祭のマナーと作法 七夕

七夕

牽牛・織女と棚機津女の伝説

七月七日は五節供(五節句)の「七夕(しちせき)」で、陽の数字(奇数)が重なるので、「重陽(ちょうよう)の節供」とも呼ばれます。七月七日に、天の川をはさんで牽牛星(牛ひき星)、彦星、男星)と織女星(織姫星、女星)の二つの星が年に一度だけ会うという伝説は、二世紀の後漢の時代から中国にありました。そして六世紀の『荊楚歳時記』には、七月七日に出会う二つの星をまつって裁縫の上達を祈る風習ができました。やがて音楽、詩歌の文才、書類が巧みになることを願うようになり、七夕の日を「乞巧奠(きつこうでん)」ともいいます。
日本で「たなばた」とは、棚の構えのある機織機のこと。そして機(はた)を織る棚機津女(たなばたつめ)を意味し、これが中国の牽牛・織女の伝説と結びついて、七夕の一夜、聖なる乙女の棚機津女が川辺で神を迎える信仰となりました。
江戸時代に寺子屋の教育制度が普及すると、七夕の日に書道の上達を祈って、“天の川”“おりひめ”“ひこ星”といった文字を書いていました。すずりや筆、机など書道の道具を洗い浄める行事も生まれ、宮中では七夕祭に和歌を供えるのが主な行事となり、芋の葉の露ですった墨で梶の葉に和歌を書いていました。今でも京都の北野神社では、七夕にはすずりと梶の葉が神前に供えられています。芋の葉の露で墨をすると書道が上達するといわれるのは、このためです。この行事がやがて民間に普及して、笹竹に短冊を結びつける七夕祭りの風習となりました。

願い事を書いて結ぶ七夕祭り

江戸時代の手習いの普及とともに、五色の短冊や色紙に、単に書道としてではなく、願い事を書いて笹竹に結びつける風習が定着しました。
飾り付けは六日の夕方から夜にかけて行ないます。子どもたちと一緒に、短冊形の色紙に思い思いの願い事を書いて笹竹につるすのも楽しいものです。最近はマンションやアパートのベランダの一メートルほどの小型の笹竹が市販されています。また、町ぐるみや商店街ぐるみで七夕飾りを盛大にやるような地域もあります。地域によっては、全国的に有名な、仙台七夕祭りのように八月七日に催すところもあります。

汚れを流す「七夕送り」

六日の夜に迎えた神じは、八日の朝に送り出します。その際、身についた汚れも持ち去ってもらうために、七夕飾りを川や海に流して送り出すのが、「七夕流し」とも呼ばれています。
昔は棚機津女が迎えた神を送るために、村人たちは禊(みそぎ)をして汚れを流し去りました。地方によっては子どもの水浴び、女性の髪洗い、家具の洗い浄めなど行なわれました。その川で禊をする習慣が「七夕流し」となりました。
七夕飾りは、麦穀や麻穀で作った舟い乗せて流しましたが、現在では都会では河川に流すことが禁止されていますので、燃えるごみと一緒に処理をすることになります。これではあまりに味気ないものです。せめて広場や庭で燃やしたいものです。
なお、青森や弘前で陰暦七月七日に行なわれる「ねぶた祭」も、もともとは七夕の行事の終ったあとの川流しの祓いの行事でした。これが坂上田村麻呂の蝦夷征伐の際に人形を川に流した伝説に結びついて、今日のような街をねり歩く「ねぶた祭」となったのです。「ねぶた」とは“睡魔”のことで、人形は睡魔の象徴といわれ、夏の暑い時期の眠気祓いと禊の意味でした。「ねぶた祭」が「ねんぶり流し」「めぼけ流し」と称されるのも川流しの由来から生じた名称といわれます。

祭のマナーと作法

[ 端午の節句 ]端午の節句お中元[ お中元 ]