葬のマナーと作法 供物・供花の心得

供物・供花の心得

香典と別におくるのか

香典と供物の両方を贈るのか、一方だけにするのか迷う人も多いでしょう。香典と供物とは同じ意味ですので、原則として香典か供物どちらでもかまいません。香典のほかに、同窓会一同とか、団体で生花、供物を贈る際には、その一員に加わることもあります。両方とも贈る方も多いようです。

贈る前に喪家に連絡

供物、供花は、ことに花輪や生花は場所の配置を前もって喪家側で考える必要がありますので、贈る前に遺族や世話役代表と相談します。花輪は喪家の立地条件に左右しますので、必ず喪家側に連絡します。
また最近は、喪家で供物を辞退することもあり、事前に喪家か世話役代表に連絡した際、辞退されましたら、やはり遠慮するのが礼儀です。
喪家が死亡通知状、死亡広告などを出す際、供物を辞退する旨を述べておきますと、弔問側、会葬側としては対応しやすいものです。

供物の品々

供物としては、特に決まりはありませんが、供物のほか果物、または干菓子など日持ちのする菓子類、酒類などあります。仏式ならば線香、蝋燭を香典に添えて贈ることがあります。また通夜の夜食用の食品を贈ることもあります。地方によっては、米、麦などの五穀を贈るところもあります。
祭壇の両脇に飾る生花は、親族が共同で贈る習わしもあります。
また、仏式では魚や肉などのなまぐさものはタブーですが、神式ではかまいません。ただし神式では、線香や抹香類は贈りません。キリスト教式では、花以外は飾らないしきたりになっています。
供物は、通夜、葬儀、告別式の両日に飾られますので、通夜の前には贈るようにします。もちろん自分で飾ってはいけません。受付もしくは世話役に渡して飾ってもらいます。
表書きや水引は、香典と同じです。
供物を買い求める際、業者に弔事用と伝えれば、黒や白のリボンをかけたり、不祝儀用に包装もしてくれます。

花輪は個人で贈らない

供花は、花輪と生花があります。花輪が数多く並んでいると、葬儀を盛大に印象づける効果がありますが、最近喪家の立地条件の制約や、しめやかな葬儀が虚飾に流れるのを傾向などから花輪は減少しつつあります。葬儀ホールにおいては、外の花輪ではなく室内用のブーケなどが普及しています。
花輪は、故人の勤務先や取引先の企業、あるいは関係した団体が贈るもので、個人の名になっていても、公的立場の代表者に限られ、純然たる個人は贈らないのが普通です。
花輪は、買い切りとレンタルがあります。また造花のくす玉などもあります。葬儀社に依頼すれば手配をしてくれます。
いずれにしても並べる場所の都合上、喪家、世話役代表などに相談して通夜前まで準備をします。

生花は白い花が基調

親族、親しい友人、知人は供花として生花を贈ります。
派手な花は避け、白菊、ストックなど、白い花を基調とするのが原則です。故人が好んだ花が派手で紅系の花の場合には、白い花を中心に一輪添えるのも気がきいています。
生花もそれなりに場所をとりますので、あらかじめ喪家、世話役代表に相談して決めます。
花屋に弔事用と注文すれば、不作法にならないように飾りつけてくれます。

葬のマナーと作法

[ 香典の心得とマナー ]香典の心得とマナー会葬の心得とマナー[ 会葬の心得とマナー ]