葬のマナーと作法 通夜祭(神式)

通夜祭(神式)

式次第

故人に対して、生前と同じように礼を尽くして奉仕する祭儀がこの通夜祭で、別の祭儀である遷都霊祭と一緒に行なわれることもあります。
席次や式次第、弔問客への応対は、仏式の通夜と同じです。

通夜祭の前に、参列者全員が手水の儀でけがれを落とします。

1.一般列席者着席

2.楽員、斎主、副斎主、斎員入場、着席

3.喪主、遺族、親族が入場、着席によって開式となります。

4.斎主拝礼(一同これにならって拝礼)

5.献饌(副斎主、斎員が神饌を供える)

6.斎主の祭詞奏上(一同低頭)

7.楽員の奏楽

8.斎主による玉串奉奠と拝礼

9.喪主、遺族、親族の玉串奉奠と拝礼

10.一般参列者の玉串奉奠と拝礼

11.徹饌(副斎主、斎員が神饌を下げる)

12.斎主拝礼(一同これにならって拝礼)

13.一同退席によって閉式

玉串奉奠

玉串とは、榊か常緑の常盤木に四手(奉書紙、または半紙を細長く切ったもの)をつけたもので、昔は木綿を付けました。串は神の象徴で、祭神の標木として地上に刺して立てたことに由来しています。玉串は、元来、玉をつけたからとも、田向串が転じたものとも言われますが、神への捧げものとして神事には欠かせないもので、神前結婚式でも玉串を捧げます。
斎主に一礼して玉串を受け取り、玉串案に進み出て神前に一礼したあと、玉串の向きを変えてさし出し、一歩下がってから、二礼二拍一礼(二回の拝礼、二回の拍手、一回の拝礼)をして自席に戻ります。
ただ神前結婚式その他の拝礼の場合と違って、葬儀の場合は「しのび手」といって拍手の祭、音を立てないのがしきたりです。

玉串の捧げ方

玉串の捧げ方

遷霊祭

遷霊祭とは「みたまうつし」ともいい、神道では、死者の肉体は「なきがら」とされ、死者の霊は「霊璽(れいじ)」に移す。「霊璽」は「霊代(たましろ)」とも呼ばれ、神鏡、笏(しゃく)、小剣、故人の愛用品が「霊璽」として用いられます。位牌のような「木主(ぼくしゅ)」が使えわれます。仏式の位牌に相当します。
遷霊祭は、故人の霊を遺体から霊璽に移す儀式で、正式には、殯室とは別に「仮霊舎(かりのみたやま)」を用意しておきます。仏式の後飾りと同じ要領でしつらえた祭壇です。夜間、明かりを消して行なわれます。

式次第

1.遷璽の儀

明かりをすべて消して、斎主が「修祓」によって、すべてのけがれを祓い、清めたあろ、柩の故人の顔に霊璽の表面をかざして遷霊詞を唱え、「オーシィー」と警蹕(けいひつ)の声をかけた瞬間、故人の霊が霊璽に移ったとされます。斎主は、故人の霊が移った霊璽に覆いをかけて、仮霊舎に安置します。

2.一同着席

明かりがつけられ、一同が仮霊舎の前に着席します。

3.斎主による遷霊祭詞の奏上

一同は低頭

4.玉串奉奠と拝礼

斎主に続き、一同が玉串奉奠と拝礼をして、儀式は終わります。

最近は、仮霊舎を設けず、柩の前に置かれることが多くなりました。
遷霊祭が終わって、故人の霊は一家の守護神、氏神になります。
男性の場合、生前の名に「命(みこと)」、女性は、「姫命(ひめみこと)」の敬称をつけて呼ぶのがしきたりです。なお、高齢者の場合、男性には「大人(うし)」、女性には「刀自(とじ)」をつけることもあります。

通夜ぶるまい

通夜祭、遷霊祭が終わりますと、仏式同様に、通夜ぶるまいが行なわれます。ただし、神式では喪家で火を用いるのが避けます。
もてなし方もマナーも、仏式と同じです。

葬のマナーと作法

[ 納棺の儀(神式の場合) ]納棺の儀(神式の場合)葬場祭(神式)[ 葬場祭(神式) ]