葬のマナーと作法 密葬・社葬

密葬・社葬

密葬は内輪の小葬儀

「他人からの弔問を受ける通夜葬式を行わず近しい身内だけで法要や火葬などと行う」のが密葬です。
自宅で通夜葬式ができない・したくない場合に自宅外で斎場をお借りする場合でも「他人の弔問を受けず、身内だけ」なら密葬です。
ご家庭の方針で「坊さんを呼んだ通夜葬式をしないで、いきなり火葬」ももちろんあります。
本来密葬の後は本葬が有ります。
当然、一般の方に告知をせずに家族と近親者のみで執り行うことは可能です。
万が一の場合、いったん自宅にいくのが嫌で、近所にも知られたくないなら、斎場に直行して、通夜、葬儀と行うと良いと思います。費用の面でも返礼品など不要ならば随分抑えれると思われます。
密葬について分かりやすくいいますと例えば社葬をなさる場合、密葬後→本葬(社葬)が一般的です。その場合、一般参列者があっても、もちろん密葬です。
出棺のみで火葬だけという方法もありはします。
病院からそのまま火葬場へ直行して火葬してもらう事も出来ます。
その時にちょっとお寺さんに拝んでもらって、戒名をつけてもらえば終わりです。
僧侶も呼ばない方もなかにはありますが、後々の納骨のことなどもお考え下さい。
戒名は時間がかかるので(翌日になる事が多い)、無くなった当日と言うわけには行かないでしょうが、即連絡をして事情を話せばお寺さんも急いでくれると思います。

社葬の前に密葬

後日、「本葬」(社葬、お別れ会等)を行うことをご案内して、会葬者をお呼びしない葬儀です。
故人が社会的つながりの大きい人で、所属していた会社等から「社葬」や「団体葬」の申し出があった場合。
故人が年末年始に亡くなり、すぐに葬儀ができない場合。
故人が伝染病などで亡くなり、すぐに火葬をしないといけない場合。
現住所地で火葬を行い、田舎で「本葬」を行う場合。
通夜・葬儀式は、基本的に行いますが、社葬や団体葬などの場合、家族や身内だけで葬儀を行う「密葬」とし、一般の会葬者も参列する「本葬」とは分けて執り行います。
告別式も基本的には、後日あらためて行います。後日に行う本葬は、一般的には「お骨」にした状態で行われ、「お別れ会」として行われることが多いようです。

家族葬

よく「通夜葬儀は近親者のみで」と聞くことはありませんか。
その形態が家族葬と思っていいのではないでしょうか。
家族または家族に準じた方のみが参列して行われる葬儀です。
故人が老人ホームやホスピスの生活が長く、故人とのつながりのある方がいない親戚や隣近所、身内の会社関係者等に趣旨を理解してもらえれば混乱は避けられます。
故人の兄弟や知人が既におらず、故人とのお別れを家族だけでじっくり行いたい場合・ 故人から生前に「葬儀はやらなくて良い」と言われている場合など生前故人にお付合いの深かった方々から、葬儀後に「最後のお別れをさせて欲しかった」等の苦情を言われたり、「お線香だけでも」と弔問に来る方が絶えず、家族の負担が増加するケースがあります。
通夜・葬儀式は、基本的に家族のみで行います。告別式は基本的に行いません。

葬のマナーと作法

[ 追悼式(キリスト教式) ]追悼式(キリスト教式)危篤の連絡[ 危篤の連絡 ]