葬のマナーと作法 葬場祭(神式)

葬場祭(神式)

神式の葬儀の中心は、この葬場祭で、仏式の葬儀、告別式にあたります。故人んぽ霊を守護神として崇め祀るための儀式です。
席次、式次第、会葬者への応対は、仏式の葬儀、告別式と同じと考えてもいいでしょう。

葬場の設営

神社は、聖域なので葬場としては使えませんので、自宅か斎場を借りることになります。
斎場の周りには「忌竹(いみだけ)」を立てて、しめ縄を張り、青幕(青白帯)をめぐらして、祭壇中央に柩を安置します。
設営に際して、さまざまな飾り付けがあります。しきたりもあるので、煩雑ですが、葬儀社が一切を取り仕切ってくれます。事前に、神官、葬儀社と充分打ち合わせしておきます。

式次第

まず参列者全員が手水の儀で身を清めます。

1.一般参列者入場、着席

2.楽員、斎主、副斎主、斎員入場、着席

3.喪主、遺族、親族入場、着席

4.開式の辞
(司会者もしくは進行係に行ないます。)

5.修祓の儀
(斎主が葬場、供物、斎員、参列者すべてを祓い清める。一同低頭にてお祓いを受ける。椅子の場合は起立して低頭)

6.斎主拝礼
(一同これに習って拝礼)

7.献饌・奉幣の儀
(副斎主、斎員が神饌や幣帛(へいはく)を供え、楽員が雅楽を奏でるます。幣帛とは、布、帛、紙を始め一切の供物のこと。開式前に供えておき、斎員が御神酒の蓋をとるだけのことも多い)

8.祭詞奏上(さいしそうじょう)
(斎主が祭壇の前に立ち、祭詞(のりと)を奏上します。祭詞には、故人の略歴、功績などが織り込まれ、故人の霊を崇め、遺族の守護を祈願する内容。一同低頭)

9.誅詞奏上(しのびことばそうじょう)・誅歌奏楽(るいかそうがく)
(副斎主が、故人の死をいたんで生前の徳を偲び誅詞を奏上し、雅楽が奏でられる。これを誅歌奏楽といいます。)

10.弔辞・弔電披露
(仏式と同じ)

11.玉串奉奠
(斎主のあと、喪主以下、席順に玉串を捧げる。)

12.斎主拝礼
(一同これに習って拝礼)

13.徹饌(てっせん)・徹幣(てっへい)の儀
(奏楽のなか副斎主、斎員が神饌や幣帛を下げる)

14.斎主、、副斎主、斎員退場

15.遺族代表の挨拶
(喪主もしくは遺族代表の挨拶は省略されて、出棺の際に行なわれることが多くなりました。)

16.閉式の辞
(司会者もしくは進行係が「これをもちまして故○○○○の葬場祭は滞りなく終了しました」と宣言し、さらに「これより、告別式に移ります」と述べます。)

17.喪主、遺族、親族の席改め
(告別式の開始の言葉を機に、一般会葬者の玉串奉奠のための中央通路に向かって、席の向きを変えて座ります。)

18.一般会葬者の玉串奉奠
(先着順に玉串を捧げます。)

19.遺族代表の挨拶
(これも省略されることもあります。)

20.告別式閉式の辞
(司会者もしくは進行係)

なお、11.の喪主、遺族、親族、関係者の玉串奉奠のあと、18.の一般会葬者の玉串奉奠が引き続き行なわれることもあります。

出棺祭

自宅で葬場祭が行なわれる場合は、葬場祭が終わると、出棺祭があります。ただし、葬場祭が斎場で行なわれる場合は、自宅を出る前に行なわれ、葬場祭の前になります。
しかし、最近は、葬場祭のときに出棺の祭詞も含めて奏上し、出棺祭を省略することが多くなりました。
納棺の儀のときに釘打ちをせず、葬場祭のあと、出棺する前に、遺族、親族が最後の対面をしてから釘打ちすることも多くなりました。

式次第

出棺祭の式次第の一般例を紹介します。

柩のうしろに「○○○○之柩」と書いた銘旗を立て、柩の上に守り刀を置き、沓台を用意して「浅沓(あさぐつ)」(束帯衣冠に用いる黒塗りの桐製の履き物)などを置きます。

参列者一同、手水の儀で身を清めて入場します。

1.斎主拝礼
(一同これに習って拝礼)

2.すだれ、ほろ
(斎員によって掲げられる)

3.献饌
(副斎主、斎員による)

4.斎主の祭詞奏上、玉串奉奠

5.喪主、遺族、親族の玉串奉奠

6.徹饌
(副斎主、斎員による)

7.斎主拝礼、退出、斎員退出

このあと、柩を霊柩車に移しますが、作法は仏式とまったく同じです。火葬祭飾り付けるために、花、神饌、旗、葬具等も、柩に従って運びます。地方によっては、先導者、斎員、斎主、柩、喪主、遺族、親族が葬列を組んで霊柩車まで運びます。
霊柩車の前には、一般参列者が見送りのために集まりますので、喪主もしくは親族代表が挨拶をします。挨拶が終わりますと、車に分乗して火葬場に向かいます。

葬のマナーと作法

[ 通夜祭(神式) ]通夜祭(神式)火葬祭(神式)[ 火葬祭(神式) ]