葬のマナーと作法 キリスト教式(カトリック)

キリスト教式(カトリック)

カトリックは、プロテスタントに比べて歴史が古く、伝統が重んじられて儀式的な色彩が強い。雰囲気も荘重で、聖水撒布(撒水)が特色です。聖職者の呼び方も、プロテスタントで牧師と呼ぶのに対して、カトリックでは司祭と呼ばれます。神父という敬称で呼ばれることもあります。また、プロテスタント諸派では讃美歌が歌われるが、カトリックでは聖歌が歌われます。
従来は、教会所属の教徒以外の葬儀を行なわない教会がほとんどでしたが、最近では、ややゆるやかになってきました。
なお、日本では、撒水の習慣がまだなじまず、献花や焼香を行なうところがあります。

臨終の作法

死期が近づくと、意識がはっきりしていうちに司祭を招き、告解を聞いたあと、「終由(しゅうゆ)の秘跡(ひせき)」という儀式が行なわれます。この儀式のために、枕飾りが準備されます。

枕飾り

白い布をかけた小机の上に、十字架、二本のろうそく、パンの小片、コップの水、適当な大きさに分けられた綿、聖油壺、タオルなどが用意します。

カトリックの枕飾り

カトリックの枕飾り

終由の秘跡

秘跡とは、主と交わるための手段となる儀式のことで、洗礼、堅信、聖体、告解、終油、叙階、婚姻の七種の秘跡が定められいます。終油の秘跡はそのひとつです。
まず、司祭が回心の祈祷、聖書朗読のあと、司祭の先唱で、遺族、親族一同が祈祷し、司祭が信者の頭に手をおいて、信者の額、両手等に「聖油」を塗り、信者の罪がすべて許され、永遠の安息が得られるように祈願します。「聖油」(聖香油)を塗りますと、罪が許され、主の恵みが得られるとされます。
臨終にある者が持ち直したら、また臨終になったときに、再び「終油の秘跡」を行なってもかまいません。

聖体拝領

聖体とはキリストの体のこと。ここではキリストの体を表わすパン、キリストの血を表わすワインのことで、司祭が教会から持参したパンとぶどう酒を口に入れてあげます。キリストの血と皿と肉を拝領することによって、復活を保証されるといわれます。
死去後、遺体清め、死化粧、衣服の着替えなどをしたあと、納棺まで布団に寝かせて安置します。北枕などの風習はありません。ろうそくの火は絶やさないようにします。

撒水(聖水撒布)

司祭の唱導で、喪主、遺族、親族、関係者が聖書を朗読し、聖歌を歌い、故人の安息を祈って遺体に「聖水」を振りかけます。
「聖水」は聖別された水のことで、聖別とは、俗から聖を区別し、俗的な使用から聖的な使用に移すことです。つまり、司祭の祈祷によって清められた水を聖水といいます。

納棺式

カトリックの場合、納棺式は特に定められていません。式次第もプロテスタントの場合とほぼ同じで、カトリック独特の撒水が加わります。
司祭の聖書朗読のあと、遺族たちの聖歌斉唱があり、司祭が納棺の言葉を述べて、遺体は納棺されます。柩の中で遺体の手を組み合わせ、白い花で飾り、故人愛用の十字架やロザリオを持たせたあと、蓋をして黒い布で覆って安置します。柩の上に白い花で作られた十字架が置かれます。
一同、故人が愛唱した聖歌を歌ってから司祭の祈祷、故人を偲ぶ言葉、聖歌斉唱、そして祈祷のあと、司祭、遺族、親族、参列者の順で撒水されます。
司祭を呼ばない場合は、参列者の一人が中心になって納棺式を行ないます。

前夜式

カトリックには、本来前夜式はありませんが、最近はプロテスタントの前夜式に準じて行なわれるようになりました。
柩の前に枕飾りを置き、司祭の祈祷、一同の聖歌斉唱、聖書朗読、司祭の説教のあと、一同で祈祷を捧げます。そして、司祭、遺族、親族、参列者の順に聖水をそそぎます。
二本では、撒水の代わりに献花や焼香が行なわれことが多いようです。
遺族代表の挨拶をする場合もあり、式のあと、一同、茶菓をいただきながら故人を偲びます。

出棺式

出棺は、自宅から葬儀が行なわれる教会へ運ばれるときと、教会から火葬場に運ばれるときがありますが、はっきりとした儀式はありません。司祭による祈祷、一同の祈祷、聖歌斉唱のあと、遺族たちは最後のお別れをします。

教会葬

カトリックの教会葬は、キリストに感謝し、故人の罪を許しを乞い、天国での安息を祈願するのが主旨で、儀式としては、入堂式、ミサ聖祭、赦祷式(しゃとうしき)からから成り立っています。告別式は本来ありません。教派によってはこの三儀式以外は禁じることもあります。葬儀、祭壇等、一切を教会がとりしきりことも多いようです。

入堂式

司祭、遺族などの参列者が入堂し、柩を迎えて祭壇に安置するための儀式で、次の四段階から成り立っています。

1.参列者入堂
(遺族、親族、関係者や信者たちが聖堂に集まります。席次はプロテスタントと同じで、一般参列者の席次はこだわりません。

2.柩の到着
(司祭が聖堂の入口で柩を迎え、柩は入口にいったん置かれます。司祭の撒水、祈祷があり、参列者が唱和します。)

3.柩の安置
(十字架を先頭に、司祭の先導で柩が運ばれ、聖堂中央の祭壇に、足の方を向けて安置します。柩の上に花の十字架が置かれ、周囲に花が飾られ、そのまわりに六本のろうそくが立てられます。司祭と参列者が祈祷の言葉を交互に唱える)

4.参列者着席
(柩が安置されたあと、参列者一同着席し、次のミサ聖祭を待ちます。)

ミサ聖祭

ミサ聖祭は、カトリックで最も重要な儀式で極めて荘重に行われます。ミサ聖祭は、キリストが人々のために犠牲となり、自らの生命を十字架に捧げたことへの感謝を表わし、あわせて主にキリストの聖体と聖血を捧げる儀式です。故人がカトリック信者の場合のみ行なわれ、信者でなければ省略されて、次の赦祷式に進みます。
ミサ聖祭は、司祭と侍者の口誦を中心に、神にキリストともどもを奉献し、死者のために祈ります。この祈祷の言葉の儀式に聖体拝領の儀式が加えられます。
信者は司祭の祈祷の言葉に従って自らも捧げ、キリストの恵みに感謝し、故人の安息を祈りますが、信者でない一般参列者は着席したまま、儀式の進行を見守って、故人の安息を祈ります。

赦祷式

赦祷式は、故人の生前の信仰と善行によって罪の許しを主に乞い、天に召されて永遠の安息が得られるように祈る儀式です。
ミサのあと、副司祭が柩の前で十字架を捧げ、司祭の祈祷、一同聖歌斉唱のあと黙祷します。左右に香炉と聖水を持った侍者が立つ中、司祭は祭壇を背にして柩の前に立ち、聖水を柩に注いで死者の罪を清めます。ついで下げ香炉を振りながら柩の周囲を回り、故人の信仰と善行によって罪をはらいます。撒水、撒香のあと、司祭の祈祷、一同聖歌斉唱のあと、柩は退堂し、司祭、侍者も退出して式は終わります。
告別式をしたければ、あらかじめ教会の了解をとって。教会の指示のもと、遺族ほか一般参列者の献花、弔辞朗読、弔電披露、遺族代表の挨拶を行なうこともあります。

火葬式

出棺、火葬の手順は基本的にプロテスタントと同じで、撒水、撒香が加わります。
柩が火葬場に着きましたら、かまどの前にして参列者一同が聖歌を歌い、司祭の祈祷のあと、司祭と参列者が聖句を交互に唱し、撒水、撒香があり、再び司祭の祈祷、聖句の交唱が終わってから、火葬に付けられます。

埋葬式

司祭は墓所の入口で祭服を身につけ、参加者が聖歌を斉唱しながら墓まで行進します。
墓所が聖別されていなければ、司祭が、聖別の祈祷をします。
柩を墓穴の前に安置すると、一同祈祷し、司祭が聖句を唱じたあと、一同聖歌を歌い、司祭が再び聖句を唱えて、柩(遺骨)は墓穴に下ろされます。そのあと、司祭が三度土をかけ、聖句を唱え、参列者と交唱し、撒香し祈祷します。最

幼児葬

カトリックでは、洗礼を受けた児は、七歳まで罪やけがれはないものとみなされ、七歳未満で亡くなりますと死後、ただちに天に召されるので、赦祷式はありません。
納棺に際しては、純潔を表わす花冠をかぶせ、柩を白い布で覆い、司祭は白い祭服で葬儀を行ないます。式次第は、赦祷式を除いて、大人の場合と同じです。

葬のマナーと作法

[ キリスト教式(プロテスタント) ]キリスト教式(プロテスタント)無宗教式[ 無宗教式 ]