葬のマナーと作法 臨終(神式の場合)

臨終(神式の場合)

故人を守護神として祀る儀式

日本では、葬式というと仏式が非常に多いようですが、古さという点では、奈良時代に仏教を国教とするまでは、神式の葬儀が行なわれてきました。日本古来の伝統的な葬儀といえます。
神式の葬儀は、「神葬祭」と呼び、故人の霊魂を一家の守護神、氏神として祀る儀式です。長い間、仏式と影響し合い、似ているところもありますが、葬具、祭具、葬場の設営も神式独特のものが多く、儀式も数多く、荘重な雰囲気が特徴的となっています。
神式では、聖域であります神社を葬場にはできません。自宅もしくは斎場を借りて行ないます。
式次第は、宗派や地方によって違いがありますが、一般的な手順として、帰幽奉告、枕直しの儀、納棺の儀、通夜祭、遷霊祭、葬場祭、出棺祭、火葬祭、埋葬祭、帰夜祭などが主な儀式です。
神式の葬儀は比較的少ない上に儀軌が煩雑ですがら神官や葬儀社によく相談すればすべて行なってくれます。

臨終の作法

帰幽奉告

神式には、仏式のような「末期の水」のような特別な儀式はあまりありませんが、仏式に準じて行なう向きも少なくありません。
人が亡くなって、神棚や祖霊舎(先祖を祭った神棚)に、「○○○○が帰幽いたしました」と、死亡の報告をして、神棚や祖霊舎の扉を閉め、白い半紙を貼ります。これが、忌入りの札」です。帰幽とは神道では死去を意味します。氏神や故人が生前参詣していた神社にも、代理人二人を立てて帰幽奉告します。喪主が在宅のまま遥拝して奉告して構いません。

枕直しの儀

遺体を安置する部屋を「殯室」といいます。「殯」とは、屍を棺に納めて賓客として遇するという意味です。遺体は一般に「北枕」にするが、これは仏教の影響です。地方によっては「東枕」や部屋の上手に枕を向ける風習もあります。白地の上下の布団に寝かせ、顔に白い布をかけます。この布を神道では「忌布」と呼びます。守り刀として小刀を置き、刃は遺体と反対の方向にむけます。さらに、白無地の逆さ屏風を立てます。

枕飾り

「案」と呼ぶ白木の台に、神饌(神に捧げる食物、供物一般)をのせた三方か土器を置き、「案」の両側に灯明、榊を飾ります。

神式の枕飾り

神式の枕飾り

常饌と生饌

神饌として供える食物は、仏式では魚肉類の生臭物はタブーですが、神式では、魚、肉、酒など何を供えてもかまいません。一般には、洗い米、塩、水などの生ものが供えられますが、これは「生饌」と呼ばれます。野菜、くだもの等も生饌です。これに対して、平常の食物を「常饌」と呼び、故人が生前好んだ食事も常饌です。神饌としては、生饌も常饌も供えられます。

葬のマナーと作法

[ 精進落とし(仏式の場合) ]精進落とし(仏式の場合)納棺の儀(神式の場合)[ 納棺の儀(神式の場合) ]