祭のマナーと作法 桃の節句

桃の節句

紙のヒトガタからひな人形へ

桃の節句の三月三日は、五節供(節句)の「上巳」です。三が重なるので、「重三(ちょうさん)」ともいいます。
この日は厄祓いの日でもあり、「上巳の祓い」が昔から行なわれました。紙の人形(ひとがた)に女児の生年月日を書き込み、この人形で体をなでて汚れを移し、川に流します。これで本人は清浄になるわけです。女児の無事を祈る行事で、「ひな送り」ともいいます。
この人形が、貴族のひな遊びと結びついて紙びなとなり、やがて素朴な人形となり、立ちびな、座りびなが生まれました。
ひな祭りが行なわれた最初の記憶は、徳川三代将軍家光の時代にみられます。まず宮廷で、続いて幕府の行事として行なわれ、やがて武家や町人の間に広まっていきました。
内裏びなとなったには、意外にも新しい江戸時代後期になってからで、豪華な貴族社会へのあこがれから宮廷の内裏びなをはじめ、次第に現代の形へと整いました。

ひな人形の飾り方

現代のひな人形は、親王一対、三人官女、五人囃子、随臣二人、衛士(仕丁)三人、合計十五人の人形に、桜と橘、婚礼調度を模した道具類が、緋毛せんの七段飾りで飾られるのが正式です。五段飾り、三段飾りなどありますが、地方によってはそれぞれ独特の飾り方があります。
並べ方は、日本古来の左上位(向かって右)の考え方に基づいています。
もともとは、男びなが向かって右、女びなが左でした。ところが、大正天皇の即位の際、中央に天皇の高御座(たみくら)が置かれ、その右(向かって)に皇后の御座が置かれていました。それ以来、女びなが向かって右、男びなが向かって左に並べられるようになりました。つまり、大正以後に左右が逆になったのです。この際、本来の形に戻すのもひとつの考え方かもしれません。
三人官女は、上位の三方を持つ官女が中央に、次の位の長柄銚子を持つ官女が左(向かって右)に、次酌の加え銚子を持つ官女が右(向かって左)に並べられ、左大臣、右大臣も、上位の左大臣が左(向かって右)に並べられ、これは日本古来の作法どおりのままになっています。
婚礼調度の道具(箪笥、長持、鏡台、針箱、丸火鉢、茶道具、駕籠、重箱、御所車など)のほか、誕生祝い、結婚祝いの魔除けの縁起物として犬張り子(お伽犬)、また貝桶などが加えられることもあります。
貝桶(かいおけ)とは、蛤の貝殻の内側に絵が描かれ、同じ蛤の貝殻二枚の絵合わせをする遊び道具の容器のことで、蛤は自分の貝殻意外は絶対に合わないところから、夫婦和合、女性の貞節のシンボルとされ、婚礼の縁起物として加えられています。
最近はコンパクトなケース入りのひな人形も市販され、狭い部屋でも祝えるようになりました。

菱餅、蛤の吸い物のいわれ

桃の節句には、桃の花びらを杯に浮かべて飲む風流な作法があり、また、桃の種の中に胚乳を食べるしきたりから、桃の花を活ける風習が生まれました。また、杏仁湯(きょうにんとう)という薬湯が飲まれ、女の子が健やかに成長して幸せになることを祈ったものです。
現在の私たちの家庭では、桃の花を飾り、白酒、あられ、菱餅を供え、ちらし寿司に蛤の吸い物をいただいて祝っています。
白酒は杏仁湯の代わり、あられは桃の種の胚乳の代わりになっています。
菱餅は、もともと「菱花びら」と呼ばれ、薬草をつき込んだ菱形の餅で、正月には丸餅の上に菱花びらをのせて歳徳神に供える風習が宮中がありました。それが、次第に正月の餅は二段重ねの丸餅、桃の節句には菱餅と分離して供えられるようになり、白、青、紅の三色の菱餅となりました。
蛤の吸い物は、前にも述べましたが、蛤の貝殻が自分の二枚貝以外は絶対に合わないことから、夫婦の和合、女性の貞節を象徴する縁起物として食膳に出されます。

ひな人形は翌日早朝に片づける

昔から、ひな人形を三日過ぎても飾っておくと婚期が遅れるといわれ、四日早朝には片づけられます。もちろん、あくまでも縁起をかついでのことです。事実、地方によっては、四日を「送り節句」とか「裏節句」と称して祝うところもあるくらいです。
しかし、婚期が遅れると言われると気になるのであれば、十日前、二十日前から飾りつけを早めにして、四日にはしまうようにすればいいでしょう。

祭のマナーと作法

[ 節分 ]節分彼岸[ 彼岸 ]