祭のマナーと作法 月見の宴

月見の宴

「中秋の名月」と「あとの名月」

陰暦八月十五日(新暦では九月中旬頃)の満月を「中秋の名月」といいます。陰暦では秋は七月・八月・九月の三ヶ月で、八月を中間の秋という意味で中秋(仲秋)と呼びます。そこで、陰暦八月の満月を「中秋の名月」と称します。この夜の満月をめでて、秋の七草やだんご、里芋、枝豆などを供え、「月見の宴」を開く風習が昔からありました。また、陰暦九月十三日にも「十三夜(じゅうさんや)」を楽しむ風習が生まれ、そして「中秋の名月」を単に「名月」と呼ぶのに対して、十三夜を「あとの名月」と呼びました。
俳句では中秋の名月を「芋名月」、十三夜を「豆名月」と呼んでいます。
もともとは中国の風習で、唐の時代から八月十五日を「仲秋節」と称して月見の宴を開いていました。この風習が日本に伝わったのは十世紀の初頭、醍醐天皇の治世に、宇多法皇が文人を亭子院に招いて月見の宴を張って歌を詠んだと『日本類略』に記されています。
十三夜のほうは、中国伝来の風習ではなく、やはり宇多法皇が精涼殿で月見の宴を開いたのが始まりで『中右記(ちゅうゆうき)』に記録があります。十三夜の月見のほうは日本の発明というわけです。
月見の宴は平安時代には貴族たちの風雅な遊びでしたが、江戸時代になって庶民も楽しむようになり、隅田川に月見船を浮かべて花火で興を添える行事も生まれました。
せちがらくなり、うるおいを失いがちな現代にこのような月見の宴を楽しむのも、ゆとりある生活を取り戻すために必要かもしれません。

秋の七草と月見だんご

月見を楽しむには、縁側や庭先に月見の台をしつらえ、ベランダや窓辺でもいいでしょう。小机の中央に三方を置き、月見だんご、里芋、枝豆、栗、ぶどう、柿など秋の収穫物を供えます。
月見だんごは普通十二個で、閏年には一個加えるしきたりがあります。それに日本酒、秋の七草を供えます。
秋の七草は、おかゆとして色と味を楽しむ春の七草と違って、花と姿を楽しみます。
秋の七草は、『万葉集』に山上億良(やまのうえおくら)が、「萩の花、尾花、葛花、なでしこの花、おみなへし、また藤袴、あさがほの花」と詠んでいます。
江戸時代、月見のこの日に元服を行ない、萩の枝にだんごを刺して食べる風習がありました。葛は根から葛粉をとるマメ科の花で、撫子(なでしこ)は常夏(とこなつ)ともいい、不幸があると縁起直しに飾って祝うめでたい花です。
女郎花(おみなえし)は観賞の花として好まれ、中部や東日本で名月に供える風習があり、藤袴も香気が高く、観賞用の花です。
歌の中の朝顔は、今日の朝顔、木槿(むくげ)、昼顔と、いろいろな説がありますが、盆花でもある桔梗とする説が有力です。
今日では、秋の七草は、萩、薄、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗となっています。
月見だんごと秋の七草を供えて満月を観賞する風雅な一夜を楽しみたいものです。

祭のマナーと作法

[ 暑中見舞状 ]暑中見舞状歳暮[ 歳暮 ]