葬のマナーと作法 追悼式(キリスト教式)

追悼式(キリスト教式)

キリスト教では、プロテスタントでは記念式か追悼の記念会で、カトリックでは追悼ミサか追悼会が行なわれます。

プロテスタント

プロテスタントの追悼儀式「記念式」

プロテスタントでは、故人を追悼する儀式を「記念式」と呼びますが、特にきまりはありません。
死亡してから故人が亡くなってから一週間目や二十日目に祈りを捧げることもありますが、一ヶ月後の昇天記念日(召天記念日)に、自宅か教会、または墓前に牧師を招いて昇天記念式を行うことが多いようです。
そのあとも、特にしきたりはありませんが、亡くなってから数年間は、一年目、三年目、七年目の昇天記念日に、教会で追悼の記念会が開かれます。
記念式を自宅で行う場合は、自宅に小さい祭壇を設け、中央に故人の遺影を置き、周囲を花で飾ります。
教会か自宅に、ときに墓前に、親族、友人、知人を招いて、牧師の司式で、祈祷、聖書朗読、讃美歌の合唱などが行なわれます。そのあと茶話会が開かれます。
自宅で行う記念式は、亡くなってから数年間は一年ごとに行うのが一般的です。なお、教会では故人の記念式を行いません。
教会の記念日などに、故人を含め、天に召されたすべての人たちの記念式をまとめて行うのが一般的です。

供花や花輪が届いたら

キリスト教では、神の前では誰でも平等という考え方から、社会的立場を表す名札などをはずして飾る場合があります。
このため、贈り主が分からなくならないように、世話役は名前をノートなどに明記しておきましょう。

教会・牧師への謝礼の渡し方

葬儀の謝礼は、教会への献金という形で差し出し、表書きは「召天記念献金」とします。
これとは別に、牧師に対して謝礼を渡す場合は、「御礼」「御車代」と表書きして別に包みます。
金額も特に決まりはありません。また、オルガン奏者への謝礼は「御礼」と表書きして渡します。

カトリック

カトリックの追悼儀式「追悼ミサ」

カトリックの場合、死後三日目、七日目、三十日目に、教会の聖堂に、親族、友人、知人が参列して、司祭の司式で追悼ミサが行なわれます。ミサ聖祭ともいいます。一年目には「死者のための祈念のミサ」が行われます。
しかし現在では、三日目、七日目の追悼ミサは省略されることが多いようです。
このあとは、特にきまりはありませんが、毎年の亡くなった日や、地域のしきたりに合わせて三年目、七年目、十年目などに追悼祈念ミサを行います。
カトリックでは、毎年十一月二日が「万霊祭」(オール・ソウルズ・デー)、つまり死者の日として、聖堂で追悼ミサが行なわれ、故人の遺族、親族、友人、知人が参列して、そのあと、教会の別室か自宅で茶話会が開かれます。

教会・神父への謝礼

葬儀の謝礼は、教会への寄付、献金という形で差し出します。 渡す際は、無地の白封筒に「献金」「ミサ御礼」などと表書きします。
それとは別に、神父に対して謝礼を渡す場合は、「御車代」「御礼」と表書きして、別に包むのが一般的です。
金額に決まりはありませんが、まあ無理せず気持ちよく出せる範囲です。
将来困ると思えば五万円ぐらい教会使用なら十万〜三十万円前後、感謝の気持ちであって基本は金額に左右されません。

教会・神父への謝礼

葬儀の謝礼は、教会への寄付、献金という形で差し出します。 渡す際は、無地の白封筒に「献金」「ミサ御礼」などと表書きします。
それとは別に、神父に対して謝礼を渡す場合は、「御車代」「御礼」と表書きして、別に包むのが一般的です。
金額に決まりはありませんが、まあ無理せず気持ちよく出せる範囲です。
将来困ると思えば五万円ぐらい教会使用なら十万〜三十万円前後、感謝の気持ちであって基本は金額に左右されません。

服装とマナー

遺族は正式の喪服を着用し、三年目ごろから地味な平服にします。参列者は略式の喪装か地味な平服です。
招かれましたら、故人の好きな花束に白いリボンをつけて持参してもよいし、、茶菓子程度を持参してもかまいません。
「御花料」として現金を包む場合もあります。

葬のマナーと作法

[ 霊祭(神式) ]霊祭(神式)密葬・家族葬[ 密葬・家族葬 ]