葬のマナーと作法 香典の心得とマナー

香典の心得とマナー

香典は昔、米麦だった

もともと「香奠」と書かれたのが、現在では「香典」と書かれるようになりました。死者の霊に手向ける香の代金として、親族、知人から喪家に贈られる金銭のことで、昔は「つなぎ」と呼ばれていました。「つばぎ」とは、銭さしに穴銭を通すことで、古くから金銭を贈っていたことがわかります。それ以前は、米、麦、野菜などで、「入れ米」「枕米」などとも呼ばれていました。今でも「1表香奠」といわれて、親族から贈られた米俵を玄関に飾る地方もあります。
今では、喪家の経済的負担を軽くするために協力する意味で、現金が贈られのが普通になりました。地方によっては、通夜に供物、葬儀に香典と、二回に分けて贈るところもあります。

出す時期は通夜か葬儀の際

初めて弔問したときに出すのが原で、一般的には通夜に持参するのがしきたりなっていますが、通夜に弔問しない人、都合で弔問できなかった人は、葬儀、告別式のときに持参します。
臨終直後に取りあえず駆けつけた席で香典を出すのは、手回しがよすぎて喪家に不快感を与えかねません。また取り込みの最中で、香典がとりまぎれて紛失することもあり、あとで双方の行き違いで気まずい思いをすることにもなります。改めて通夜に持参するようにします。

金額を決める基本

香典の金額をいくらにするかは、故人、遺族とのつきあいの程度、自分の立場、地域差、貨幣価値の変動などによって、いちがいには言えません。
「喜事(よろこびごと)には少なめに、弔事(とむらいごと)には多めに」そして「目上には薄く、目下には暑く」というのが基本です。
また、故人が一家の主人や主婦の場合は多めに、老人や子供の場合は少なめに考えます。
大ざっぱに、月収の一〜三パーセントという目安もありますが、それよりも、同じような立場の人が身近にいましたら、事前に相談してバランスをとるのが賢明です。職場の慣習で相場が決まっていることが多いので、職場関係ならそれに従ってください。
また。金額の数に縁起をかつぐ人もいます。「二度とないように」と「二」という数字を避け、「四」は「死」に通じると忌み、二千円、四千円、二万円、四万円を避ける人も少なくありません。中には偶数を避ける人もいます。
これは根拠のない縁起にすぎません。基本的には気にすることはありませんが、喪家が縁起をかつぐ人でしたら、非常識呼ばわりされかねませんので、一応避けるのがいいかもしれません。
現金は葬儀では、新札を使わないのがしきたりです。

香典の目安

香典の金額は、基本的には故人との付き合いの深さによって判断されるのが良いでしょう。以下の金額はあくまで目安ですので、あくまでご自身で判断し金額をお決めくださいますようお願いいたします。

故人 香典の金額の目安
両親 5万円〜10万円
兄弟・姉妹 3万円〜5万円
祖父母 1万円〜3万円
おじ・おば 1万円〜3万円
その他の親戚 1万円〜2万円
友人・知人 1万円
友人・知人の家族 5千円〜1万円
仕事仲間 5千円〜1万円
ご近所 3千円〜5千円

正式な包み方

正式には、現金を包んだ「中包み」(内包み)を、さらに「上包み」(表包み)で包みます。
中包みは半紙を使い、上包みは奉書紙を用います。奉書紙の代わりに、美濃紙、糊入れ紙が使われることがあります。香典が高額の場合は、新檀紙、小高檀紙を使う人もいます。
上包みの折り方は、慶事の場合とは逆に凶の形にします。つまり左右は、右から折り込んで左を上にして包み、上下は下を先に折り、上を重ねます。
水引は黒と白か銀一色を結び切りしてかけます。
最近は市販の香典袋を利用すること多く、中袋は封をしないのが決まりです。

香典の包み方

香典の包み方

上包み(香典袋)の表書き

もともとは品名と数量を書く目録の意味がありましたので、水引の上に「御香料」、下に「金○○円」と書き、その左寄りに姓名を書きましたが、現??t4????莉?荵莉?在では、金額は小さく裏書きされたり、中包み(中袋)に書かれるようになりました。
正式には毛筆、薄墨で書きますが、香典袋では筆ペンやサインペンも使われるようになりました。水引の上に書く表書きの形式は、仏式、神式、キリスト教式によって違います。

仏式・・・御霊前 御香料 御香典 御供物料 御香華料

神式・・・御玉串料 御神饌料 御榊料 御神前 御供物料

キリスト教式・・・御弔慰料

キリスト教式 プロテスタント・・・御花料

キリスト教式 カトリック・・・御ミサ料

なお、「御霊前」は、宗派に関係なく、共通して使えます。
ただ、ある程度の期間が過ぎると使いませんので注意してください。また、香典袋に蓮の模様が入っているものは、仏式に限られます。
水引の下には姓名を書きます。苗字と名前をフルネームで書くのが礼儀です。先方の整理上の手間を配慮して、姓名の右肩に小さく住所を入れておくのもいいでしょう。また、社名、肩書きを入れたいときには、名前の右肩に小さく添え書きをします。名刺を用いるときは、左下隅に貼ります。

金額と住所、氏名の記入

中包みには、表側中央に金額を記し、裏側に住所、氏名を書きます。
香典袋の中袋には、金額の記入欄がありますので、そこに記入し、住所、氏名を添えます。このよに金額、住所、氏名を記入するのは、喪家側の香典係、会計係の労力を少しでも軽くするためです。

むき出しで持参しない

香典はむき出しのまま持参するのは無作法で、袱紗か風呂敷に包んで持参します。最近は、中身が傷まないよいように配慮された台付きの袱紗もあります。
袱紗や風呂敷は紫、紺、グレイなど地味な色のものにします。風呂敷ならば無地が良い。袱紗の包み方は慶事とは逆に右側からたたみます。
受付で袱紗から取り出し、「ご霊前にお供えください」と挨拶し、両手を添えて受付のほうに向けて差し出します。祭壇に手向ける場合も向こうに向けて供えるのが普通です。
袱紗ごと出すのは相手に手数をかけますので、お供え本来の意味にもそぐみません。

弔事用袱紗のたたみ方

弔事用袱紗のたたみ方

郵送の際の注意

通夜、葬儀、告別式のいずれにも出席できないときには弔電を打ちます。急ぎ香典を郵送します。
現金書留封筒んは、市販の香典袋が入りますので、現金を中袋に入れて速達で送ります。半紙に紙幣を包んで、表書きして送ってもかまいません。現金書留とは別に参列できない理由を書いてお詫びをして、遺族を慰め励ます手紙を出すのを忘れずにします。宛名は、喪主宛にします。

葬のマナーと作法

[ 無宗教式 ]無宗教式供物・供花の心得[ 供物・供花の心得 ]