葬のマナーと作法 納棺の儀(神式の場合)

納棺の儀(神式の場合)

式次第

通夜祭に備えて、納棺の儀が行なわれます。一般的な手順は次のとおりで、前後二段階に分かれます。

1.一族入室

喪主、遺族、親族が殯室に入る

2.喪主拝礼

喪主が遺体に拝礼し、一同これにならって拝礼。一拝がしきたり

3.沐浴(もくよく)

遺体を湯やアルコールで拭き清める。仏式の「湯灌」にあたります。

4.死装束

白小袖が正式で、白い帯、白足袋を用います。最近は故人が生前愛用していた衣服を着せることもあります。葬儀社が納棺用の「神衣」を用意してくれます。

5.納棺

白い敷布団ごと納棺し、白い掛布団をかけ、上に礼服をかけます。冠、扇、愛用の品も入れます。納棺しましたら、田立に釘打ちをして白い布をかぶせます。

以上が納棺の儀の前段階で、このあと表座敷に柩を移して用意してある祭壇に安置します。なお、沐浴、、死装束は、臨終のすぐあとに行なわれることもあります。

手水(ちょうず)の儀

ここで、一同、「手水(ちょうず)の儀」で身を清め、後段階に写ります。

6.一同着席

喪主、遺族、親族が祭壇の前に着席します。

7.喪主拝礼

喪主が拝礼、一同もこれにならいます。

8.献餞

遺族、親族が常餞、供物を捧げます。

9.一同拝礼

喪主に続いて遺族、親族が席次順に拝礼します。

10.徹餞

供えた神餞を下げる

11.喪主拝礼

喪主が拝礼し、一同これにならって拝礼します。
神式では、拝礼の前には、必ず身のけがれを清めるために「手水の儀」を行ないます。白木の手水桶、桶台、水受け、柄杓、拭い紙を用意します。まず、右手で柄杓を持って手水桶の水をすくい、三度に分けて左手に注ぎ、次に柄杓を左手に持ち替えて同じ要領で右手に注ぎます。最後に左手のひら、に水を受けて口をすすぎ、左手を洗ってから、柄杓を戻し、そばに用意された拭い紙で手を拭います。
しかし最近は簡略化されて、洗面所で手を洗うだけで済ますケースも増えているようです。

手水の儀のしかた

手水の儀のしかた

棺前日供(かんぜんにちぐ)の儀

納棺されてから出棺まで、遺族は朝夕二回、棺の前に常餞や生餞を供えて拝礼するのがしきたりになっています。

墓所祓徐(ばじょばつじょ)の儀

納棺のあと、喪家の代理人が参列して、神官に墓所を祓い清めてもらう「墓所祓徐の儀」をしてもらいます。新しく墓所をつくる場合は、工事前に地鎮祭を行ないその土地の氏神を祀ります。

葬のマナーと作法

[ 臨終(神式の場合) ]臨終(神式の場合)通夜祭(神式)[ 通夜祭(神式) ]