葬儀のマナーと作法 「葬」とは臨終から法要までの行事

「葬」とは臨終から法要までの行事

「葬」は、死んでいく者に対して、生きている者が見送る別れの儀礼です。葬儀と告別式が主ですが、その前後にもなすべき手順があり、それぞれに作法があります。ある人物の危篤、臨終、通夜、そして葬儀と告別式、そのあと、喪服のしきたりがありますが、宗教、宗派によって法要、霊前際、追悼式など、作法もそれぞれに違います。当然ながら会葬者のマナーや葬儀のしきたりもあります。社葬という形式もあります。順を追って解説します。

葬儀のマナーと作法 - 目次

危篤の連絡

死亡の連絡

死亡届

多様化する現代葬儀

葬儀社の選び方

葬祭ディレクター

葬儀見積書の見方

葬儀社との打合せの仕方

通夜(仏式の場合)

通夜弔問客の心得とマナー(仏式の場合)

葬儀・告別式(仏式の場合)

出棺の手順(仏式の場合)

火葬(仏式の場合)

精進落とし(仏式の場合)

臨終(神式の場合)

納棺の儀(神式の場合)

通夜祭(神式)

葬場祭(神式)

火葬祭(神式)

キリスト教式(プロテスタント)

キリスト教式(カトリック)

無宗教式

香典の心得とマナー

供物・供花の心得

会葬の心得とマナー

焼香の仕方

喪服の心得とマナー

葬儀のあと始末

忌服期間

喪中の心得とマナー

法要(仏式)

位牌・仏壇・墓

霊祭(神式)

追悼式(キリスト教式)

密葬・家族葬

現代の葬儀の流れ

時代とともに葬儀も様変わりしてきた

時代とともに葬儀や法要の営み方も大きく様変わりし、個々の儀式の意味合いも変わってきています。
かつて、土葬や野焼き(野外での火葬)が中心だったころは、葬儀を終えると「野辺送り」「そうれん」などと称して、葬列をなして墓地や焼き場まで出かけました。また、墓地や焼き場から戻ってから、あるいは、後日の供養などには、さまざまな儀礼がみられました。
しかし近年では、火葬場の稼動時間に合わせて、葬儀の前に遺体を荼毘に付したり、葬儀の当日に初七日や忌明けの法要、あるいは精進落としをすませたりするなど、葬儀の流れが前後したり、個々の儀礼の意味合いも変わってきたりしています。