葬のマナーと作法 位牌・仏壇・墓

位牌・仏壇

位牌の開眼供養

もともと仏壇のある家では、忌明けまでは扉を開けません。四十九日の忌明けに後飾りを片付けます。
後飾りを片付けましたら、白木の位牌を寺に返し、僧侶によって新しく仏名を書き入れた黒塗りの位牌に、開眼供養をしてもらいます。
仏壇の中央の本尊に向かって右が上座ですので先祖の位牌を納め、向かって左に新しい位牌を納めます。
宗派によって、板に仏名、俗名等が書かれた位牌が祥月命日の順に重なられている「繰り出し位牌」や、位牌の代りに過去帳を納めることもあります。

新しい仏壇は忌明けまでに用意

新しい仏壇は、四十九日の忌明けまでに用意し、東向きまたは南向きに納めます。
宗派の本尊とともに、仏壇に必要な仏具を揃え、本尊は仏像でも仏画でもかまいません。
僧侶に開眼供養してもらって、位牌を安置します。
宗派によって、本尊、仏具、飾り方も違い、仏壇の大小によっても違ってきますので、菩提寺の住職に、宗派の仏具店を紹介していただき、仏壇の大きさ、様式、必要な仏具、飾り方を仏具店に教えてもらえばいいでしょう。

だいたい下図のような仏具の飾り方が一般的です。

仏壇の飾り方

仏壇の飾り方

仏具には、花立て、燭台、香炉、香炉の三具足に、仏飯器、茶湯器、高坏、線香立て、香盒、鈴(鉦)などがあります。

塗り仏壇と唐木仏壇

仏壇には、檜や杉の素材を漆塗りや金箔で仕上げた豪華な感じの塗りの仏壇と、紫檀、黒檀、花梨、桜などを使った渋い感じの唐木仏壇の二種類あります。
あくまでも好みの問題ですが、豪華で大型の塗りの仏壇は、関西地方や北陸、東海地方の主に農村地区の家で好まれ、関東地方や都会では、小型でしっかりした唐木仏壇が多いようです。
最近は、プリント合板を素材にしたものも出ているようですが、あまり好みません。

墓の建立

遅くとも七回忌までに

まだ墓を建立していない場合には、仮の墓標を立てます。表面に仏名、裏に俗名、生年月日、没年月日、享年が記されます。一周忌か三回忌までには墓石を建立したいが、遅くとも七回忌までに建立するのが、死者に対する礼儀とされています。
墓を建立したときには、建立者の名前を入れます。生前に自分の墓を建立した場合は、名前に朱墨を入れます。亡くなって墓に埋葬されたら朱を消します。
墓石には、主に安山岩と花崗岩(御影石)が使われます。最近はステンレス製もあります。形も角石塔型が一般的ですが、最近は、幅広のついたて型、平面型などが、宗派にとらわれない霊園で見受けます。
キリスト教式や神式では、線香立てはつけません。キリスト教式では、何らかの形で十字架をつけます。
宗派や地方によって、様式、彫り方も違いますので、菩提寺の住職や石材店に相談します。

合葬形式「○○家之墓」

昔は、新仏が出るたびに墓標や墓石を立てて、別々に葬ったものですが、最近は、「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」という合葬形式の墓が多くなりました。この場合、側面に新仏の仏名、俗名、没年月日、享年などが彫り込まれます。
これは、墓地の確保が困難になったためで、最近では、都会での墓地の入手は絶望的で、郊外の宗教、宗派にこだわらない霊園や墓地マンションなどもできています。

開眼供養の法要

新しい墓が建立されると、開眼供養の法要が営まれます。僧侶の読経、焼香のあと、ささやかな酒食のもてなしがあり、時には「粗供養」「志」の表書きをして引出物が出されます。
招かれるのは、故人の兄弟などの親族やごく身近な人です。開眼供養は不祝儀ではありませんので、服装は喪服ではなく、平服を着用します。場所がら華美な服装は避けるべきです。
墓石料の一部として、現金を包むのが通例で、香典の三割から五割というのが目安といわれますが親族同士で相談して決めてもかまいません。
表書きは「供養料」「納経料」とします。不祝儀ではないので、紅白、金銀の水引をかけます。
僧侶にも「御布施」「納経料」「供養料」の上書きで謝礼をします。

葬のマナーと作法

[ 法要(仏式) ]法要(仏式)霊祭(神式)[ 霊祭(神式) ]