、一家の主人がまきます。
まず玄関の戸口をあけ、外に向かって「鬼は外」と二度大声で唱えて戸を閉め、内に向かって「福は内」と二度唱えます。そして部屋ごとに窓や戸を開けて、同じように唱えて豆をまきます。
終りました、自分の年齢の数だけ豆を食べます。これは、その年はマメに無病息災で暮らせるように、という縁起です。
地方によっては、鰯の頭に柊の小枝を刺したものを、玄関口や勝手口に魔除けとして飾りつけます。にんにくを使って、強い臭気で鬼を防ぐ地方もあります。
また、福豆を煎じた福茶を飲むところもあります。

祭のマナーと作法

[ 事始め ]事始め桃の節句[ 桃の節句 ]