葬のマナーと作法 霊祭(神式)

霊祭(神式)

神道では、仏教の法要にあたりますのが「霊祭」で、特定に日を定めて行なわれます。霊祭は、聖域であります神社では行いません、自宅か墓前、あるいは斎場で行なわれます。法要のように、親族、友人、知人を招いて酒食のもてなしをするのは、仏式の忌明けにあたります「五十日祭」か「百日祭」あるいは「式年祭」で、ほかの霊祭は、特に人を招いてはやりません。

十日ごとの斎日

霊斎を行なう特定の日を斎日(いみび)といいます。
葬儀の次の日に「翌日際」があります。霊前または墓前に、葬儀が無事に終ったことを奉告する祭儀ですが、最近、行なわれなくなり、身内だけで拝礼する程度になりました。
斎日は、帰幽後(死亡後)十日ごとに定められ、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭の五回の霊祭があります。現在では、二十日祭、四十日祭は省略されることもあります。十日祭、三十日祭、五十日祭は、必ず行なわれます。
霊祭は、墓前で行なわれのが正式ですが、当日、埋葬しないことが多くなりましたので、自宅で行なわれることも増えました。
神棚または墓前に、洗米、塩、水、故人の好物、花などが供えられます。神官が呼ばれて、献饌、祭詞奏上、玉串奉奠などの祭祀が行なわれます。

五十日祭

五十日祭は、仏式の忌明けにあたり、祭祀は盛大になり、斎場で奏楽を依頼して行なわれることもあります。この日には、親族、友人、知人、関係者を招き、霊祭のあと、仏式の法要同様、酒食のもてなしをします。
五十日祭の翌日に、「清祓の儀」が行なわれます。神棚や祖霊舎に貼ってありました白紙をはがして、平常の生活に戻ります。「清祓の儀」のあと「合祀祭」を行なうことがあります。故人の霊璽を祖霊舎に移して、祖先の霊と一緒に祀る祭儀です。
五十日祭のあと、忌明けの挨拶状とお返しの品を参列者に送ります。
なお、「清祓の儀」を皇室では一年祭の翌日に行なうのに習って、一年祭のあとに行なう例もあります。

式年祭

五十日祭のあと、百日祭も手厚く行なわれることがありますが、そのあとは、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭など、いわゆる式年祭が行なわれます。一般に行なわれるのは二十年祭までのようです。
式年祭は、墓地、斎場、自宅などで、神官の司式により、親族、友人、知人、関係者を招いて行なわれ、祭祀のあと、酒食でもてなします。

零祭の心得とマナー

霊祭に招く範囲

五十日祭、一年祭には、親族、友人、知人を招いきます。日取りの決め方、マナーは、仏式に準じます。

霊祭の服装

遺族は、昔は、男性は冠に袍(ほう)、袴、女性は垂れ髪に白無地の着物、白帯、白足袋でしたが、現在では、一年祭、三年祭頃までは正式の喪服として、それ以後は略式にします。
参列者は、仏式と同じく、略式喪装か、地味な平服です。

「御玉串料」の金額

招かれて持参する「御玉串料」は、やはり仏式に準じ、一応は香典の三割から五割を目安にします。

拝礼のマナー

神官の修祓、祭詞奏上の際には、深くお辞儀をします。玉串奉奠の際の二礼二拍一礼の拝礼では、一年祭までは、拍手は「しのび手」にします。

神官への謝礼

霊祭は神社では行ないませんので、自宅、墓地、斎場に来てもらうことになります。「御礼」のほか、「御車代」を包むか、車で送迎をします。また、手伝っていただいた人に「寸志」も渡します。

神床、神棚、祖霊舎

神明型と箱型

神床(みたまや)は、御宮型(神明型)が最も一般的で、ついで屋根が平らな箱型が多いようです。これにご神体を祀りますが、伊勢神宮を始め、恵比寿、大黒天、氏神、天照大神などのお礼を安置します。棚をつくる神床ををのせたものが、いわゆる神棚で、南向きに作ります。床の間に安置することもあります。恵比寿棚、大黒棚などを作ることもあります。また祖先を祀る祖霊舎も設けます。

ご神体と神具

ご神体は、正式的には、鏡、曲玉(まがたま)、剣などですが、一般的には神社のお札を納めています。
神具は、中央に水器、向かって右に塩をのせた土器、向かって左に、洗米、飯、餅などをのせた土器を供え、御神酒徳利、榊立てを飾ります。灯篭かろうそく立てを配します。普通の皿や茶碗に、飯、水を供えることもあります。
洗米や水は、毎日取り替えるのが原則です。月の一日と十五日に取り替えこともあります。灯明は毎朝灯して拝みます。
祖霊舎にも神棚と同じように供え物をします。毎朝、その日のご飯、味噌汁、おかずに箸を添える家庭もあります。

葬のマナーと作法

[ 位牌・仏壇・墓 ]位牌・仏壇・墓追悼式(キリスト教式)[ 追悼式(キリスト教式) ]