葬のマナーと作法 葬儀社との打合せの仕方

葬儀社との打合せの仕方

わからないことが多いため、何でも葬儀社任せになってしまいがちなのが、葬儀の打ち合わせです。しかし、心に残る葬儀、後悔しない葬儀を行うためには、しっかりとした打ち合わせが必要です。
一般の人は葬儀に関してはほとんど知識がありませんし、時間的にも精神的にも余裕がない中で、専門家の葬儀社と打ち合わせすることになります。葬儀は人の死や心に関わるデリケートな問題ですし、社会的な面子も関係してきます。
しかし、こういったことばかりを気にしているのではなく、「こういった規模で、このくらいの予算で、こういう葬儀を行いたい。」と、自分(故人様)の希望をはっきり主張し、丁寧で正しい説明を求め、きちんとしたサービスを要求するとよいでしょう。

病院からのご遺体の病院

病院で亡くなる方は、8割近く亡くなります。まず、必要なのは、病院からのご遺体の搬送です。病院から紹介された葬儀社に搬送を依頼し、何もわからずそのまま葬儀も依頼することも多いでしょう。しかし、病院から紹介された業者だからといって良い業者かどうかはわかりません。あまり現実的ではありませんが、自家用車に載せてご遺体を自分で運ぶことも可能です。
また、病院の紹介する葬儀社以外の葬儀社に搬送を依頼することもできます。病院から紹介される葬儀社に搬送を依頼する場合も、とりあえずは、料金を確認して、搬送だけを依頼し、葬儀に関してはゆっくりと交渉して決めるのがいいでしょう。
病院からの搬送に棺は不要です。葬儀社が「棺が必要だ」と言ったら注意しましょう。すでに「お棺の料金」と「納棺の料金」が発生します。葬儀社にしてみれば、ご遺体を手中にすれば、搬送から葬儀まで決めることにつながりますから、慎重に検討する必要があります。病院にはなるだけ長く安置してもらうように交渉するとよいでしょう。 遺体の一時保管を行ってくれる専門施設がある場合もあります。

「すべてお任せします」は良くない

見積もりは、できれば、数社に連絡をとってもらい、比較をするのが良いでしょう。必ずしも値段の安いところを選ぶということではなくて、対応の中で、葬儀社の良さ、悪さが見えてくるからです。親族を亡くして精神的な余裕のない施主・喪主の方が葬儀社と一人で対応すると、正常な判断ができませんし、充分な交渉ができないかもしれません。信頼できる世話役を立て、親族数人で交渉するのが良いでしょう。
ありがちなのは、細かいことを自分達で判断する余裕がなく、葬儀社に「すべてお任せします」という態度を見せてしまうことです。
しかし、希望する形での葬儀を行いたいのであれば、「何でも自分達で判断します」、「葬儀社は他にもいくらでもありますから」という態度を見せることです。
葬儀社によっては、選択肢をすべて説明して施主側の判断を仰がずに、自分達の都合の良いものをだけを当たり前のように説明するかもしれません。選択肢をすべて説明してもらってそこから選ぶようにしましょう。
葬儀社によっては、火葬場や式場の予約や、遺体の安置の問題、友引などを理由にして、早く勧めるかもしれません。冷静に判断することが大事です。

お葬式の値段

どのようなグレードの葬儀にするかを決める際に、よく、「相場はどれくらいですか?」、「普通はどれくらいですか?」と聞きがちですし、葬儀社は良く「お宅様でしたら…」と言います。ですが、葬儀社の説明はあくまでも参考として捉えて、最終的には自分達で必要なグレードを判断しましょう。
また、いくつかのランクがあると、つい真中を選びがちです。値段とサービスのランクは必ずしも正比例するわけでもありません。「サービス」や「割引」「無料」といった言葉で、安易に判断することも避けましょう。
予算をはっきりして、それ以上は払わないと言って交渉することも良いでしょう。「見積もり書の見方」でも説明したように、葬儀社の提示している金額にどこまでが含まれているのかを確認し、葬儀費用の総額を考えて決めましょう。値段で問題なのは、総額です。「セット(プラン)料金」が安くても、「葬儀一式」の料金が安くてもそれだけで安心してはいけません。
仕出し料理や返礼品、生花も値段と内容を確認して、自分達の納得の行くものにしましょう。葬儀社のメニューに納得が行かなかったら、希望のものをリクエストしてみましょう。葬儀社を通さずに直接業者に頼むことができる場合もあります。
明細の項目の中で、よく分からないものや、常識的に考えて高すぎるのではないかと思うものがあれば、説明してもらいましょう。不要だと思ったものは断りましょう。

葬のマナーと作法

[ 葬儀見積書の見方 ]葬儀見積書の見方通夜(仏式の場合)[ 通夜(仏式の場合) ]