葬のマナーと作法 危篤の連絡

危篤の連絡

危篤の連絡は、まず、その場にいない家族や親族に伝え、遠方にいる人には、特に早めに知らせます。親戚は三親等までを目安としますが、疎遠なところは必要ないでしょう。
連絡はまずご家族を最優先に行い、次に親戚の方、本人と親しい友人・知人といった順で連絡します。要は危篤者本人の身になって来ていただく人を決めるということです。けれど、遠方の人や忙しい人に連絡しても、臨終に間に合わないこともあります。そのようなことも考慮して連絡しましょう。
危篤の時間が深夜でも早朝でも、本人と親しい人ならば連絡するのもやむを得ないので「こんな時間に申し訳ございません」や「朝早く申し訳ございません」といった一言を添え連絡します。

一.同居の親族
一.本人の父母・子・本人の祖父母・兄弟姉妹・孫・ 本人の伯(叔)父母・甥・姪・曾
一.姻族なら、直系の二親等、つまり配偶者の父母・祖父母まで

病名と病状を正確に
連絡するのは電話でします。緊急のことなので、目上、目下の配慮はいりません。ただし、深夜、早朝なら、ひと言お詫びの言葉を添えます。
知らせる内容は正確に。
一.どこの誰
一.病名と病状
一.いつ頃までに来てほしいか
の三点は知らせることです。要領よく伝えるためにメモをしておくといいでしょう。手分けして知らせるときには必ずメモを。病院からかける場合、携帯電話は医療機器に障害があるため使ってはいけません。公衆電話を使う場合は、小銭、テレホンカードを用意しておきます。

病院の場合

病院で危篤になり、死が近いと医師が判断しますと医師は家族の方に危篤を告げます。肉親の死に接するのはつらいものですが、家族は医師から危篤を告げられたら、最後のお別れをして欲しい人に連絡をしなければなりません。

自宅の場合

自宅での療養中のときに容態が急変した場合は、至急主治医に連絡して来ていただきます。日曜日や祝日等で、医師に連絡がつかなければ、119番で救急車を呼びます。
救急車を頼むときは、あわてずに気持ちを落ち着けて、要領よく、病人の状態と住所、連絡先、道順などを伝えます。

危篤の連絡を受けたらすぐ駆けつけよう

相手が連絡してくるということは、本人がぜひ会いたがっているわけですから、たとえ深夜であっても、できるだけ早く駆けつけるのが礼儀です。遠方に住んでいる場合は、病状が今にも危ない時間の問題なのか、数日の余裕があるのかを確認して、予定をやりくりしてから到着日時を知らせます。遠方からの場合は、そのまま数日滞在することを考慮して、着替えや下着類も持参します。喪服を持参するときには、知られないように気をつけます。
駆けつけて本人に会いましたら、本人の生命は時間との戦いですので、別れを惜しむ心を抑えて、短時間で切り上げることです。

服装は、普段着のままでよい

緊急の電話で駆けつけますので、そのときに着ている普段着で充分で、別に改まった服を着る必要はありません。決して失礼にあたりません。といって、外出できないような服装でも困ります。一応平服という感覚でいいでしょう。もちろん、早々と喪服で行くのはもってほかです。危篤とはいえ持ち直すこともありますので、絶対のタブーです。

葬のマナーと作法

[ 密葬・家族葬 ]密葬・家族葬死亡の連絡[ 死亡の連絡 ]