祭のマナーと作法 端午の節句

端午の節句

万病除け、魔除けの菖蒲

五月五日は「五節供」(五節句)のうちの一つで、「重五の節句」とも称して、病災を祓う節句でした。この時期に咲く万病除け、魔除けの菖蒲(あやめ、しょうぶ)にあやかって、「菖蒲の節句」と呼ばれています。菖蒲が尚武に結びついて、桃の節句に対して男子の成長、出生を祈る祭となり、現在、「こどもの日」として国民の祝日となっています。
端午の節句には、軒先に菖蒲を飾り、菖蒲を頭にさし、菖蒲湯を飲み、粽(ちまき)や柏餅を食べて、五月人形を飾り、鯉のぼりを揚げて、男の子の成長と出生を祈るのがしきたりになっています。
菖蒲は昔から薬効があって万病除けになり、邪気を祓う魔除けの効果があると信じられてきました。そこで、平安時代から宮中では、菖蒲鬘を作ってかぶり、菖蒲湯に入り、菖蒲の根を刻んで酒にひたした菖蒲酒を飲みました。また、麝香(じゃこう)、丁子(ちょうじ)、沈香(じんこう)、竜脳(りゅうのう)などの香料を玉にして錦の袋に入れた「薬玉」に菖蒲や蓬(よもぎ)を刺し、五色の糸を長く垂らして、御殿の柱にかけました。この薬玉が、軒先に魔除けとして飾る風習になったとも、また吹き流しの原型ともいわれています。

古い粽、新しい柏餅

端午の節句には粽や柏餅を食べる習わしがあります。
粽は、もち米などを笹、茅(ちがや)、竹の皮などで巻いて、藺草(いぐさ)でしばった食品で、平安時代初期の『延喜式』に記され、『伊勢物語』や『古今和歌集』にも登場する古いものです。
もともとは中国から伝来した故事で、楚の武将屈原が、国の乱れを憂えて汨羅(べきら)の淵に身を投じたのが五月五日。その屈原を弔うために姉が竹筒に米を入れ、楝(おうち)の葉で巻いたものを淵に投じたのが始まりといわれます。
平安時代から食べていた粽にくらべて柏餅の歴史は新しく、柏の葉を皿がわりにして食べ物を入れた風習と結びついて、江戸時代になって粽の代わりに柏の葉で巻いた柏餅を食べるようになったといわれます。
つまり柏餅は、粽の日本的な工夫の産物といえます。

五月人形の由来と飾り方

五月人形は武者人形ともいいます。五月節句の主役の一つの菖蒲が尚武に通じるので、この日、武家の間で兜が飾られるようになりました。鎌倉時代の『増鏡』に、檜作りの兜を菖蒲、蓬、橘、牡丹などで飾った「かぶとの花」が紹介されています。江戸時代に入って、武士の家の前に幟や兜が飾られるようになりましたが、兜は厚紙で作られています。また紙の兜、木製の太刀や槍などが軒端に掲げられました。
やがて、本格的に鎧、兜、さらには、弁慶、牛若丸、金太郎、桃太郎、加藤清正、鐘馗(しょうき)などの武者人形が作られて、飾られるようになりました。
五月人形の飾り方には特に決まったしきたりはありませんが、平面飾りと段飾りがあります。
段飾りは一般的に三段とされています。
上段の中央には金屏風の前に鎧、兜が置かれ、その左右に弓矢と太刀を配します。さらに、かがり火が置かれることもあります。
中段の中央には太鼓、右に陣笠、左に軍扇(ぐんせん)、そして左右に鯉のぼりと吹き流しが配されます。鯉のぼりと吹き流しは、下段の両端に置かれることもあります。
下段の中央には菖蒲酒と口花、左右に粽と柏餅を三方にのせて配します。その両側にかがり火が置かれることもあります。
最近はコンパクトなガラスケース入りのセットが出回り、マンションやアパート住宅で重宝がられています。

鯉のぼりの由来と揚げ方

昔、合戦の際には大将の陣所に旗指物を立てるしきたりがあって、江戸時代に入って、男子のいる武家では、端午の日に幟(のぼり)と吹き流しを立てて、「大将ここにあり」と誇示していました。この風習は、町人階級にも広まりましたが、武家の幟の代りに、鯉の滝のぼりの絵を描いた幟が使われるようになりました。中国の黄河の上流に“竜門”があり、ここをのぼった鯉は竜になるという伝説もあります。いわゆる“登竜門”の語源です。この伝説に男子の立身出生の願いを託して、鯉の滝のぼりの絵となりました。この鯉のぼりは、逆に武家にも取り入れられ、中期になると、絵が製紙の鯉となり、幟の上方につけられる横竿につけられる麾(まねき)として飾られ、やがて安永年間には、幟の代りとして扱われるようになりました。
この麾の鯉は次第にすられて、明治時代には布製となり、今日のような鯉と吹き流しのスタイルになりました。
鯉のぼりは、先端に回転球や籠玉(かごだま)、その下に矢車がつけられた竿に、上から吹き流し、真鯉(まごい)、緋鯉(ひごい)、小鯉の順に揚げられます。男子が生まれるたびに小鯉を増やす家もあります。最近では、小型の鯉のぼりも市販され、ベランダでも飾られるようになりました。
また、町ぐるみ、村ぐるみで、数百、数千という鯉のぼりを連ねて川や谷を横断させるというイベントも、新しい風物詩となっています。

祭のマナーと作法

[ 彼岸 ]彼岸七夕[ 七夕 ]