葬のマナーと作法 葬儀社の選び方

葬儀社の選び方

いい葬儀はいい葬儀社(葬儀屋)選びから始まります。

人によって違う、いいお葬式

「いいお葬式」と言われて、どんなお葬式を想像しますか?

参列者がたくさん来て、立派なお葬式ですか?

故人の人柄があらわれているお葬式ですか?

ひっそりと、質素なお葬式ですか?

演出がされて、感動できるお葬式ですか?

費用がとても安いお葬式ですか?

人によって、想像することは違うと思います。
「いいお葬式」がどんなお葬式なのかを、ひとことで言うのはとても難しいのです。

いい葬儀社の選び方

最近では、亡くなる方8割が病院で亡くなりますが、事前に遺族が葬儀社を決めていなければ、病院のから紹介されることもあります。
葬儀を依頼する立場の人からすると、現実的に病院指定の葬儀社を利用するかどうかが葬儀社の選択を考える大きなウエイトを占め、いったんその葬儀社を利用すると、強引に葬儀まで営業される可能性がある、ということです。
多くの場合、一般の業者に比べて費用が高くなります。病院からの紹介の葬儀社には、ご遺体の搬送だけを頼むこともできます。
多くの人は葬儀社を、知り合いの紹介で決めることが多いですが、まず、その知り合いの人を信頼できるかどうかが問題です。また、大手で有名だから良い葬儀社とも限りません。葬儀社を紹介する第三者機関もありますが、どのような基準で紹介しているのか、その機関が信頼できるかどうかを判断しなければいけません。
また、長年、地元密着型で、口コミの紹介でやってきた比較的小さな葬儀社には悪い葬儀社は少ないでしょう。いいかげんな葬儀をやっていると、こういった形では経営できなくなるからです。
葬儀社選びをする際に、最初に必要なのは、どんな葬儀がしたいのかを考えることです。大きな規模の葬儀をしたいのか、低価格の葬儀をしたいのか、心のこもったサービスのある葬儀がしたいのか、個性的な葬儀がしたいのか、をはっきりする必要があります。葬儀社にはそれぞれに特徴、得意・不得意がありますので、自分の希望する葬儀の形にあった葬儀社を選ぶことが大切です。
よい葬儀社の見分け方に、決定的な法則があるわけではありません。ですが、一言で言えば、丁寧な対応、分かりやすい説明、希望にあった提案をしてくれる葬儀社です。また、葬儀は担当者によっても変りますので、担当者の人柄によって選ぶことも方法です。

葬儀社の特徴・得意分野もさまざま

おおかたの葬儀社は、「家族葬から社葬まで何でも施行できます」や「どのような宗教宗派にも対応できます」、「低価格でサービスの質は最高」「具体的な葬儀の準備より前の段階での抽象的な事前相談でも快く相談に応じます」などとPRしていますが、価格・場所・サービスに照らし合わせて、やはり一長一短があります。

・駅前に立派な斎場を持っているが、価格は安くない、スタッフの対応は機械的

・会社名は聞いたこともないし小さいが無宗教の葬儀を取り仕切らせたら非常にうまい

・自社会館を持っていないのが、その分、自社会館に誘導する必要もないので、喪家にあった斎場をいくつも提案できる

・大規模な葬儀への対応は今一つだが、家族葬のような、こぢんまりした葬儀を温かい雰囲気を作り出すのがとにかくうまい

・地元に根付いた家族経営の葬儀社で洗練されたサービスというわけにはいかないが、「安かろう悪かろう」でなく、心がこもっていて安い

・場所は少し不便だが、家族葬向きの会館を持っていて、使い勝手がよく、ゆっくりとした静かなお別れの場にはぴったりのところ

・費用は決して安いわけではないが、社風がしっかりしていて、葬儀の規模にかかわりなく、小さい葬儀でも手を抜かない

・葬儀の施行の時には一生懸命だけれども、抽象的な葬儀の準備の段階では相談者の話を熱心に聞こうとしない。

葬のマナーと作法

[ 多様化する現代葬儀 ]多様化する現代葬儀葬祭ディレクター[ 葬祭ディレクター ]