葬のマナーと作法 火葬祭(神式)

火葬祭(神式)

神式は元来、土葬でしたが、現在ではほとんど火葬されています。
火葬祭には、葬場から運んできた花、神饌、旗、葬具など飾り付けます。仏式の納めの儀に相当し、手順も同じです。
斎主の祭詞奏上のあと、喪主から玉串奉奠を行い、斎員が神饌を献じ、斎主の拝礼で終わります。そしてかまどに柩を納めて、一同は退席します。
火葬のあと控室で茶菓の接待があり、骨揚げの儀式も仏式と同じです。
神式では、火葬が終わると、そのまま墓所におもむいて埋骨するのが、本来のしきたりです。しかし、最近では、いったん遺骨を自宅に持ち帰るケースも多くなってます。

埋葬祭

土葬が正式の埋葬

現在、我が国では、原則として土葬が禁じられていますが、本来神道では、土葬が正式な葬り方です。最近は、ほとんど火葬ですが、今でも地方では、土葬にしていることもあります。
土葬の場合、葬場祭、出棺祭ののちに、たいまつ、榊、神饌、銘旗、さまざまな色の旗を持った喪主、遺族、親族、友人、知人、関係者が柩共々墓所へ向かいます。
この伝統から、火葬の場合も、骨揚げがすむと、遺骨をその日のうちに墓所に納める風習がありましたが、前述のようにいったん自家に持ち帰るケースも増えてきました。

墓所の設営と埋葬

墓所に運び込まれた柩は、あらかじめ掘られた墓穴の前に安置されます。墓所の周囲には「忌竹」を立てて、しめ縄を張り、幌舎を設けて、葬具、饌案などを置きます。
斎主が柩や遺骨に対して拝礼し、一同これに習って拝礼すると、遺骨や柩が静かに墓穴に下ろされ、喪主、遺族、親族などが、順次鍬をとって土をかけます。
埋葬後、墓標を立て、銘旗、榊、花などを作法通りに配置し、墓標の前に神饌案を置いて、埋葬祭を待ちます。作法は葬儀社にまかせておけばいいでしょう。

式次第

一同、まず手水の儀で身を清めてから着席します。斎主が拝礼すると、一同これに習って拝礼します。斎主が祭詞を奏上します。そして斎主以下一同が玉串を捧げます。
斎員が神饌を下げ、斎主が拝礼して、一同がこれに習って拝礼します。

帰家祭

後祓の儀

出棺のあと、火葬場に行かなかった親族、世話役、お手伝いの人たちは、祭壇を片付けて家の内外を清掃したあと、簡単な小案をしつらえて、後祓の儀をしてもらいます。
一同、手水の儀のあと、小案の前に着席しますと、修祓のために居残った神官(抜主)が祓詞を奏上し、列席者一同を祓い清め、仮霊舎(かりのみたま)、各部屋、家の内外を修祓します。
このあと、仮霊舎がなければ、遺骨を迎える祭壇の準備をします。そして火葬場から戻ってくる人のために手水の儀のための道具を門口または玄関口に用意します。

式次第

火葬場から帰ってきた人たちは、入口に用意された手水で身を清め、居残った人々に塩をかけてもらい、お祓いを受けてから、初めて家んの中に入ります。
まず遺骨を仮霊舎に安置します。新たに祭壇を設けた場合は、祭壇に霊璽を置き、遺骨を安置し、故人の遺影、神饌、供花、榊、灯明などを飾り付けて帰家祭の儀を行います。
斎主が、葬儀終了を奉告する祭詞を奏上し、斎主以下、一同が玉串奉奠し、斎主拝礼ののちに一同拝礼して帰家祭の儀は終わります。
このとき、仏式で初七日の法要を済ませてしますことがあるのと同様に、十日祭を済ませることもあります。
このあと、世話役、お手伝いの方々の労をねぎらって、簡単な宴席を設けます。
神式の忌明けは、三十日祭か五十日祭とされていて、遺骨はそれまで仮霊舎に安置するのが普通です。

葬のマナーと作法

[ 葬場祭(神式) ]葬場祭(神式)キリスト教式(プロテスタント)[ キリスト教式(プロテスタント) ]