葬のマナーと作法 法要(仏式)

法要(仏式)

葬儀が終ったあと、特定な日や年を決めて故人を追悼する行事が行なわれます。その行事は、宗教、宗派によって違いがあります。
仏式では、法要を営みます。これは、法会、法事ともいいます。
神式では霊祭が行なわれます。霊前祭ともいいます。
キリスト教式では、昇天記念日にプロテスタントでは記念式ですが、カトリックでは追悼ミサが開かれ、故人の追悼式が行なわれます。また、宗派によっても、微妙な違いがあります。
仏式では、故人の追善供養のため、日を決めて寺院や自宅、霊園あるいは墓前で法要が営まれ、そのあと、出席者に茶菓や精進料理をふるまいます。別に宴席を設けることもあります。

七日ごとの忌日

忌中の法要は、亡くなった日を入れて、七日目ごとに忌日に行ないます。

初七日(しょなぬか) 七日目
二七日(ふたなぬか) 十四日目
三七日(みなぬか) 二十一日目
四七日(いなぬか) 二十八日目
五七日(いつなぬか) 三十五日目
六七日(むなぬか) 四十二日目
七七日(なななぬか) 四十九日目 忌明け

この七日ごとの法要は、「四有(しう)」という仏教の教務に基づいています。「有(う)」(生死が輪廻するありさま)には四つの状態があります。まず、人が生れた瞬間の「生有(しょうう)」、生れてから死ぬまでの「本有(ほんう)」、死ぬ瞬間の「死有(しう)」があり、そして、死んでからの次の世に生れるまでの期間を「中有(ちゅうう)」(中陰ともいう)と呼びます。
この「中有」は、七日を一期として、全部で七期あります。つまり四十九日間です。そして七日ごとに次の生が決められる機会があり、七期目の四十九日目には最終的に決定される、という考え方です。
この「中有」の教義がわかりやすい形で解説されたのが、閻魔大王の審判です。死者が三途の川を渡って閻魔さまの審判を受けます。生前の善行、悪行の審判を受けますが、この審判は七日ごとにあり、四十九日目に最後の審判を受けることになります。その審判の日に、故人の冥福を祈り、よい後生を願って追善供養をする習慣が生れました。
これらの忌日の法要のうち、最初の審判の日の初七日、最後の審判の日の四十九日、それに宗派によっては、三十五日に僧侶を招いて丁寧な法要が営まれます。あとの忌日は、身内だけが供物、供花をして内輪にて供養します。

初七日

死んだ日を入れて七日目で、閻魔さまの初めての審判の日。精進払い、忌中払い、荒火明けなどとも呼ばれます。
僧侶の読経、焼香のあと、僧侶や列席者に茶菓や精進料理をふるまう。別に宴席を設けることもあります。また、引出物として、黒白または、銀一色の水引をかけ、「志」「祖供養」などと表書きをして、記念品を贈ります。
この日に納骨や埋骨をする宗派もあります。
ただ、遠方に住む親族の都合を考えて、葬儀当日、遺骨迎えのあと、繰り上げて法要を営むことが多くなりました。

三十五日

五七日(いなのか)、五七忌(ごしちき)とも呼びます。四十九日の大練忌(たいれんき)に対して「小練忌(しょうれんき)」とも呼ばれます。宗派や地方によっては、忌明けの法要として丁寧に営むところもあります。また、四十九日をこの日に繰り上げて、盛大に営むことがあります。普通は、身内だけで供養することが多いようです。

四十九日

七七日(なななぬか)、しちしちにち、七七忌(しちしちき)、忌晴れ(いみばれ)、火明き、中陰明けなどと呼ばれます。「大練忌」の名もあります。死者が次の生を得る最後の審判の日であり、忌明けの法要として、盛大に営まれます。
僧侶の読経、焼香、墓参りののちに忌明け宴として、酒食のもてなしをします。別に宴席を設けることもあります。引出物も出されます。
この日に後飾りを片づけて、白木の位牌を黒塗りの本位牌に変え、開眼の読経を受けて仏壇に納めます。
なお、百か日をこの日に繰り上げることもあります。寺が遠距離にある場合、四十九日に永代供養をすれば、僧侶が供養をしてくれるので、あとの法要は省くこともできます。

百か日

百日目の法要で、宗派によっては、新仏の供養とともに、無縁仏や、餓鬼道におちた死者の供養もするので、「施餓鬼会(せがきえ)」の名もあります。法要は身内で営まれるます。
御布施のほかに、卒塔婆料、施餓鬼料も包みます。

年忌法要と祥月命日(しょうつきめいにち)

祥月命日とは、同月同日の命日のことで、年忌法要は、原則的に祥月命日に営みます。
百か日のあとは、年忌法要となります。
まず、一周忌があります。翌年の祥月命日に行なわれる法要で、「練祭」と呼ばれます。また、三回忌の大祥忌に対して、「小祥忌」の名もあります。中部、近畿、中国、四国地方では「むかわり」と呼ばれています。
次が三回忌で、以後すべて死亡年を含めた数え方で呼びます。三回忌は「大祥忌」と呼ばれていて、三回忌までは法要は盛大に行なわれることが多いようです。
以後七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、七十回忌、百回忌などがありますが、三十七回忌以後は、省略することが多いようです。
七回忌以降は、身内だけで内輪に行なうのが通例です。
また、毎月の命日の法要は「月忌法要」と呼び、遺族が命日に供物、供花を供えて供養します。

逮夜法要

忌日や命日の前日のことを「逮夜(たいや)」と呼びます。宗派によっては、忌日や命日の前日に「逮夜法要」を重視するところもあります。故人の冥福を祈って、一晩中語り明かして供養する法要です。

法要の心得とマナー

法要に招く範囲

初七日、四十九日、一周忌までは、親族、故人の親しい友人、知人、それに会社関係者を招きますが、三回忌には、関係の深い人だけにします。それ以外の法要は身内だけですませます。
先方の都合も考えて、案内状は二週間前に着くように発送します。
招かれましたら、やむを得ない事情がない限り出席するのが礼儀です。招かれないのに、自分は生前親しかったからと、独断で出席する人が結構いますが、マナー違反です。招かれない限り出席しないのがマナーです。

日取りの決め方

年忌用法は祥月命日に営むのが原則ですが、出席しやすいように、日曜や休日に日取りを変えて営みときもあります。「祝い事は先に延ばしてもよいが、仏事は延ばしてはいけない」と、よくいわれますが、根拠はないにしても、日取りを変えるなら、祥月命日より前の日曜日か休日にするのがいいでしょう。

法要の服装

遺族は三回忌までは喪服にするのが通例です。友人、知人は、略式の喪装か地味な平服です。ただし、カラーシャツ、派手なネクタイやアクセサリーは遠慮します。
三回忌以後の年忌法要は、略式喪装です。

現金なら香典の半額

法要に招かれましたら、現金を包むか、供花、供物を持参します。現金なら香典の半額から三割ぐらいが目安とされています。
表書きは、「御仏前」「御供物料」「御香料」で、黒白か銀一色の結び切りの水引をかけます。

僧侶への謝礼

お経をあげていただいたお礼で、表書きは「御経料」「御布施」「御礼」とします。自宅や霊園に出張してもらいましたら、ほかに「御車代」を、会食に招かなかったら、「御膳料」を添えるのがエチケットです。一括して「御礼」としてもかまいません。

お盆とお彼岸の供養

新仏が初めて迎える彼岸とお盆は、特にめんごろに供養します。
彼岸は、春分(三月二十一日〜二十二日頃)の前後三日間の“春の彼岸”と秋分(九月二十三日〜二十四日頃)の前後三日間の“秋の彼岸”があります。新仏のために、僧侶を呼んで読経をあげていただき、ねんごろに供養します。
お盆は、七月十三日から十五日までの三日間(地方によっては十六日までの四日間)、先祖の霊を祭る風習で、地方によっては月遅れ、旧暦で行なわれます。

新盆の供養はねんごろに

新仏が最初に迎える「盂蘭盆会」を、特に「新盆」または「初盆」といい、特にねんごろに供養します。
扉をしめた仏壇の前に「精霊棚(しょうりょうたな)」をしつらえ、初物の野菜、果物、そうめん、白玉だんご、ナス馬、キュウリ牛などのほか、新仏の好物を供えてあげます。
親族は、白張りの提灯を贈ります。最近は「御提灯代」として表書きをして贈ることも多くなりました。本来は白張りですが、秋草模様などの色物もあります。また、四角の角を切り落とした形の切子灯篭が、仏壇の脇に飾られます。
親族、故人にゆかりの人を招いて、僧侶に読経をあげていただき、焼香をしたあと、茶菓や酒食の接待し、引出物を出すこともあります。
僧侶はお盆は特に忙しいので、早めに寺院に依頼しておきます。「御布施」と「お車代」を忘れずに。
新盆供養の案内状も、早めに出しておきます。
盆が忌明けの四十九日の前になったり、四十九日のすぐあとの場合は、省略して、身内だけで供養します。

葬のマナーと作法

[ 喪中の心得とマナー ]喪中の心得とマナー位牌・仏壇・墓[ 位牌・仏壇・墓 ]