葬のマナーと作法 出棺の手順(仏式の場合)

出棺の手順(仏式の場合)

最後の対面

告別式が終了しますと、遺体を火葬場に運びますが、出棺にあたって、それなりの手順を踏むのがしきたりです。

全員の焼香が終わりましたら、祭壇から柩を下ろして頭を北向きに安置しますが、無理なら西向きでも構いません。火葬を前にして、遺族、親族、ごく親しい方だけで、柩の蓋を開けて最後の対面をします。
祭壇に備えてある生花を『別れ花』として遺体の周りに入れます。故人の愛用品や好物も入れてあげます。ただし、金属・ガラス・陶磁器類などの燃えない遺品は入れてはいけません。

釘打ちの儀

最後の対面を終えましたら、柩の蓋をして釘打ちの儀を行ないます。喪主か血縁の濃い順に、頭部から足先の方へ小石で二度づつ打ちつけるのがしきたりです。小石は『三途の川』の川原の石を意味していて、無事に三途の川を渡って成仏するようにという祈りがこめられています。
最後に葬儀社の人がすべての釘を打ち込み、覆いを掛けます。

出棺

いよいよ霊柩車に運び込みますが、六人の男性の近親者や友人、知人の手で、足のほうを前にして運び出し、そのまま足のほうから霊柩車に入れます。
柩の前に、喪主が位牌を持って先導し、第二次席の遺族が遺影も持って続きます。

遺族代表の挨拶

火葬場に出発する前、会葬者が霊柩車を見送るので、位牌を持った喪主か遺族代表が会葬者に挨拶を述べます。世話役代表がする場合もあります。

できるだけ簡潔に、手短く述べます。

1.会葬者へのお礼

2.生前世話になったお礼

3.遺族への支援の依頼がポイントとなります。臨終までの経過、故人への思い、遺族の覚悟を間にはさんでもかまいません。ただ、故人の経歴や功績をくどくどと述べるのは止めたほうがいいでしょう。

火葬場への出発

火葬場へ行くのは、遺族、親族、ごく親しい人だけというのが原則です。
出発順位は、先頭が霊柩車で、遺族は乗らないのが建て前ですが、柩を守る意味で、喪主か次席の遺族が同乗することもあります。
続いて、一号車に位牌を持つ喪主、遺影を持つ次席の遺族、そして遺族代表などが乗ります。二号車、三号車と親族と血縁順に分乗します。マイクロバスを利用することもあります。
車中の次席は、後部座席の奥が上席で喪主が座り、続いてドアに近い席が次席で三人がけのときは中央、そして助手席の順になります。

車中の次席

車中の次席

葬のマナーと作法

[ 葬儀・告別式(仏式の場合) ]葬儀・告別式(仏式の場合)火葬(仏式の場合)[ 火葬(仏式の場合) ]