祭のマナーと作法 お中元

お中元

中国の道教信仰がもと

古代中国では道教の三官信仰があって、天神を「三元」の日にまつりました。「三元」とは上元・中元・下元で、それぞれ陰暦の一月・七月・十月の十五日です。上元の日には上元生まれの天官(福官)、中元の日には中元生まれの地官(慈悲神)、下元には下元生まれの水官(水火を防ぐ神)をまつりました。これが仏教の「盂蘭盆会}(盆)の行事と結びつきました。
三元のうち中元だけが日本に伝わり、やはり盆とまざり合い、七月十五日に仏に供える供物を親類、隣近所に贈る習慣ができました。そのため、地方によっては「中元」とは言わずに、「盆供」「盆礼」とも呼びます。
中元の七月十五日といえば、一年の半ばにあたり、一年を半期に分けて盆と暮れの区切りがつけられました。盆と暮れは商売上の決算期にあたり、盆と暮れの二回、商売上、世話になった人に贈答品を贈る習慣ができ、江戸時代には庶民一般の贈答の行事へと広まり、今日の中元の習慣が出来上がりました。

贈る時期にしきたりあり

中元を贈る相手は、当初は親類、隣近所で、やがて商売上の取引先も加わり、一般化した現代では、日頃の感謝を伝えたい人、日頃の感謝を伝えたい人、義理のある人へと範囲が広まっています。
具体的には、仲人、恩師、主治医、会社の上司、取引先、習い事の先生などがあります。
また、離れて暮らしている両親にも中元を贈ることもあります。
しかし、贈る範囲はあまり拡げないほうがいいでしょう。一度贈って次の年にやめるというのも気まずいからです。
中元は七月一日から七月十五日までの間に贈るのがしきたりとなっています。
七月十五日を過ぎました、立秋(八月七日〜八日)までは表書きは「御中元」ではなく、「暑中御見舞」「暑中御伺」にします。
立秋以降でしたら、「「残暑御見舞」とします。

挨拶状も出して誠意を示す

中元の品は、本来、相手に直接お届けするのがマナーですが、最近はデパートなどから送るケースが多くなりました。
ただデパートから直送するだけでは、心のこもらない単なる儀礼としてか受け取られかねませんので、別便で挨拶状を出すことも大事です。同じ贈り物をしても、誠意を感じとってもらうようにしたいものです。
贈る品物は、昔は酒肴が多く、食べ物が中心でした。緬類、調味料、食用油、海苔、酒類、コーヒー、産地直送品などが主流です。傷みやすいものは避けるようにします。その他、シーツ、タオル、石鹸などの実用品なども多いようです。
最近は、相手が自由に品物を選べる商品券やギフト券なども喜ばれています。

受け取ったらすぐに礼状を

中元の品を受け取りましたら、すぐに礼状を書きます。本人の名前でもよいし、本人の名前の左下脇に「内」と書き添えて、奥さんが代筆してもかまいません。中元をたくさんもらう人の中には、礼状を印刷している人もいますが、心をこめて贈る人に対して失礼ですのでやめた方ががいいでしょう。肉筆の礼状は、謙虚で心豊かで気配りのきいた人柄がしのばれます。

祭のマナーと作法

[ 七夕 ]七夕盂蘭盆会(お盆)[ 盂蘭盆会(お盆) ]